地震保険の必要性を再認識しよう!

2009年9月4日のブログで地震保険への加入を呼びかけました。

加入率は、2009年度末で、全国で23%、山形県はもっと低く12.41%で、まだまだ低いのが実態です。

東日本大震災を機に是非とも、地震保険の必要性を再認識し、加入することをお勧めします。

(私は、決して保険屋の回し者ではありません。)

ここで地震保険について復習してみたいと思います。

地震保険とは、地震を原因とする火災・損壊・埋没・流失による建物や家財を補償する保険です。

火災保険とあわせて契約する必要があり、地震保険の単独契約はできません。

既存住宅でも、火災保険に契約していれば、追加で地震保険の契約ができます。

ですから、現在掛けている火災保険屋さんに問合せ下さい。

地震保険の主な補償対象は、

①地震による倒壊・破損

②地震によって生じた火災による焼損

③地震によって河川の堤防やダムが決壊し、洪水となったために生じた流失・埋没

④津波によって生じた流失・倒壊

⑤噴火に伴う溶岩流、噴石、火山灰や爆発によって生じた倒壊・埋没

⑥地震や噴火の結果生じた土砂災害による流失・埋没

などです。

住宅に掛けられる保険金額は、火災保険金額の30~50%の範囲でのみ設定する必要があり、限度額が5000万円、家財が1000万円までとされています。

たとえば、住宅新築時に火災保険の保険額2500万円で契約した場合、地震保険の保険額は1250万円まで設定できます。(このように、半分までしか掛けられませんので、注意が必要です。地震保険に加入しても、安心とまでは、言えませんね。)

保険金の支払いは、損害の程度によって下記のようになります。

  建物・家財
全損 ご契約金額の100% (時価が限度)
半損 ご契約金額の50% (時価の50%が限度)
一部損 ご契約金額の5% (時価の5%が限度

 

保険料は、地域によって違います。

ここ山形県は、契約金額100万円あたり保険料は、1000円です。(東京の保険料は、高く3130円です。)

仮に2000万円の住宅であれば、山形県であれば、年間2万円です。

是非、この機会に・・・

この震災の機会を逃したら多分ずーーーーーと加入しませんね。

まずは問い合わせよ!

だいたい火災保険を掛けているかどうかも知らなかったりして・・・(融資を受けている方は、必ず掛けています。)

by kakizaki

[blogmura]

庄内地震に備えよう!

今回の東日本大震災で、ここ庄内地方は、それほど大きな被害はありませんでした。

しかし、この地震を機に、私たちに起こりうるであろう将来の災害対策を今から準備しておく必要があります。

とりあえず、ここ庄内地方にまつわる地震について調べてみました。

850年 出羽地震- M 7.0、死者多数。

1706年1月19日 規模不明 湯殿山付近のきわめて局地的な小被害。家屋の破損や地割れがあった。

1780年7月20日 規模不明 土蔵倒れかかって小屋一軒潰れ、死者2名、亀ヶ崎城内で被害。余目・金浦でも小被害。

1804年7月10日  象潟地震- M 7.1、死者500~550人。象潟で2mの地盤隆起と3~4mの津波。

 1833年12月7日 出羽・越後・佐渡地震-M 7.4、死者40~130人。東北・北陸の日本海沿岸に津波。 1964年新潟地震の津波よりも規模が大きい。

1894年10月22日庄内地震 – M 7.0、死者726人。

この庄内地震は、震度7位の揺れがあり別名酒田地震と呼ばれ酒田市が局地的に被害を受け、市内の約8割の家屋が焼失したようです。

すなわち、被害は1976年(昭和51年)に起きた酒田大火の比ではないようです。

酒田市全体が壊滅的な状況であったことが、伺えます。

酒田市は、震度6~7の大きな揺れを伴う地震が起きる地域であることを認識するべきです。

これらのデータから言っても、東日本大地震の被災地と同じような状況になっても何らおかしくないのです。

そして一番の問題は、その庄内地震から120年近く経っていることです。

過去の、地震が起きる周期から言っても、もうそろそろ酒田辺りを震源とする地震が起きてもいいように思います。

いつ地震が起きるかは、分りませんが、今回の震災を機に、今から災害のための準備をしておくべきです。

まずは、身近なところから始めましょう。

防災については、折を見て、書きたいと思います。

ところで、酒田市のハザードマップを知っているでしょうか?

自分が今住んでいる地域に災害が起きた時に、どのようになるかを記した地図です。

酒田市のHPに繋がる下記にリンクしてください。

酒田市民防災ガイドブック 保存版

参考になりますよ!

by kakizaki

[blogmura]