日本が変わり始めている・・・

日本が変わり始めている・・・

と少しづつ感じています。

もちろん、東日本大震災後の日本がです。

ついに、菅首相が、25日パリで開かれた経済協力開発機構(OECD)設立50周年式典で

日本の電力全体に占める自然エネルギーの発電比率(現在約9%)について「2020年代のできるだけ早い時期に20%とするよう大胆な技術革新に取り組む」

と表明しました。

これは、とても大きな意義があります。

脱原発までは、言及しませんでしたので、この辺は注視していきたいと思います。

折しも、ソフトバンクの社長は、私財を投じて、自然エネルギー財団を設立しました。

いよいよ日本が変わろうとしています。

今まさに、その転換期が来ています。

これからの子供たちに、未来ある日本を引き継ぐことが出来るかは、ここ一、二年にかかっているような気がいたします。

それは、なんといっても、エネルギー政策です。

私は、日本は、いち早く脱原発路線を謳ってほしいと願っています。

今すぐには、もちろんできません。

しかし、脱原発路線に道筋をつけることが、大切です。

その路線が決まれば、国民一人一人が、努力すれば、何らかの道が必ず拓けると信じています。

私は、建築を通じて、この問題に取り組んでいきたいと思っています。

ライフワークである、エネルギーを出来るだけ消費しない家づくりの研究をより一層進めていきたいと思っています。

そして最終的には、生活上の二酸化炭素発生がゼロもしくは、マイナスの家づくりです。

私が目指しているのは、高級な住宅ではなく、一般の住宅の話です。

24日の私のブログでも書きましたが、そう遠くない将来、住宅は、このレベルまで技術が進むのではないかと期待しています。

約30年前の大学のころ、未来型住宅の屋根に、ソーラーパネルが普通にのっていました。

それが、現実のものに、なりつつあります。

時代は本当に変わりつつあります。

もし、この大震災をきっかけに日本が大きく変わることできれば、世界の見本になるのではないでしょうか。

日本が、第二次世界大戦後、奇跡的な復興を遂げたように、日本人には、潜在能力は十分あると信じて疑いません。

そして、子供たちに、将来ある日本を示すことができます。

私は、日本は、ここ一・二年が本当に勝負の時だと思いますが、みなさんは、どう感じますか?

by kakizaki

[blogmura]

ついに無暖房住宅の研究に着手

今月19・20・21日と京都で新木造住宅研究協議会の総会があり参加してきました。

ついにと言うか、やはりと言うか、住宅の断熱性能は、無暖房レベルの研究へと進んできました。

新住協では、 『Q1X住宅』という表現をしています。

Q1Xは、4つのグレードになっています。

ここ酒田・鶴岡にあてはめると、

グレード1   次世代省エネ基準(国に基準)の1/3の暖房エネルギー

グレード2   次世代省エネ基準(国に基準)の1/4の暖房エネルギー

グレード3   次世代省エネ基準(国に基準)の1/6の暖房エネルギー

グレード4   次世代省エネ基準(国に基準)の1/10の暖房エネルギー

仮に36坪の大きさで計算してみると、年間の灯油の消費量は、

次世代省エネ基準         1,232リットル

グレード1             411リットル(1/3)

グレード2             308リットル(1/4)

グレード3             205リットル(1/6)

グレード4             123リットル(1/10)    

一軒の家で年間の灯油の消費量が123リットルとは、ほとんど無暖房住宅と言えるのではないでしょうか。

暖房設備が不要になりますので、ちょっと寒いときは、取り付けてあるエアコンで暖房するだけで十分。

もしくは、厚いセーターを重ね着するだけでOK。

こんな住宅に一般の方が住む時代が、すぐ目の前まで来ています。

実は、このような住宅は、冬より夏対策が重要です。

冬は、少し暖房すれば良いのですが、夏は、いかに直射日光が室内に入り込まないようにするための、きちんとした対策が重要です。

やみくもに断熱性能だけをあげて、夏対策をしないと、とんでもない住宅になって暑くて住めたものでは、ありません。

このクラスの住宅になると、 『環境デザイン』という考え方が、大切になります。

ただ形がカッコイイという理由だけでは、家を設計できなくなります。

住環境を配慮しながらデザイン性を上げていく努力が重要になっていきます。

さらに、新住協では、Q1X住宅にソーラーパネルを併設し、CO2発生がマイナスの住宅にしていくことも、視野にいれています。

確か、21日(日)のニュースで、菅首相が、2020年までに、ソーラーシステムの価格を現在の1/3、2030年まで1/6にしたいと述べていました。

仮に価格が1/3になってくれると私の計算では、約6年で、設備投資がペイ出来ます。

こうなってくると、ソーラーシステムを設置する事が、がぜん現実味を帯びます。

自宅で消費するエネルギー(照明・調理などの家電、暖房、冷房など)は、自前でまかなえる住宅、すなわち私が最終的に目指したいカーボンニュートラルハウス(実質二酸化炭素を排出しない住宅)が本当に可能になってきます。

夢が夢でなくなってきたかも・・・

by kakizaki

[blogmura]

小名浜復興計画に賛同

新建ハウジングの5月10日号に新住協仲間の豊田善幸さん(豊田設計事務所代表)(福島県いわき市)が提案する

『小名浜復興計画』

が掲載されていました。

「あたらしい小名浜をつくるための三策」ということで、三つのポイントを上げています。

①持続可能なエネルギー政策の立案

②環境負荷の小さな暮らしの提案、普及

③いわきらしい街並みの保存と再生

内容については、リンクされている計画書を見て頂きたいと思います。

基本的に、私は、豊田さんの考え方に賛成です。

持続可能なエネルギーの代表は太陽です。

その太陽の使い方は、建物南側の開口部から直接日差しを取り込むダイレクトゲイン、あるいは集熱パネルでお湯をつくる太陽熱温水器です。

太陽が出ないときのエネルギーを薪やペレットなどの木質燃料に求めています。

そして、いわきらしさ街並みのデザインを再生していきたい。

大きく要約するとこんな計画のようです。

福島第一原子力発電所の問題で日本のエネルギー政策の見直しをせまられています。

今後どのような展開になるか、まだはっきりしませんが、多くの国民は、根本的な大転換を望んでいるように感じます。

出来るか出来ないかではなく、やらなければならない事だと思います。

豊田さんの提案は、何もいわき市に限ったことではありません。

そのまま、全国の街に言えることではないでしょうか。

3年前に、友人に会いに九州の大分に行って来ました。

私は、街並みを見て驚きました。

ここは、酒田か?

と思えるくらい街並みが同じです。

特に、大通りの看板は見慣れたものばかりです。

これでは、どこを観光しても同じです。

その街らしさが見える街づくりが必要だと思います。

そういう意味で、小名浜は、新しい小名浜らしい街づくりをする絶好のチャンスです。

この機会を逃したら、もう二度とありません。

豊田さんの今後の活躍を期待したい思います。

by kakizaki

[blogmura]