トイレの音消し、携帯版が好評

img_50762

 

198-510878

 

トイレの使用中の音を聞こえにくくする流水音が鳴るミニサイズの携帯の売れ行きが好調だそうです。

最近は、オフィスビルやデパートなどの商業設備の女子トイレには、消音装置は、『標準装備』になっています。

実は、弊社の前の事務所のトイレにも、付けていました。

前の事務所のトイレは、事務所とトイレの仕切りがドア一枚しかなく、排泄音が聞こえる場合あったので、改装時に設置しました。

 

日本は、よく『恥じらいの文化』といわれます。

山形新聞の記事の写真にも載っていますが、江戸時代には、既に排泄音を消す「音消しのつぼ」があったようです。

しかしながら、『排泄音が恥ずかしい』という感覚は世界的には珍しいそうです。

「外国の方から『不思議な商品』といわれます」とTOTOの広報の方が言っています。

文化が変われば、売れる商品も変わるものなんですね。

最近は、男性も気にするとか・・・

むむむむ・・・

草食男子か・・・

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9798

←ワンクリックお願いします

次世代型照明有機ELパネル量産化へ

img_50721

山形県を代表する最先端技術である有機ELパネルが量産化に向けて動きはじめました。

有機ELは、山形大学の城戸淳二教授が中心に開発が進められています。

有機ELは、パネル全体で光る照明を可能にします。

この照明は、今盛んに開発されているLED照明の次の照明と言われています。

この新しい照明は、今までとはまったく違う発想の照明が開発される可能性があります。

このパネルが量産化されれぱ、巷に今まで見たことがないような照明器具が展示されるのも、そう遠くないと思います。

世界の最先端の技術をここ山形でやっているということは、非常に誇らしいことです。

私自身、この照明が一般化することを心待ちにしています。

是非、住宅建築にも使っていきたいと思います。

下の図ような雰囲気の照明が可能です。

el-image3

 

山形有機エレクトロニクスバレー構想というがありますので、そちらも参考にしてください。

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9797

←ワンクリックお願いします

住宅の耐震化の無料相談

img_5055

 

img_5056

 

先日、新聞の折込の中に山形県建築住宅課で出していた住宅の耐震化・減災対策のチラシが入っていました。

『相談無料』ということですので、是非利用して頂きたいものです。

特に、昭和56年以前に建てられた木造住宅は、倒壊する可能性が高いため、耐震診断を行い補強することをお薦めします。

酒田市の場合は、本人負担6000円で、木造住宅耐震診断士派遣事業を行っております。

残念ながら今年度分は、終了してしまいましたが、恐らく来年度も継続すると思いますので、4月以降の酒田市の広報を見逃さない下さい。

酒田市のHPの案内を参考にしてください。

 

山形県は、幸いにも自然災害が少ないせいか、2008年の地震保険の加入率が、11.3%(全国平均22.4%)で、とても低いことがわかります。

お隣の宮城県は、時々地震が起こるせいもあって30.9%と三軒に一軒は加入しています。

このようなデータからも、住宅の耐震に対する関心度が伺えます。

山形県の人は、是非この機会に住宅の耐震化の相談をしてみたらいかがでしょうか。

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9796

ワンクリックお願いします

ステンドグラス工房を訪問

先日、ある方の紹介で、隣町の鶴岡市馬場町にある、ステンドグラスを造っている工房を尋ねました。

 お店の名前は、 『遊』と言います。

場所はカトリック鶴岡教会の真ん前にあります。

建物もとてもお洒落で、つい入りたくなる工房です。

美味しいコーヒーも飲めます。(もちろん有料です)

img_4976

 

img_4974

 玄関ドアを開けると、2階の窓からの真っ赤な花の形のステンドグラスが目に入ります。

とてもインパクトのとあるデザインで、思わず目が釘づけにされました。

太陽の光を浴びて室内に入るステンドグラスは、中世の雰囲気を室内に漂わせます。

 

img_4967

 ステンドグラスも大きくなるととても存在感を感じます。

こんなデザインのものを間仕切りなどに使ったらどうですかね。

 

img_4973

 ステンドグラスをあしらったオリジナルの建具

 通常、絵の黒い線は、ハンダを使うらしいのですが、この作品は、鉛を使用しているとのこと。

黒い線が太くくっきり見えます。

 

img_4966

この壁灯の笠は、何とも言えない影をつくり上げています。

まさしく、オリジナル物が成せる光です。

 

img_49701

ステンドグラスは、太陽の光を通して室内に明かりを提供してきました。

しかし、この作品は、まったく光を通さないガラスを使用しています。

まさしく、ステンドグラスの絵と言えるでしょう。

これは、本来のステンドグラスではないという人がいるそうですが、ここのオーナーは、誰かが楽しんでくれればそれでいいんだという遊び心も持って造っているそうです。

そういえば、この工房の名前も

『遊』

でした。

ステンドグラスを建物に組み込むと、また新しいデザインになります。

どこかの現場で取り入れたいですね。

また、遊びに行きたくなる工房でした。

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9795

←ワンクリックお願いします

リフォーム工事の消費者保護対策を検討中

img_4978

 

