石庭が見えるお風呂です。

酒田市亀ヶ崎に建設した

「広い庭を360度楽しめる家」は、

実は、石庭が見えるお風呂なのです。

IMG_6116

現在外構工事をやっていますが、坪庭を見てみたいと思います。

IMG_3116

お風呂は、タイル張りになっていて、色は白でとてもシンプルな感じです。

IMG_3086

脱衣室から、浴室越しの坪庭の石が見えるのがお分かりでしょうか?

IMG_6124

ジャーン。浴槽に入りながら、石庭が見えるという算段です。

このお風呂なら、体もリラックスし、心も癒されますよね

雰囲気が伝わるでしょうか?

IMG_6137

石庭は、このような仕上がりになっています。

この石庭は、四方が高い壁に覆われていますので、ブライバシーは完全に守られています。

お風呂から景色を眺めながらゆっくりした時間を楽しめます。

雪景色が、とても似合う感じがしますね。

 

ベトナム研修旅行に行ってきました。NO4

最終日は、ハノイ観光です。

陶磁器を、作成・販売をしているお店に行ってきました。

705

708

こんな風に、職人さんが実際に絵を描いてるんですね。

710

私は、ここで、お土産に茶碗と鍋敷きを買いました。

お店の外に行くと、行商が集まってきて、物売り合戦です。

こんな風景を見る、どこが社会主義国なんだろうと疑問に思います。

私達、自由主義国となんら変わらないように見えますが、当局の公安が時々監視にくるようでした。

728

743

ハノイの観光名所の水上人形です。

水の上で、人形が自由自在に動き回ったり、時には飛んだりと、とても不思議な動きをします。どんな仕組みになっているかは、検討も付きませんでした。

748

IMG_6015

ここでは、色々な国から観光に来ていることが分かります。

結構白人も多かったですよ。

749

道路の道端で、地元名産のグワバ売りのおばさんがいました。

車から見ると、グワバの木がここかしこに、いっぱい植えられています。

IMG_5992

その場でかぶりつきましたが、それ程美味しくはありませんでした。

IMG_5994

最後に、滞在中に通訳をしてくれたハンさんが経営するジュース屋さんで、飲み物をごちそうになりました。日本でいう、ジャスコのようなところに、三店舗経営しているそうです。

皆さん商売上手ですね。

768

こんな風に今回のベトナム研修旅行は、終了しました。

発展途上国に来るのは、初めてでしたが、国民の平均年齢が35歳という事もあり、国自体に熱い活気を感じました。

私達日本人も、もっともっとハングリーになり、国が発展して行くようにまだまだ頑張らないといけませんね。

いい勉強になりました。

 

 

 

ベトナム研修旅行に行ってきました。NO3

三日目です。

この日は、海外人材派遣センターの見学です。

今ベトナムでは、日本を始め多くの国に人材を派遣しています。

その際、やはり必要なのが、技術力です。そこでこのセンターでは、17,8~35歳くらいの人を対象に人材教育をしています。

例えば、レンガ積み、溶接、電気工事、水道工事、大工、鉄筋加工、足場の組立などなど7~8カ月くらいかけて研修するそうです。

一番人気は、日本だそうです。

490

生徒たちが、並んで日本式の挨拶をしてくれました。

感激です。

良く教育されていますね。

496

530

実習風景

534

全寮制で一部屋12人一緒で、ゴザ一枚に寝ていました。

ここでは、決して甘やかさないとのことです。(まるで軍隊と説明していました。)

IMG_5935

寮部屋にこんなものが貼ってありました。特に重要なのは、最後の

しっそうしない

だそうです。

(やはり、ホームシックにかかり、時々失踪者は出るそうです。)

