三川町で地鎮祭

暑い中での地鎮祭。

9月末から基礎着工予定のF様の地鎮祭を8月25日に取り行いました。

連日暑いのは分かっていましたから、チョット早目の8時半から。

ナチュラル風のテイストが好きな奥様のご要望がいっぱい取り入れたプランになりました。

完成は来年1月頃の予定です。

寒い時期に暖かい住宅をお見せできそうです。

その時、また皆さんにご案内させて頂きます。

この日は、とても日がいいので、午後から新宅祝いにも招かれました。

昼から飲むビールは格別に美味しかったです。

I様本当にありがとうございました。

最高の1日でした。

by kakizaki

[blogmura]

高断熱住宅は窓が小さい?

先日あるお客様のところに行ったら、知り合いの大工さんから

『最近の建物は高断熱高気密だから窓が小さくなっているんだ。』

と言われたそうです。

高断熱高気密住宅は、北海道で中心にやり始めたので、暖房負荷を少なくするため最初の頃は確かに窓は小さかったような気がします。

しかし、現在では、冬はむしろ積極的に太陽の日射を取り入れた方が、暖房負荷が少なくなることか分かってきました。

【水平面の月別平均日射量(単位:Kcal/㎡・日)】

上のグラフから、酒田は、全国平均に比べ、冬に日射が少なく、夏に日射が多い事が分かります。

気象条件としては、非常に不利です。

しかし、新住協で出しているQPEXで熱損失計算をすると、これほど少ない日射でも、冬は積極的に日射を取り入れたほうが、暖房負荷が少なくて済むことがわかってきました。

そこで、弊社は、出来るだけ南側に窓を大きくとり、冬の日中出来るだけ日射を積極的に取り入れるようにしています。

実は、弊社は、南側とその他の窓ではガラスの種類を変えています。

南側には、日射侵入率62%の高いものを採用しています。

(他の窓は、46%)

日射が入り易いガラスは、夜放熱もし易いので、南の窓には、断熱カーテンのハニカムサーモスクリーンを併用しています。

ハニカムサーモスクリーンは、冬は断熱戸、夏は遮熱戸として大変重宝します。

高断熱高気密住宅の窓が小さいというのは、一昔前の話です。

未だに窓を小さくしている工務店もあるかも知れませんが・・・?

by kakizaki

[blogmura]

ヒートポンプで暖房するのは?

前回、ヒートポンプの原理を説明しました。

ヒートポンプは、自然の流れに逆らって運転させています。

ヒートポンプは自然界での熱の移動現象に逆らって、熱を低温部から高温部へ移動させる装置です。

ちょうど揚水ポンプが水を低所から高所へくみ上げることに似ています。

熱をくみ上げるという意味からヒートポンプと呼ばれています。

つまりヒートポンプは動力などのエネルギーを利用して、低温部の熱をくみ上げ、より高温の媒体に熱を移動させる装置のことをいうのです。

通常冷房は、夏の外気温30~35度を28度に下げる程度ですからせいぜい2~7度の温度差です。

それも、朝晩は冷房なしでも過ごせることが結構あります。

しかし、暖房は、外気温0~7度を20度まで上げなければならないので、13~20度程の差がでてきます。

そして何と言っても、運転時間と期間の違いです。

ここ山形県辺りでは、冷房は1か月程度ですが、暖房は11月~4月の約6か月は、覚悟をしなければなりません。

各家庭での、年間の消費エネルギーのグラフから見ても良く分かります。

冷房はせいぜい、暖房エネルギーの1/10程度なのです。

確かにヒートポンプは、冷房の逆運転をすれば暖房にも使えます。

しかし、外気温との温度差があればあるほど前回説明したように無理な運転をしているのです。

このようなことからも設備はやはり暖房を中心に考え、暖房は何かを燃やす単純なものがいいと思うのです。

そして出来る限り少ない燃料で済むように建物の性能を良くしたいものです。

そもそも電気というエネルギーは、家庭で使えるまでに、上の図からも分かるように、約63%のエネルギーを捨てているのです。

現在の電気のしくみはこれほど非効率なのです。

ですから電気は大切に使わなければいけないのです。

私は、電気でしかできないことだけを電気でやり、暖房など他の方法で出来るものは別の方法でやるのがいいと単純に思うのですが・・・ 

by kakizaki

[blogmura]

東京の夏はなぜ暑い?

毎日うだるような暑さが続いています。

いくら節電といってもどうしても、事務所のエアコンは毎日稼働しています。

冷房ってどのように出来るのが知っていますか?

暖房と冷房は同じように出来ると考えがちですが、全く違います。

暖かい空気をつくることは簡単です。

それは、何かを燃やばいいのです。

これは誰だって理解できますよね。

しかーーーーし、冷気は冷気そのものをつくることはできません。

それでは、どうするか?

