高気密高断熱の定義は?

高気密高断熱と謳っている住宅会社は多いですが、その定義は?

と問われると実は、その答えはありません。

ですから、いくらスカスカ住宅を造っていても我が社は

「高気密高断熱住宅だ」

と言えばそれまでです。

しかし、国は地域毎に一定の基準を設けています。

酒田、鶴岡は4地域に所属しますので、

断熱性能は、外皮平均熱貫流率UA値は0.75W/㎡・K以下になります。

気密については、基準を設けていませんのでお任せ状態になってます。

この基準を国は2020年まで義務化しようとしていましたが、どうも見送られたようです。

すなわち義務化しないという事になったようです。

何故か?

恐らく業界内からの反対の圧力があるからでしょう。

ようするにこの基準をクリアできない工務店が非常に多く、断行したら大きな混乱が生じるからだと思います。

このようなに、基準があいまいな状態なので、勝手に

高気密高断熱ですよ!

これからも販売していける訳です。

一般ユーザーには、キチンと見極める目が問われています。

 

屋根断熱で結露発生!?

住宅業界誌の日経ホームビルダー2019年4月号に

“続出するトラブル

屋根通気の不備で結露続出”

(日経ホームビルダー2019年4月号)

という記事が載っていました。

屋根の通気の不備とは、高断熱住宅を施工する際の屋根断熱の施工不備のことを言っています。

通常私たちは、上の写真のように「通気くん」という段ボールを採用にして通気を確保しています。

たかが段ボールされど段ボール!

この段ボールが果たす役割はとても重要で、この施工方法が間違っていると屋根で結露を生じることがあります。

(日経ホームビルダー2019年4月号)

新木造住宅技術研究協議会のメンバーは当然のごとくやっている基本が、出来ていない施工業者が結構多いそうです。

こうなると、これを直すとなると結構大変です。

屋根全体を補修しなければいけません。

まだまだ高断熱住宅がきちんと施工できていないようです。

基礎の配筋検査完了

4月2日

酒田市若竹町のテーマが、

「小上がり畳のダイニングで居酒屋気分を味わう家」

の配筋検査を致しました。

今回は、地盤調査をした結果ベタ基礎に決まりました。

まずは、第三者機関の日本住宅保証検査機構(通称JIO)さんから検査して頂きましたが、これは、引き渡し後10年間の瑕疵保証をするために必ず受けなけらならない検査です。

そしていつも弊社でやっているのが、お客様立ち合いの検査です。

基礎は、家づくりでとても重要な部分です。

基礎のコンクリートを打ってしまうと配筋状況が見えなくなってしまうので、必ずお客様から立ち会って頂くようにしています。

お客様自身の目で確認して頂くことは、とても重要なことですね。

 

Q1.0住宅セミナー受講ありがとうございました!

3月30日(土)Q1.0(キューワン)住宅セミナーを開催しました。

今年2月に南東北の高断熱住宅の雑誌が発売されました。

その高断熱住宅の性能を改めて知って頂こうと思い、このセミナーを開催致しました。

今回は、一組のお客様が参加してくれました。

そして、アンケートにも応えて頂きました。

Q1.0(キューワン住宅)は、新木造住宅技術研究協議会が約30年かけて開発したこれからの家づくりのスタンダードになる家です。

いわば家づくりの基本の基本です。

その内容を皆さんに分かり易く説明させて頂きました。

このセミナー参加の日程が上手く合わない方もおりましたので、その方たちには個別に相談させて頂こうと思います。

本日は、本当にありがとうございました!

 

3月30日Q1.0(キューワン)住宅セミナーを開催します!

コスモホームの最新情報でも紹介していますが、

3月30日(土)

【スペシャルセミナー】Q1.0(キューワン)住宅セミナー

をコスモホームの事務所で開催致します。

(前回のQ1.0住宅セミナーの様子)

2月23日に新木造住宅技術研究協議会の会沢氏が開催した

「やまがた健康住宅」セミナー

にちなんで、庄内地方でも住宅性能のセミナーを開催致します。

ここ庄内地方に合った家づくりを、中心に説明して行きたいと思います。

会沢氏のセミナーに参加できなかった方は、是非申し込んで頂きたいと思います。

弊社事務所でお待ちしております!

