Q1.0(キューワン)住宅を建て始めて10年

弊社で、Q1.0住宅(キューワン)住宅を初めて建築したの今から10年前になります。

2007年3月完成で、酒田市北新町のテーマが、

「光と風を使いこなす家」

02

でした。

このオーナー様は、建物の断熱性能をとても勉強されて、その当時新木造住宅技術研究協議会の鎌田理事長の講演をわざわざ山形市まで聴きに行った方でした。

そのため、その当時として、弊社では最高レベルの断熱性能を提供させて頂きました。

建物性能は、

延床面積42.01坪

熱損失係数Q値=1.27W/h㎡K

気密性能C値=0.5㎠/㎡

年間の灯油消費量 552ℓ/年

①断熱方法

基礎/コリグラス40㎜(外側)+グラスウール32kg45㎜(内側)

壁/高性能グラスウール16kg103㎜+50㎜(付加断熱)

屋根/高性能グラスウール16kg200㎜+32kg45㎜(付加断熱)

②開口部

玄関ドア/断熱ドア(K3仕様)

窓/樹脂サッシ(Low-Eアルゴンガス入り)

③換気

第一種熱交換換気システム

④暖房

床下暖房システム(灯油)

といった内容です。

この住宅は、リプラン東北版 臨時増刊号

doc02511720170324120135_001

として2008年5月28日出版され、弊社もこの雑誌では、

「オープンな暮らしを実現した高性能な、酒田の家」

という題で掲載させて頂きました。

その約10年後にこの雑誌を見て弊社に住宅を依頼して下さったのが、

遊佐町吹浦のテーマが

『気の合う仲間と賑やかに語り合う家』

img_3799%e5%88%87%e3%82%8a%e6%8a%9c%e3%81%8d

のオーナー様です。

このオーナー様が、「エコ住宅Q1.0」で弊社の住宅事例を良くを覚えていたのには理由があって、掲載されていた家族を知っていたからだそうです。

こんな事が、きっかけで、同じQ1.0住宅を建てて頂きました。

延床面積41.9坪とほぼ同じ広さですが、性能が少し良くなっています。

熱損失係数Q値=1.08W/h㎡K

気密性能C値=0.5㎠/㎡

年間の灯油消費量 352ℓ/年

10年前の仕様と特に変わったのは、壁の付加断熱の厚みが50から105㎜へ厚みが増し、暖房方法が床下エアコンになったところですね。

機器関係は、どんどん性能が良くなってきているので、設備の選択方法も変わってきました。

ただし、基本的な断熱性能についての考え方は、何も変わっていません。

弊社の家づくりは、デザインも含め年々進化し続けています。

10年前からスタートしたQ1.0住宅が、これからの家づくりのスタンダードになっていくだろうとは、その当時は、私も想像もしていませんでした。

社会に要求されるものは、時代共に変化して行くことを、この10年間で実感できました。

まだまだやらなければならないことは、一杯あります。

飽くなき挑戦ですね。

 

 

太陽光発電は必要か?

