地盤調査

コスモホームの西村です。

今日は地盤調査の現場に立ち合わせてもらったので、そのことを書きたいと思います。

 

設計段階で、計画中の敷地の地盤強度を確認しておく必要があります。

それは、基礎の形を布基礎するかベタ基礎するか、それとも地盤改良が必要でそこに費用をかけなくてはいけなくなる事を、実施設計段階で抑えておく必要があるからです。

 

当社が地盤調査をお願いしている会社は山形市に

本社を置き、宮城・山形を調査範囲にしています

 

これが自動で、鉄杭を回転させ鎮めていく機械です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが先端のドリル部分です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械の上部で合計100kgあり、地盤が弱いところは、回転させる前に100kgの付加だけでドリルが沈んでいくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

写っている機械の裏側のモニターです。

 

 

深さ25cmずつドリルの回転数を記録して、

深さ0~25cmで20回転

深さ25~50cmで30回転

深さ50~75cmで35回転

と25cm進むあたり、回転数が増えるにつれて地盤強度がたかい増しているといえそうです。

 

 

 

25cm進むまでに、ドリルが50回転以上するとその深さは地盤強度が充分確保できている事になります。

ただ、深さだけが絶対ではないようで、土の細かさや粘土質だったり土の質などや

層の深さ・地下水位があるかなど、様々な要素で地盤の強度が決まるそうです。

 

今回は、どんな結果が出るのか楽しみです。

 

足場ネットについて

お久しぶりです。

コスモホーム 西村です。

明日明後日、台風が山形に上陸すると言う事で、

施工現場の台風対策を行ってきました。

建主様や近隣住民の方に迷惑がかからないよう、台風が近くなると

足場のネットのたたみ作業があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットをたたむ事で強風でも足場が煽られず安定させる事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、コスモホームの協力業者の足場ネットは透けているんです!

ある程度の風を通し、足場を安定させ、防犯上も透けていることで

怪しい人が足場内にいることが、外から把握することが出来ようになっています。

さすがに台風なので、念のためネットをたたんで強風対策を行う必要がありますが、

通常はたたまずとも安定した足場を確保できます。

建主様や近隣住民の方に、安心して現場が動いている事を知っていただければと思います。

 

いよいよ明日は感謝祭!

コスモホームの西村です。

いよいよ開催です!!!

コスモホーム感謝祭-SUMMER FESTIVAL-

日時:6月24日(土)11:00~15:00

会場:富士見学区コミュニティー防災センター(酒田市曙町2-68-3)で行われます。

会場準備風景を少しお見せします。

色んな業者の方にお手伝いして頂き、明日を迎えることが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方々にも、

フリーマーケットへ参加していただいていますので、見ごたえも十分だと思います!

屋台コーナー・クラフトコーナー・ゲームコーナーと盛りだくさんです!

明日に向け、多くの準備をして皆様をお待ちしていますので、

ぜひご気軽に足を運んで頂ければと思います。

 

PS.

写真に右下に写ってるカラフルな住宅は、建ててすぐリフォームをして瓦屋根になりました!

実際、ご来場になってご覧下さい!

お客様検査とJIO検査

コスモホームの西村です。

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

入社して3ヶ月が経つので、

自分が居る意味をしっかり見出せたらと思いながら仕事に取り組んでおります。

 

新橋の【街角に建つシャープなデザインの家】の工事は着々と進んでおります。

先日、お客様の検査と

JIO(住宅瑕疵保険の住宅保証検査機関) 躯体検査が終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震に対する耐力壁の金物であったり

筋交の木材の径を確認したりなどを見て頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物はどんどん工事が進み、全体像が見えてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁はまだですが、シャッターがちらっと見えています。

外壁を張れば、シャープな佇まいが目を引くと思います。

工事の進み具合を楽しみにしていて下さい!

構造体も、かっこいいんです。

コスモホーム 西村です。

入社して2ヶ月が経ち、少しずつ仕事にも慣れてきました。

新橋の【街角に建つシャープなデザインの家】は足場が建ち、木工事が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の骨となる柱や梁(構造体)が建上がり

2階は床の合板にブルーシートを敷き、雨や汚れから守るためにブルーシートを設置しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の構造体の状態でも

シャープな佇まいがかっこいいと感じてしまう構造体好きな自分です。

これからどんどん工事が進み、建物の全貌が見えてくるのが楽しみですが、

しっかり工事の流れなどを見て勉強していきたいと思います。

頑張ります!

いよいよ完成!!

明日明後日、4月15日16日に完成内覧会があります。

初めて関わらせて頂いた 『ランダムに並んだ窓から光を呼び込む家』 のお披露目の場です!

直接来て見て頂きたいのですが、内観写真を載せたいと思います。

自分が好きな景色を一ヵ所、紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二階の階段、登りきり部分です。

窓は外からの採光も重要ですが、中からの視線の抜けも重要です!

普通は外から視線を気にしてしまう大きな窓ですが、敷地によって捉え方が変わってきます。

ホールを適度に照らす窓と、2階全体を明るく照らし田園風景を切り取る大きな窓。

光を呼び込む事は共通していますが、

階段にある大きな窓は季節ごとに色んな見え方ができます。

敷地の特徴を生かした 『ランダムに並んだ窓から光を呼び込む家』 に

是非、足を御運び下さい。

一歩ずつ進みます!

コスモホームの西村です。

酒田市新橋の【街角に建つシャープなデザインの家】は配筋検査が終わり、

基礎の平らになっている部分のコンクリートの打設が終わったところまできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎に中には、しっかりと配列された鉄筋が入っており

コンクリート打設の前は JIO(住宅瑕疵保険の住宅保証検査機関) もしっかり

配筋状況を検査して下さいます。

もちろん、私共も図面と相違がないかチェックした後の検査なので

ダブルチェックとしても非常に信頼できる方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、入社して一ヶ月半が経ちそれぞれの現場で先輩方に丁寧に説明して頂き

少しずつですが工事の流れが分かってきました。

覚えることをしっかり確認して、一歩ずつ頑張っていきたいと思います。

初投稿

初めまして!

二月下旬に入社しました 西村健宏 (ニシムラタケヒロ) です。

 

今日で入社してから、二週間が経ちました。

現場管理という仕事に慣れておらず、現場では勉強・発見の毎日です。

先輩方の現場に同行させて頂き、色んな事を吸収していきたいと思います。

皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

そして、入社してから【ランダムに並んだ窓から光を呼び込む家】 の現場に

何度か足を運ばせていただいています。

内部はまだ出来てませんが、写真を載せさせていただきます。

初めて関わった物件なので、完成した姿を見るが待ち遠しくて仕方ありません!

皆様、完成を楽しみにしていただければと思います。