スタッフ柿崎社長ブログ

ブログ

「木造住宅の省エネ講習会」に参加

5月22日土曜日

あいけんWEBセミナー『木造住宅の省エネ講習会』が行われました。

 【第1部】「住生活基本計画の大幅見直し、省エネ義務化に向けた進捗」
                                東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 准教授 前 真之

【第2部】「奇々怪々に複雑化する省エネ義務化」
                                        室蘭工業大学 名誉教授 新木造住宅技術研究協議会 代表理事 鎌田 紀彦氏

 【第3部】「鎌田先生×前先生 ディスカッション」

今回のセミナーで一番良かったのは、最後のディスカッションでした。

前准教授は、政府のタスクホースに参加され、これからの住宅の省エネ基準に向けて、国土交通省などに提言する立場でおられます。

その前先生が、是非新住協にその提案を出して欲しいと依頼され、鎌田先生も心良く了承されていました。

(今の基準では、ゴールが見えないので見直しが必要!)

前先生によると、政府が考案している方向性では、目指している2050年のカーボンニュートラル(パリ協定)な社会の家づくりは実現不可能だと認識しているからです。

 

(望ましい2050年にするためのスケジュール)

望ましい2050年にするために政府が最初に取り組むことは、建物の断熱性能の基準を順次上げていき義務化にする必要があるということです。それと平行に高効率設備機器を採用し、太陽光設置も推し進めていくというやり方です。

(断熱気密を上げ、日射取得して出来るだけ暖房負荷を少なくした家を建てる事が重要)

(2050年の家、住宅の消費エネルギーは全て、太陽光発電で賄う)

先ずは、建物の断熱性能の向上が基本です。

この点を、新住協が先導切って政府に提言して欲しいということです。

この意見には、大賛成です!!!

日本の気象状況に最も即した家づくりを提唱しているのは、新住協であることが間違いありません。新住協が推奨してるQ1.0(キューワン)住宅は、いつか必ず、日本の家づくりのスタンダードになるはずです。

もし、鎌田先生の提言が採用されたら、日本中に一気にQ1.0住宅が建つかも知れません。

前先生によると、次回の政府との会議は6月上旬だそうです。

どのような方向性になるのか、固唾を呑んで見守っていきたいと思います。

2021年05月28日更新

エアコン暖房で十分?!

暖房器具の熱源と言えば、石油、電気、ガスなどがあります。

弊社では主に、石油と電気の熱源のものを採用しています。

(石油温水暖房の例)

しかし最近は、ほとんどエアコン暖房で提供しています。

断熱性能がいい新住協が勧めているQ1.0(キューワン)レベルの住宅になると通常のエアコンで十分暖かくなります。

例えば昨年9月に完成した

酒田市緑ヶ丘のテーマが

「シンプルな動線がつくる居心地の良いリビング空間」

(壁掛けエアコン6畳用)

の家は、新住協のQPEXで性能を調べると

延べ床面積 32.1坪 UA値0.35(国基準0.75)

は、6畳用エアコン一台で、全館冷暖房ができる計算になります。

32坪は、64畳ですから表示されているエアコンの広さの約10倍を賄うことができます。

年間暖房用電気消費量は、1,019[kWh]ですので

1,019×27円/kW=27,486円

の年間暖房費予定になります。(室内温度20℃設定)

年間冷房用電気消費量は、483[kWh]ですので

483×27円/kW=13,041円

の年間冷房費予定になります。(室内温度28℃設定)

よって、年間の冷暖房費は、40,527円。

最近は、夏場がとても暑いので、どこの家でもエアコンは必ず設置します。

そのエアコンを利用して、暖房が賄えられれば新たな設備費がかかりません。

住宅の断熱性能が良くなると、設備費は少なくて済むことになります。

そんな理由もあって、最近は、エアコン暖房で十分と思っています。

意匠状すっきり見せたい方は、少々値段は高いですが、天井埋め込みタイプがお薦めです。

(天井埋め込みタイプのエアコン例)

2019年04月01日更新

燃費半分で暮らす家“増補版”に弊社事例が掲載

新木造住宅技術研究協議会の鎌田紀彦代表理事が監修した「燃費半分で暮らす家」の増補版が出ました。

2017年1月27日発行ですので、出版されてのホヤホヤで、湯気がたっています。

doc02175320170203115419_001

doc02176620170203135322_001

特筆すべきところは、補強項目で2016年1月29日に取材をした弊社のお客様の記事が掲載されました。

記事内容は、弊社のホームページに載っていますので、下記からアクセスして下さい。

https://cosmohome-inc.jp/q10house/139.html/a>

その他には、

①2020年省エネ基準の義務化

②ゼロエネルギー住宅(ZEH)

のついての鎌田先生のコメントが掲載されています。

いかに国の省エネ住宅の推進の仕方がいい加減かがわかります。

一冊1500円(税別)