「太陽光発電は必要ですか?」

お客様と打ち合わせしていると良く尋ねられる質問です。

巷では、

ZEH(ゼッチ)住宅【経済産業省】

ゼロエネルギー住宅【国土交通省】

と言う名で、補助金目当てに色々宣伝されています。

上記の二つの政策とも、太陽光発電を設置することが、絶対条件になっているので、太陽光発電ありきで量産ハウスメーカーでは、住宅販売を促進しているようです。

ここは、ちょっと待って頂きたいのです。

多くの量産ハウスメーカーは、建物の断熱性能は、最低基準をクリアする程度で、後は、出来るだけ太陽光発電で、賄うタイプが多いのです。

この種の住宅は、建築の価格を押さえられ、尚且つ補助金を受けられるということで、営業的には、やり易いものになります。

しかし、このような住宅は、ゼロエネルギーとは、名ばかりで、省エネ的には思ったより成果を上げていないことも分かってきました。

私たちが目指す住宅は、まず最初に断熱性能を十分に上げた建物です。

その性能の一つの基準になるのが、弊社ではQ1.0(キューワン)住宅クラスと考えています。

IMG_6619

上記のように壁の外側にグラスウール16kgを100mm充填したり、高性能サッシや、換気を工夫することで、概ね熱損失係数Q値が1.0に近い数字になります。

このレベルは、国が2020年までに断熱性能を義務化するQ値=2.4の約2~3倍の高性能な住宅です。

私たちは、もし太陽光発電設備を設置するのであるならば、まず、このレベルまで建物性能上げて、必要最低限のパネルを小資金で設置するのがいいと思っています。

今年1月27日(金)引き渡した、酒田市光ヶ丘の家づくりのテーマが、

『リビング越しにつながる広いテラスがある家』

img_4783

IMG_3996

のオーナー様は、

「太陽光発電はいらないね」

と仰っていました。

「光熱費は、暖房含めそれ程負担にならないね。あえて設備費にお金掛ける必要もないように思う。」という感想でした。

ここから先の設備は、私は、各自の判断でいいと思っています。

太陽光発電ありきの国の政策は、いかがなものかと、いつも疑問に思っています。

国民の私達にもっと選択の幅を利かせて頂きたいと思いますね。

 

 

「東北のこれからの家づくり」セミナー

2月24日(金)東北芸術工科大学が主催の家づくりセミナーに行ってきました。

doc02393620170306184124_001

東京大学大学院の前真之准教授が講演されると聞いて参加してきました。

と言うのも、前先生は、以前新木造住宅研究協議会の鎌田先生と対談されていて、私達が目指す家づくりに、とても参考になる事を話されていました。

機会があればと思っていたところに、今回のセミナーが飛び込んできたので、早々に申込みさせて頂きました。

IMG_5829

IMG_5650

IMG_5648

東北芸術工科大学 竹内昌義教授

IMG_5654

東京大学大学院工学研究科 建築学専攻 前真之准教授

IMG_5820明るさ

最後に参加者全員による、座談会が催されました。

このセミナーでも言っていましたが、日本の高断熱化は、必ずどんどん進んで行きます。

そうは言っても、どこまでいくのか?

その標準的レベルは、

HEAT20  G2

この辺りが、スタンダードになるのではないかと前先生は仰っていました。

最近、このHEAT20という言葉を時々聞くようになりました。

※HEAT20とは

ここ庄内地域(4地域)では、

●外皮平均熱貫流率UA値:0.34(国の2020年レベルは0.75)

●熱損失係数Q値:1.3(国の2020年レベルは2.4)

レベルです。

実は、この“HEAT20  G2”は、弊社も取り組んでいるQ1.0(キューワン)レベルです。

弊社の施工事例を見て頂くと分かりますが、それぞれの住宅にこの数値が表記されています。

気にされる方は、少ないかも知れませんが、弊社では、2000年の創業からこの指数は、計算しています。

私自身も、費用対効果を考慮すると、この辺りが妥当なように思います。

すなわち、色々な団体や研究者がこれからも建物の断熱性能についての意見が出てくると思いますが、その行く着くレベルは、私達が勧めてきたQ1.0住宅レベルということになりそうです。

恐らくその答えは、5年から10年後に出ているのではないでしょうか。

このレベルが、日本の家造りのスタンダードとして認識されるのは、いつ頃になるのか?

施工が出来る、出来ないは別として、考え方としては、もう目の前まで来てるいるような気もします。

もしかしたら、あっと言う間に世の中が変わるのかも知れません。

このような住宅を建築して行こうという会社と現状維持の会社とでは、雲泥の差がついてきています。

一般のお客様も、是非このあたりを見抜く目も持って頂きたいですね。

 

 

新住協、札幌総会でQ1.0住宅事例発表

9月1日、2日に新木造住宅技術研究協議会の総会が札幌であり参加して来ました。

その中で、弊社のホームページで、

Q1.0(キューワン)住宅を建てよう!