544

丁度日本語の勉強時間でした。

生徒たちが、私たちに、日本語で質問したり、回答したりと、片言の日本語でしたが、一生懸命さが伝わってきました。

555

このセンターの校長先生の挨拶では、

「色々要望を言って下さい。

それに出来るだけ対応していきます。」

と、社会主義の国とは思えないくらい積極的でした。

IMG_5963

ベトナムは、壁にレンガ積みされた状態で、住宅が販売され、ここから各自好きなデザインで家づくりが始まります。

写真の左端に見えるのが完成住宅です。

615

実は、この海外人材派遣センターの母体は、シムコソンダ(株)というゼネコンで、見学した所の不動産を開発しています。

この会社のハ・タイ・コン副社長と現場で記念写真を撮りました。

最後は、市内のスーパー件、ホームセンターの視察です。

日本の価格とそれほど差がないのにむしろびっくり。

こういうお店に買い物に来れる人は、高収入の方のようです。

620

店内に帽子被って入ろうとしたら、ビニール袋に入れろと指摘を行けました。

お客の入出店の際には、必ず、持ち物検査を受けるシステムになっています。

624

ハノイ市内の道路は余り信号がなく、横断歩道も少ないのが現状です。

そこで、地元の人は、強行突破!

私達も命がけで、道路横断に挑戦してみました。

632

634

恐い恐いといいながらなんとか成功!

命がけのビールは最高に美味しかったです。

659

 

 

ベトナム研修旅行に行ってきました。NO2

二日目からいよいよ勉強会。

IMG_5861

JETROベトナム担当の細野次郎様によるベトナムの現状についての説明です。

JETROとは、独立行政法人日本貿易振興機構(Japan External Trade Organization)の略で、事業内容は、

  • 中小企業等の国際ビジネス展開の支援
  • 地域活性化に向けた対日投資や地域間連携の促進
  • 在外日本企業の海外ビジネス展開支援
  • 貿易投資相談・情報提供
  • ビジネスに役立つ各種海外情報の収集・提供
  • 経済連携協定(EPA)への協力
  • 開発途上国経済発展支援
  • アジア経済研究所における開発途上国研究

などをやっています。

IMG_5866

次に、実際にベトナムでリフォーム会社の事業を展開しているネクストワン・インターナショナナルの遠藤社長より現地での仕事内容について聞きました。

430

ベトナムでは、日本人相手に仕事をしており、現状では、現地の人の仕事はやっていないということでした。

契約しても、破棄されたり、値段が安すぎたりと、ベトナム人相手の仕事は、なかなか難しそうです。

それでも、発展途上国に魅力を感じて進出しているとのことです。

海外への事業展開を広げようというとても大きな夢を持っている会社でした。

このハングリーさは、見習う必要がありますね。(得に若い人は・・・)

IMG_5897

最後に、この日の夕食は、高級ベトナム料理店でディナーです。

IMG_5905

とにかく、蒸し暑いので、冷たいハノイビールがとても美味しい?

と言いたいところですが、余り冷えていないので、氷を入れてビールを飲むのがベトナム式だそうです。

それでも、乾いた喉には、キキマーーース。

カンパーーーイ!

 

 

 

ベトナム研修旅行に行ってきました。NO1

6月16日~20日まで、ベトナム研修旅行に行ってきました。

研修旅行の主な目的は、

①建築リフォームで商売をしている日本の会社の視察

②日本向けに、職人を養成している学校の視察(将来、日本の職人が不足するであろう事を踏まえての視察)

③経済発展をしている国の建築状況の視察

などです。

ベトナムは、社会主義国ですが、現在非常に経済が発展してきています。

昨年、私の息子も大学の先生や学生とベトナムに行って、建築の勉強してきました。

こんな機会でもないと、このような国を見ることなんてできないと思い参加を決意しました。

IMG_5765

成田の手荷物検査で、いきなりヘアジェルを没収されてしまいました。

(100g以上の液体は機内には持ち込めません。)

早速、ハンディタイプの整髪料を購入したところです。

IMG_5767

成田空港から約5時間で、ハノイ空港に到着。

メチャメチャ蒸し暑いです。

ハノイは、ベトナムの首都ですが、南のホーチミン(旧サイゴン)より、都市化が遅れていますが、ここ十数年でかなりのスピードで発展してきています。

IMG_5808

高層ビルもありますが、手前は、スラム街のような街並みになっています。

IMG_5828

交差点では、車やバイクが交差することは、当たり前で、見てるほうが、ハラハラドキドキ。

とにかくバイクが多くて、ヘルメットをかぶっていなかったり、3、4人乗りもあり、大きな荷物もバイクで運んでいます。

豚や牛もバイクで運ぶ写真を見ました。

IMG_5844

参加メンバーは、私と同業の社長さんがほとんどですので、色々情報交換をさせて頂きました。

IMG_5847

この日は、この懇親会を通じて互いに紹介し合い、非常に親睦が測れ、楽しい旅行になってきました。

いよいよ庭工事が始まりました!