本当の省エネ住宅を建てたいと思っている方は、是非読んで頂きたいですね。

2017年02月03日更新

エアコンの畳数選びはもう古い

寒い東北地方で、暖房器に何を選ぶかは私達建築に携わるものとして非常に悩ましい問題です。

しかし、弊社は、最近はエアコン暖房を選定することが多くなりました。

その理由としては、

①建物の断熱性能が、向上してきたので小さい機器でも十分対応できるようになってきた。

②エアコンに、寒冷地仕様が開発され東北地方でも使い易くなった。

③冷房対策で、必ずエアコンを購入するので全体の設備が抑えられる。

が挙げられます。

そして弊社では、エアコン暖房の方法として主に二つのやり方を採用しています。

①通常の床上エアコン暖房

②床下エアコン暖房

IMG_6236

快適性という意味では、床下から温める床下エアコンが家全体を均一に暖めるので理想ですが、基礎部分にコストが掛かるため弊社では選択制にしています。

弊社は、推進しているQ1.0(キューワン)住宅クラスになると、熱損失係数Q値は、ほぼ1.0~1.1前後になります。

その性能で必要暖房能力を計算すると、

30坪~50坪の住宅が、6~10畳程度のエアコン一台で十分な計算になります。

すなわち、カタログに書いてある畳の10倍の広さを暖房できるのです。

ただ問題は、一台のエアコンで家全体を暖めると、気流が発生し、余り快適空間になりません。

そこで、弊社は、二階に小さな補助エアコンを設置しています。

これだけで、家中の冷暖房ができるようになってきているのです。

これは、建物自体の断熱性能が格段に良くなっているQ 1.0住宅だからこそ、なせるワザです。

私が家を建てる20年前には、とても想像もつかなかった事が今現実となって起こっています。

世の中変われば変わるものですね。

2017年01月31日更新

すっきりした外観が特徴です。

3月にしては、とてもいい天気。

青空が広がると、居てもたってもいられません。

「シンプルさを追求したインナーガレージのある家」

の建物自体は出来上がってきましたので、写真を撮ってきました。

外観は白にこだわり、とてもシンプルに。

ガレージのシャッターのシルバー色がとてもバランス良く映えて見えます。

IMG_3887

外構は、何もしていませんが、元々あった緑のコニファーがとても似合います。

IMG_3883

IMG_3911

玄関前の土間工事が終わればいよいよ引き渡しです。

今度は夕方の写真を撮ってきます。

2015年03月09日更新

買い取り制度見直し

12月19日の山形新聞に

「買い取り制度見直し  太陽光など発電抑制」

という見出しが出ていました。

doc05737820141225154634_001

その内容は、

「電力会社の受け入れ可能量を超える分は、発電の抑制を無制限に求められるようにする

また、発電の抑制対策を太陽光事業者などから、太陽光発電設備を持つ一般家庭にも拡大する。」

こうなってくると、太陽光発電設備を積極的に取付けることを躊躇する方が増えるのではないでしょうか。

取り付けた設備費を何年間で、償還できるかが課題だったのですが、その計算ができなくなりそうです。

こんなことで、再生可能エネルギーの普及が進むのでしょうかね。

エネルギー政策の根本的な変換の必要性を感じるのですが・・・。

2014年12月25日更新

いよいよ、電力小売りの全面自由化がスタート!

≪参院経済産業委員会は6月10日、電力小売りの全面自由化を盛り込んだ電気事業法改正案を各党の賛成多数で可決しました。法案は平成28年をめどに家庭や商店向けの電力小売りを自由化し、柔軟な料金を設定できるようにすることが柱です。週内にも参院本会議で可決、成立される見通しです。≫

いよいよスタートです。

電力小売りの全面自由化が進めば、恐らく価格競争が進んだり、いろいろな種類の電力料金を選択できたり、私たちは電力に対する選択肢が増え生活もどんどん変わっていくように思えます。

そうなってくると、5月20日のブログにも書いたHEMS(ヘムス)がますます利用される機会が増えそうです。

私は、これからのエネルギーは、最終的には、電気がメインになっていくのではないかと思っています。

但し、その電気をつくる方法が多様化し、より環境を配慮した方向に進むと思われます。(かなり、希望も入っていますが)

電気がなければ生きてはいけない生活、社会、そして時代になってしまいました。

電気は、本当に大切に使っていかなければいけません。

そのためにも、

①電気使用量の見える化

②電気設備を賢く最適制御

が重要になってきます。

無駄な電気を使わなくなるだけで、相当の省エネになるはずです。

私は、時代のうねりを感じますが、皆さんはどうでしょうか?