のコーナーの

Q1.0(キューワン)住宅を建てた方のお声

(施工事例参照)

で登場して頂いた方のお話を発表してきました。

実は、このお客様の声は、2016年1月29日に、
インタビュアー:
(社)新木造住宅技術研究協議会 事務局長 理事 会沢 健二 氏

が直接お会いし、会沢氏本人が記事を作成したものそのまま掲載したものです。

その内容をかい摘んで発表してほしいという依頼があったので、私がさせて頂きました。

img_3093%e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%95

img_3094%e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%95

Q1.0(キューワン)住宅を推し進めていく過程で、お客様と色々なエピソードがある事が予想されます。

そのいくつかの事例を総会で紹介し、今後の会員の営業展開の参考にして頂こうという企画です。

今回は弊社含め3社が発表しました。

色々な発表を聞いてみると、各社工務店の苦労や喜びが伝わってきて、それぞれとても素晴らしい内容になっていました。

新住協の総会に集まる工務店、住宅会社、設計事務所の方たちは、それぞれ、Q1.0(キューワン)住宅を推進して行こうという使命感を持っています。

それは、Q1.0(キューワン)住宅がこれからの家づくりのスタンダードになると確信をもっているからです。

今世の中では、ゼロエネルギーだ、ZEH(ゼッチ)だと騒がれていますが、基本は、住宅その物の断熱性能を上げ、出来るだけ自然エネルギーを有効に活用することは重要です。

何故か世の中は、逆で設備を先行させた機械的な住宅が増えています。

新住協の総会で、鎌田紀彦代表も、今の日本の政策についてとても不快だと表現していました。

私たちは、日本の家づくりを長い目で見て、本当に有効な方向に向かって一歩一歩進めていきたいと思っています。

 

 

 

 

新住協第1回東北地区大会に参加

7月4日(月)、5日(火)に新木造住宅技術研究協議会の第1回東北地区大会が岩手県北上市で開催されました。

私と和島が参加して来ました。

IMG_1456明るさ

もちろん、基調講演は、新住協代表理事の鎌田紀彦先生です。

今回は、今話題のゼロエネルギー住宅の問題点が大きな話題になりました。

改めて、Q1.0(キューワン)住宅が、これからの住まいの王道を行っていることを確認してきました。

このように少しづつ少しづつ進化があることにいつも驚かされます。

高断熱住宅って奥が深いですね。

夜は、鎌田先生を囲んで、懇親会です。

お酒の席は、鎌田先生の本音や裏話が聴けるのでとても痛快です。

IMG_2248

翌日は、現場見学会。

付加断熱間最中。

IMG_2287

こちらは、完成したばかりで、この地区の社長さんの自宅で断熱性能で色々実験していました。

皆さん研究熱心ですね。

来年は、秋田で行われることになりました。もちろん参加しま~す。

新住協新潟支部のメンバーが現場視察

6月16日、㈳新木造住宅技術研究協議会(新住協)の新潟支部のメンバーが、弊社の現場視察にいらっしゃいました。

新潟県の工務店の方々で、特に高断熱住宅を勉強しているメンバーですので、質問の内容はは、ほとんどが技術的なところです。

IMG_1749

IMG_1752

IMG_1761

IMG_1762

IMG_1673

㈳新木造住宅技術研究協議会(新住協)の会員は、このようにお互いに現場を視察仕合い勉強していきます。

それぞれの会社が、いいと思った所は、その会社なりにどんどん取り入れて行くのがこの会の特徴です。

それは、技術的なことも含め、全てオープンにするという代表理事の鎌田紀彦室蘭工業大学名誉教授の考えによるものです。

私は、この会に所属してもう20年近くなりますが、高断熱技術も少しづつ進化している事を本当に実感しています。

実は、私達も7月4~5日にかけ、岩手県北上市で行われる新住協第一回東北地区大会に行ってきます。

ここでまた、どんな交流が出来るのかとても楽しみにしています。

 

ゼロエネルギー住宅大流行?