酒田市亀ヶ崎のテーマが

「広い庭を360℃楽しめる家」

の現場は、いよいよ庭工事が始まりました。

IMG_6831

外観切妻屋根

仕上がりは、こんなイメージです。工事の方も最後の大詰めになってきました。

IMG_6876

昨日は、左官屋さんに頑張ってもらって、建物の軒下廻りの犬走りを打ちました。

ここは、この建物のテーマにもなっている中庭で、丁度この辺りは芝生や、手作りのガーデンになる予定です。

庭の大枠は弊社で造りますが、仕上げはオーナー様が時間をかけて少しづつ作業していく予定です。

どんな風になるのか本当に楽しみです。

 

 

 

猫好きにはたまらないアイテム

最近は、ペットに関する商品が、色々増えてきました。

建築のアイテムも例外ではなく、こんな面白いものがあるんですね。

IMG_2086

これは、建具のハンドルですが、猫のシッポ部分がハンドルの形になっています。

IMG_2092

実際に取り付けると、こんな感じになります。

家づくりの中に、ペットの事を踏まえていくと、デザインの幅がどんどん広がっていきますね。

ペットと住む家は、これからの必須項目ですね。

 

 

タイルがいっぱい

酒田市亀ヶ崎のテーマが

「広い庭を360℃楽しめる家」

は、色々な種類のタイルを使っています。

IMG_5403

玄関ポーチ廻りは、石を貼っています。凹凸感のある石を貼る事によって、建物の顔である玄関が強調されています。

IMG_5613

キッチン廻りには、小さなタイル。

写真では、分かりずらいですが、小さいタイル一つ一つ違う表情をしているので、とても個性的な壁になっています。

IMG_5719

IMG_5737

何と言っても造作お風呂のタオルは、圧巻です。

300角の白のタイルですが、とてもスッキリして、私もとても気に入っています。

窓の向こうは、坪庭になっていて、四方壁で囲われていますので、窓を開ければ日中でも、露天風呂のような雰囲気を味わえます。

もちろん、ブラインドも付いていますので、プライバシーは守られます。

このようなお風呂を造ることができて、私も本当に幸せです。

 

 

 

「上棟の儀」無事終了

6月6日(土)に

鶴岡市桜新町のテーマ

「借景を見ながら四季を感じる家」

の上棟の儀を執り行いました。

IMG_2271

IMG_2282

最初に知り合った頃には、まだ生まれていなかったお子さんがこんなに大きくなりました。

IMG_2277

最後にみんなで記念写真。

いよいよこれから頑張るという決意を新たに致しました。

オーナー様にはこの後、二階に上がって頂き、実際の借景を見て頂きました。

その借景は、

IMG_5511

やはり足場あるといい写真が撮れませんね。

綺麗な写真が撮れる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

階段手すりは、その家の象徴になります。

酒田市亀ヶ崎のテーマが

「広い庭を360℃楽しめる家」

の現場は、装飾の階段手すりを採用しています。

IMG_2975

IMG_3004

大きな吹き抜けを利用したリビング階段になっていて、アールにデザインされた手摺が、とても優しいにイメージになっています。

塗装も茶色と白の二色を使って、今までにない配色です。

階段は、室内のどの位置に配置し、どのように見せるかによっては、その家の象徴になります。

洋画などでも、大きな階段を中心に撮影されているシーンが結構ありましすし、大きなホテルなどでも、階段は見せ場になっています。

私にとって、階段デザインは、とても興味がある部分です。

今回の階段手摺は、欧州の雰囲気が漂いますね。