 

2014年06月11日更新

12月1日(日)からTUYで放映中!一般の方向け断熱講習会

12月15日()一般の方向けの断熱講習会があります。

クリックすると拡大します。

講師は、室蘭工業大学の鎌田紀彦教授です。

開催日  12月15日() 14:00~16:00

場所   山形ビッグウィング

内容   『誰も言わない家の燃費のこと』

です。

この先生は、私たちが断熱の勉強をしている新木造技術研究協議会の代表理事です。

私は、会社設立の当初からこの協会に参加していますが、私は、住宅の省エネルギーについては、第一人者だと思っています。

『良く、どこの会社も高気密とか、高断熱とか言うけど、どれがいいのか分からない』

と言う方がいます。

そんな方には、最適な講習会です。

絶対に今後の家づくりの参考になるはずです。

申し込みが不要ですが、私たちも参加しますので、一緒に行きましょう。

是非弊社にご連絡下さい。

お待ちしています。

近くなりましたら、またお知らせいます。

by kakizaki

2013年12月02日更新

山形県を超断熱住宅『Q1.0(キューワン)住宅特区』に指定!

弊社が所属している、NPO法人新木造住宅技術研究協議会で、今年度、山形県を

『Q1.0(キューワン)住宅特区』

に指定しました。

これは、山形の住宅会社が、特に断熱住宅に一生懸命取り組んでいる現われでもあります。

Q1.0住宅とは、一般的な断熱住宅(次世代省エネ基準レベル)に比べ1/3以下の暖房エネルギーに削減できる住宅のことです。

この会に所属して断熱住宅を勉強している住宅会社が、出来るだけお客様に説明し、Q1.0住宅を建築するように努力する強化年です。

Q1.0住宅は、これからの省エネルギー住宅のスタンダードになるはずです。

これから家づくりをお考えの方は、一度参考にして頂ければと思います。

詳しくは、下のチラシをお読みください。

クリックすると拡大します。

弊社もQ1.0住宅を、続々建築中!

テーマは、

『光を浴びながら、風の流れを感じ家』

(付加断熱の様子)

酒田市亀ヶ崎に建築中(弊社Q1.0住宅4棟目)

構造見学会6月30日(日)決定

詳しくは、イベント情報を確認願います。

断熱の状態を直に見れます。

今回は、チラシ掲載はしません。

はがきか、このHPを見ている方しか開催する事を知りませんので、限られた方だけの見学会です。

この機会をお見逃しなく!

9月末完成予定。

引き続きQ1住宅着工決定!

酒田市新橋に着工予定(弊社Q1.0住宅5棟目)

来春完成予定。

テーマは、

『ゆとりの家事空間で、会話が弾む家』

です。

Q1.0住宅に興味のある方は、是非ご相談下さい。

個別無料相談実施中です。

by kakizaki

2013年06月19日更新

『減電社会』という考え方に共感!

山形新聞で、

『私論  エネルギー環境戦略』

というシリーズを掲載しています。

このシリーズは、今後のエネルギー政策について、各自がそれぞれの意見を述べる内容です。

9月12日(水)の記事は、環境コーディネーター 小沢祥司氏でした。

この中で、『減電社会』に転換することが大切であると訴えています。

減電社会という新しい言葉に、私は、思わずうなずいてしまいました。

記事内容を掲載させてもらうと

『電気なしには、現代社会は成り立たないが、実は、最終エネルギー消費に占める電力の比率はそれほど高くはなく、産業部門では全体の2割程度、家庭生活などの場合でも5割程度だ。

問題は、家庭生活などの場合、本来、電気を使わないでもいいものにまで電気を使う ようになっている。

例えば、家庭の場合、暖房や給湯など比較的温度の低い熱エネルギー利用が、全消費エネルギーの約6割を占める。

これに電気を使う必要はない。

遠くの大規模発電所で熱を無駄にして作った電気エネルギーを使って再び、給湯や暖房をするのは不合理なのだが、電力会社がオール電化住宅を盛んに売り込んだため、この種の無駄が急拡大した。

原発の発電比率の議論は、電力供給の在り方に集中しており、賢い熱利用の視点が欠けているし、地域冷暖房の拡大など、熱の効率的な利用を進めるための政策が不十分だ。

オール電化のに象徴される電力重視の社会から、過度に電力に依存しない「減電社会」への転換を進め、熱の利用を増やせば、エネルギー消費を大幅に減らすことも、脱原発も可能になる。

電気を使って非効率な給湯や暖房をしないでも、比較的温度が低い熱源には、工場廃熱やバイオマス、太陽熱など多数ある。

地域で分散型の発電を行い、その時に出る熱を冷暖房や給湯に使うコージェネレーションを利用すれば、総合的なエネルギー利用の効率を80%以上に高めるこのができる』

といった内容です。

私は、小沢さんの考え方に共感しました。

電気でなければできないものは電気でやる。

電気でやると効率が悪いものは、別の手法でやる。

当たり前なことなのですが、そうなっていないのが今の社会です。

小沢さんが提唱している『減電社会』は、今後のエネルギー政策のおおきなポイントになりそうです。

近いうちに『減電社会』(仮称)という本を出す予定だそうです。

是非読んでみようと思います。

by kakizaki

2012年09月12日更新