悪質な「訪問販売によるリフォーム工事」による消費者被害が社会問題となっています。

全国の消費生活センターには、毎年年間9,000件前後「訪問販売によるリフォーム工事」の相談が寄せられおり、悪質で巧妙な手口も目立ちます。

そこで、リフォーム工事の消費者保護対策(平成22年4月1日実施予定)が検討されています。

見積り価格の相談、工事内容の相談など多岐に渡って電話相談から始まって、弁護士会の協力を得て、専門的なアドバイスそして、紛争処理まで対応していこうという仕組みです。

私は、是非この仕組みをつくって頂きたいと思います。

まじめに一生懸命やっている工務店やリフォーム会社も多い中で、一部の悪徳業者によってこの業界が、偏見の目で見られるのは、非常に残念です。

気軽に、リフォーム工事を依頼できる社会風土ができることが望まれます。

 

そして、これも検討事項なのですが、新築工事については、昨年の10月1日より、住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置(保険の加入または保証金の供託)が我々業者に義務付けられましたが、リフォーム工事に於いても同じ制度を採用することを考えています。

リフォーム工事は、新築工事と違って、工事内容が複雑になるので、どこまで保証対象になるのかはっきりしませんが、消費者保護という観点から、必ず制度になると予想されます。

 

このように、一般の消費者が安心して、建築の工事を依頼することができる仕組みをつくることは、とても大切です。

その中で、対応できない企業は、淘汰されていくでしょうし、本当に社会に役立つ企業しか生き残れないと思います。

まじめに、一生懸命努力している企業が正しく評価される社会であってほしいと願っています。

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9792

←ワンクリックお願いします

住宅版エコポイントの概要が決定

平成21年12月8日の閣議決定によって『住宅版エコポイント』の概要が解りました。

最終的には、平成21年度第2次補正予算が成立しないと、決定されません。

今月始まる国会で審議されますので、恐らく、2月上旬には、成立すると思われます。

 

新築住宅の場合

①次世代省エネルギー以上に適する住宅(弊社の新築木造住宅は全て該当)

②一戸当り30万円

③平成21年12月8日~平成22年12月31日まで着工した住宅

 

中古住宅の場合

①窓の断熱改修(ガラスの交換、内窓の新設、窓交換)「窓1枚からも対象になります」

 外壁、屋根・天井または床の断熱改修

※これらに併せてバリアフリーリフォーム(手すりの設置、屋内の段差解消、通路又は出入り口の幅の拡張)を行う場合にはポイントを加算

②最高15万円前後

③平成22年1月1日~平成22年12月31日までに着工(平成21年度第2次補正予算の成立日以降に、原則として、工事が完了したもの)

 

詳細については、解らないこともあるので、予算が成立し、全てが決定しましたら、再度報告したいと思います。

兎にも角にも、今年新築を考えている人や改築する人に取っては大きな朗報です。

せっかくの機会ですので、これを使わない手は、ないと思います。

 

地元では、今年は三隣亡などとありもしない迷信で、新築住宅を控える風潮が今だに残っています。

せっかく景気対策でこのようなお得な制度ができるのですから、是非この機会を見逃さないように・・・

私たちがお手伝いいたします。

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9793

←ワンクリックお願いします

山形エコハウスいよいよ着工

img_49641

 

昨年の9月16日のブログでも紹介した山形エコハウスがいよいよ今日から東北芸術工科大学の敷地内に着工します。

特徴は

①建物の材料に山形市内の間伐材を使用

②国内トップレベルの高気密高断熱住宅(窓は三重、高性能の断熱材採用)

③暖房や給湯は、太陽光発電ペレットボイラーで賄い、CO2を排出する化石燃料は使用しない。

④夏は日差しが入りにくくし、風通しの良い構造

これらによって、太陽光発電で生み出す電気量と使用する電気量を相殺すると、CO2はゼロかそれ以下になるそうです。

夏は暑くて、冬は寒い山形の環境に合わせた家づくりの指針になるのではないかと期待されています。

完成の暁には、私も是非見学に行きたいと思っています。

しかし、完成が今年度中(工期が三カ月)とは、いくら年度内の事業と言ってもちょっと短いような気がします。

せっかくの事業ですので、内容を十分検討し、施工も時間を掛けていいものを造ってくれたら嬉しいのですが・・・

この辺が役所仕事ですよね。

 

by kakizaki

efbe92efbdb0efbdb6efbdb0efbda5e5b7a5e58b99e5ba9794

←ワンクリックお願いします