それは、

冷やしたい空間の熱を外に移動させることによってその空間の温度を下げます。

即ち、単なる熱移動をしているだけです。

暖房のように、新たに熱をつくるのではなく、内側から外に熱移動をしているだけですから、熱そのもの量は変わらないのです。

そうすると、夏は、室内の熱を外気に放出していますので、暑い外は、益々暑くなるわけです。

即ち、室内を冷房するということは、外部を暖房していることになります。

暑い外気を暖房することになるので、外は益々暑くなります。

これが東京のように、エアコンを多く使っている大都会の外気が暑くなる大きな要因です。

エアコンはヒートポンプという原理で成り立っています。

(エコキュートも同じ原理です)

下の図は、ヒートポンプの原理を表しています。

この図では、左から右に熱が移動しています。

即ち、左の部屋が冷房して、右の部屋は暖房しているような状態になります。

ヒートポンプを利用した暖房は、この原理を利用しています。

しかし、この時に問題があります。

冷房の場合、熱は、暑い外に向かって放熱しようとします。

しかし、今年のように猛暑の場合は、外が余りにも暑い場合は、うまく熱が外に逃げません。

そうなると効率が悪くなります。

即ち、暑ければ暑い程効率が悪くなります。

このことは、冬の暖房にも言えます。

寒い外気温度からさらに熱を奪おうとするわけですから、寒くなればなるほど効率は下がります。

余りひどい場合は、室外機の周りに氷がへばりつきます。

このように、実は、ヒートポンプとは、自然界に逆らおうとする動きを無理やりしているのです。

(無理やり稼働しているので、電気も多く使います。)

ヒートポンプが寒い北海道のような地方で効き目が悪いのは、このような理由からです。

家庭の冷房は、このヒートポンプでしかできませんので、エアコンを使うしかありませんが、冬の暖房はもっと素直な暖房の仕方がいいように私は思うのです。

そうです。

何かを燃やせばいいのです。

薪、石油、石炭、ガス

そして出来るだけその量を減らす工夫をしたらいいと単純に思うのです。

ちなみに、家庭用冷蔵庫もヒートポンプの原理です。

ということは、中は冷房ですから、冷蔵庫の周りは実は、暖房していることになります。

暑い夏は、こんなところにも、敵がいたんです。(逆に冬は、暖房の助っ人です。)

by kakizaki

[blogmura]

東京電力値上げに合わせ契約アンペア数の変更増!

東京電力が9月に実施する家庭向け料金の値上げ(平均8・46%)を前に、契約アンペアを下げる申し込みが殺到しているそうです。

基本料金を抑え、値上げによる負担増を緩和できるためです。

ブレーカーの品不足などで、今契約変更を申し込んでも9月までには間に合わない状況です。

いくらかでも、値上げに対抗しようとするための措置です。

(山形新聞  8月19日)

これは、ある意味とても大切なことだと思います。

というのも、今は、便利さを求め、何でも電気でやる時代になってしまいました。

電気でなければできないことは、もちろん電気でやります。

しかし、電気でやる必要がないものまで電気を使わないようにすれば、もっともっと節電になります。

特に、電気で熱を発するようなものは、多くの電気を消費します

電気で、熱を発する原理は、抵抗を使ってわざと通電しにくくし、そこを無理やり電気を通すので熱が出ます。

そのため、大きな電気を消費する訳です。

電気は上の図のように火力発電は、石炭や石油で、原子力発電はウランの核分裂で蒸気をつくり、その蒸気でタービンを回し発電します。

即ち、発電所の最初の部分でとてつもない熱エネルギーを使って電気エネルギーを作っているのです。

そして、復水器でその蒸気を冷やすために海水を使って、熱エネルギーをまた海水に捨てています。

(蒸気を冷やすための海水を利用するため、火力発電所も原子力発電所も海の近くに立地しているのです。)

実は、家庭で使われる電気エネルギーを作るための多くの熱エネルギーを発電所で消費しているのです。

これだけ熱エネルギーを消費している大切な電気エネルギーを各家庭で電熱器を利用し、ただ単純にまた熱エネルギーで消費してしまうのはあまりにも理不尽のように思えてならないのです。

その最たるものが、

蓄熱式電気暖房機と、

電気温水器

です。

この二つとも電気料金が安い深夜料金を利用して、レンガや貯湯タンクに熱を貯めます。

(つい最近まで、これらの機器を使った住宅も省エネ住宅と電力会社含め多くの住宅会社が宣伝していました。

さすがに、最近は電力会社直接はこれらの機器は販売しないようですが、電力会社の子会社は今も販売しているようです。)

最近は、ヒートポンプを利用した暖房機や温水器が主力のようです。

確かに、効率は良くなったと言いますが、何故暖房や給湯を電気でしなければならないのか私には理解できなのです。

あくまでも、電気の消費量を増やしたいがための電力会社の策略のように思えてなりません。

私は、照明や物を動かす動力など電気でなければならないものは、当然電気が必要です。

しかし、熱は、わざわざ電気でつくる必要はないと思うのです。

(但し、冷房は電気でなければできません。)