市民セミナーに参加してきました。

2月23日(土)に開催された

“山形県推奨やまがた健康住宅のつくりかた”

市民セミナーに参加してきました。

講師は、新住協事務局長の

会沢健二氏

です。

場所は、

「山形エコハウス」

ここは、2010年3月に東北芸術工科大学のすぐ近くに、超高断熱住宅のモデルハウスとして山形県が主体となって建てた住宅で今は、事務所として活用しています。

完成した当時私も、見に来ました。

会沢氏は、今年2月に販売された、

「南東北の高断熱住宅」

を教科書に山形県で推奨している

「やまがた健康住宅」

の性能について詳しく説明してくれました。

やまがた健康住宅は、新住協で推奨している

Q1.0(キューワン)住宅

と基本は同じです。

ただ、山形県のように役所が推奨しているのは珍しく、結構注目されているそうです。

国レベルの断熱性能では、ここ山形県では、増エネルギーになることに気づき、県独自の性能値を示したのは、一定の評価をしてもいいのではないでしょうか?

本来であるならば、このレベルが山形県の標準になっていってほしいところですが、現実は…

今後どのようになっていくか注目です。

雨漏れが・・・

「雨漏れがします・・・」と連絡を頂き駆けつけると、小屋裏が写真のようになっています。

築50年近くなる住宅です。

横風の強い時は、特に雨漏れがひどいそうです。

この壁の外を見ると、下の写真のようにモルタル部分に亀裂が・・・。

どうもこの部分が怪しい!

とりあえず、応急措置で、亀裂に沿ってシリコンを詰め、様子を見ることに。

お陰様で、それ以降雨漏れがピタリと止まりました。

モルタル壁の劣化が、原因です。

この壁に、防水シートを張り、金属サイディングで、綺麗に仕上げました。

これで、当面雨漏れは、大丈夫です!!!

 

気密試験の結果は・・・

10月26日(金)

鶴岡市下川の現場

テーマは、

「室内から雄大な自然を感じる家」

の気密試験が行われました。

その結果は、0.49c㎡/㎡。

現時点での高気密の常識的な値は1.5c㎡/㎡以下といったところで、1c㎡/㎡以下であれば、問題はなく、弊社では、ここを合格ラインにしています。

気密試験は、高断熱住宅の規定から、外されたため、最近では、計測しない会社も増えているそうですが、弊社では必ずやります。

というのも、熱交換型の換気扇を採用する場合は、出来るだけ気密性が高い方が性能が良くなるからです。

そのため、確認の意味も含め、毎回欠かさず実行するようにしています。

試験が終了したので、早速2階のライブラリーに直行!

2階の窓からの景色が気になります。

幸い今日は、とってもいい天気!

ヤッター!!!

山形の名峰月山だ!!!

そして、鶴岡市民から愛されている金峰山(きんぼうざん)

こちらも、バッチシ!

思った通りの景色です。

最高!

現場は、30日の山形県健康住宅の中間検査に向けて準備中です。

大工の大滝さんご苦労様です。

 

 

 

壁の付加断熱工事真っ最中!

鶴岡市下川の現場

テーマは、

「室内から雄大な自然を感じる家」

の進捗状況です。

今週は、建物外周部の断熱工事を中心にやっています。

高性能グラスウール105㎜の厚さの物で、建物外周部全体を包み込みます。

服で言えば、ダウンジャケットを着る感覚です。

もちろん、建物内側にも同じ厚みのものを着せますが、今回は外廻り部分です。

グラスウールの上には、防水シートを張っていき、外からの雨水の侵入を防ぎます。

ここが、防水工事でとても大切な工程になっています。

今週末は、先週に続き台風25号が接近しそうです。

台風対策も、万全にしていかなければいけませんね。

新住協研修会参加

8月22日仙台に新木造住宅技術研究協議会の研修会に参加して来ました。

理事長の鎌田紀彦室蘭工業大学名誉教授が今年7月23日に

「本音のエコハウス」

を出版されたのを記念して三回の研修会を開くことになり、その第一回目が昨日開催されました。

今は、もう当然のように言われている

「高断熱高気密」という単語は、この先生が初めて言った言葉です。

その高断熱高気密住宅は、どんどん進化し、今は

Q1.0(キューワン)住宅

という形になりました。

Q1.0住宅とは簡単にいうと、国で決めた暖房エネルギーの半分以下で済む断熱性能を持つ住宅の事をいいます。

その性能は、レベル1~4に分かれていて、最も性能がいい建物は、国基準の10%くらいで済むことも可能です。

ここまでくると殆んど無暖房住宅と言えるレベルですよね。

技術は、ここまで進化しています。

これからの家づくりは、

Q1.0住宅

で建築することをお勧めしています。