熱が欲しいならただ単純に物を燃やせばいいのです。

石油

ガス

これらの燃料から直接熱エネルギーを作ったほうが効率はいいに決まっています。

そして、いかにそれらの燃料の絶対量を少なくすることが、今後の課題だと思います。

私は、物事は、単純でいいと思っています。

電気も含め、消費エネルギーの少ない家づくりが今後求められていくのだと思っています。

by kakizaki

[blogmura]

ついに消費税が上がりそうです。

2014年4月から8%、2015年10月から10%の消費税になることが決まりそうです。

私たち住宅業界に於ける消費税は結構大きな出来事です。

消費税は1989年4月1日に初めて導入され当初は3%でした。

課税後一時期は住宅の需要は落ち込みましたが、バブル景気に支えられ持越しました。

そして1997年4月1日から3%から5%に引き上げられました。

上のグラフから分かるように、翌年から急に需要が冷え込みました。

2006年の128.5万戸と少し良くなりましたが、その後は景気の低迷が長引き住宅着工件数は下がり続けています。

実は、私の家は、消費税引き上げをみこし、1996年12月に新築しました。

その当時住宅業界は、私のように消費税アップの駆け込み需要で、好景気でした。

当時を振り返るとても仕事量がとても多くて大変だった事を覚えています。

仕事をしていたというより何とかこなしていたと言った方が正解かもしれません。

しかし・・・・

翌年からはその反動で、住宅の需要は急に減りました。

するとどうなったかというと、住宅会社、建材メーカー、サッシメーカーなどが軒並み値引き合戦です。

結局、消費税で上がった2%より多く値引きし、消費アップ後建てた方がお得だったという現象でした。

今回の消費税アップは5%と大きいので、どのようになる分かりませんが、余りそのことだけに固執しない方が良いと思います。

一番大切なことは、『自分たちがどのような家に住みたいか』をキチンと精査し、計画を立てることだと思います。

ここが決まらずに、消費税が上がるから急いで建てようと行動するのはいかがなものでしょう。

(私自身の反省も踏まえて・・・)

消費税アップよりも、後で後悔しない家づくりをすることが一番重要ではないでしょうか。

by kakizaki

[blogmura]

完成内覧会へのご来場ありがとうございました。

8月4日()、5日()の完成内覧会へのご来場誠にありがとうございました。

この二日間は、予想通り暑い日で、来て頂くのもちょっと大変な陽気でしたが、多くの方が来場して頂きました。

本当にありがとうございました。

今回の住宅は、二階リビングということもあって、お若いご夫婦は結構興味を示して頂いたようです。

夜になると、下のような雰囲気になるんですよ。

多く方は、日中いらっしゃるので、なかなかこんな状況をお見せできないのが残念です。

リビングの明かりだまりが分かります。

階段を上る美しい女性は?

ご想像にお任せします。

次回内覧会にいらっしゃる時は、夕方がいいかもしれませんよ。

by kakizaki

[blogmura]

いよいよ明日から完成内覧会

いよいよ、明日から二日間完成内覧会です。

この住宅のテーマは

 『働くママがうれしい2階リビングの家 』

です。

内容は、『コスモホームのおもしろい家づくり』をご参照ください。

今回の完成内覧会は、ゆっくり見て頂きたいという思考から、《予約制》にさせて頂いております。

まだまだ間に合います。

ご招待はがきを受け取っていない方で、当日、予定が変わって見学できるようになったという方は是非下記の電話番号に連絡下さい。

090-6255-1593(柿崎)

場所は酒田市内です。

お待ちしております。

by kakizaki

[blogmura]

エアコンの効き目を良くしよう!

毎日うだるような暑さが続いています。

弊社事務所でも、毎日エアコンを使っています。

今年も去年に引き続き山形方式の県民運動に参加していますので、冷房設定温度は28度です。

しかし、この事務所は、断熱材がきちんと入っていませんので、日中は、32度前後から温度が下がりません。

室内に直射日光が入らないように、南側のブランドは閉めきっています。

7月21日のブロブでも、書きましたように、本当は、外付ブランドが理想なのですが・・・

価格が高くて付けられません。

そこで、いくらかでも、冷房効率を上げるために、換気扇をオフ。

下のホタルスイッチの緑のランプがついている状態は、換気扇は停止の印です。

換気は、折角冷やしている空気を外部に捨てているようなものなので、換気扇停止は、結構効果があります。

(但し、室内の匂いが気になるようでしたら、弱で換気扇をつけて下さい。)

車の中を冷房する時も、このことが応用できます。

下の写真の真ん中のレバーが左側にある時は、車中の空気の循環だけをして、外の熱い空気は入りません。

これは、丁度、換気扇を止めた状態と同じです。

レバーを右に向けると、外から新しい空気が入ってきます。

ですから、冷房を効かせるためには、下の写真の状態で使う方が良いのです。

(但し、車に最初に入って温度が相当上がっているときは、一度中の空気を全部入れ替えてから下の写真のようにしてください。)

オーーーーイ。誰だーーーー

冷房中に、事務所の後ろのドアを開けっ放ししている奴は!

by kakizaki

[blogmura]