最近、量産ハウスメーカーは、ゼロエネルギー住宅(ZEH)を謳い文句で販売強化しています。

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次 消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ゼロエネルギーは、大きく分けて二種類あるのにご用心して下さい。

①できるだけ断熱性能を高めて設備は、補助的に採用する方法(高断熱ZEH

②断熱性は、最低限に抑えて設備の比重を高める方法(メカZEH

です。

多くの量産ハウスメーカーは、建築費を抑える②の方向で販売しています。

そしてもっと言うと、家族が通常住む居室空間を狭くすると空調する容積が減るため、ゼロエネルギーになり易いという裏技を使って間取りを限定した方法をとっています。

あの手この手を使ってあたかもこの方法が一番ベストのような宣伝文句を使っています。

私達が、仮にゼロエネルギーを目指すのであるならば、もちろん①です。

今月の新建ハウジングの新聞では、高断熱ZEH志向が強い事が掲載されていました。

doc00641620160519155752_001

(クリックすると拡大します)

しかし私達はその前の段階の省エネ住宅を提供していきたいと思います。

それは、東京大学大学院 准教授 前真之先生

mae

も指摘しているZEH READY です。

aa4feb7eeee691a3011aea30a24f538053efb96f_67_2_9_2

これは、

  • 太陽光パネル(PV)も蓄電池も早晩、価格は下がり性能は更にUPする 設備機器に関しては今付けなくても、後付けでOK 。それより建物本体の性能(断熱、気密、換気)を上げて 基準一次エネルギーで50%削減できれば 設備は後で十分対応できる

という考え方です。

具体的に言うと、断熱性能を上げた住宅を造ることを優先し、最小限の設備を適宜で施工すればいいということです。

弊社で言えば、Q1.0(キューワン)住宅を造る事を優先するという事です。

私は、太陽光パネルを設置するお金あるならば、先に建物自体の性能を上げてもらいたいと思っています。

日本の政策は、このZEH READY という考えが抜けていると前准教授も嘆いています。

 

ゼロエネルギー住宅はどうあるべきか?

最近よくゼロエネルギー住宅という言葉を聞きますがご存じでしょうか?

(ここでは、ゼロエネルギー住宅の説明は省かせて頂きます。)

日本のゼロエネルギー住宅の政策は、本来あるべき姿では、ないのではないかと、警鐘鳴らしている先生がいます。

doc00160420160309193654_001

(平成28年2月29日 発行 新建ハウジングより  クリックすると拡大します)

それは、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授の前真之氏です。

私も、この記事を読んだ時に、正しくその通りだと思いました。

先生は、日本のゼロエネルギー住宅の政策は、建物性能よりも太陽光発電に頼った機械設備ありきの政策だと言っています。

それよりもまず、一次エネルギーを現行より50%程度減らせば、とりあえずそれで良いのでは?

そして過剰な性能競争は、良くない、「この地域の気候で、省エネで快適に健康に暮らしていくためにはこれで十分」を工務店は研究し、それをいかにしてユーザーに証明して行くかが大切だ言っています。

私もまったく同感です。

私達のような地域に根差した工務店や住宅会社は、このような先生たちと一緒にその地域に合った性能や工法を研究していく必要があります。

doc00160420160309193654_002

(平成28年2月29日 発行 新建ハウジングより  クリックすると拡大します)

同じ紙面に室蘭工業大学名誉教授鎌田紀彦先生の記事も載っていました。

私たちは、鎌田先生が提唱する一次エネルギーを現行より50%程度削減できるQ1.0(キューワン)住宅に着手し、普及するように運動をしています。

まずは、建物性能そのものを良くする。

そして、機械設備は必要最小限に抑える。

これが基本だと思います。

弊社は、住宅として本来あるべき姿を目指して邁進して行きたいと思います。

 

 

「Q1.0(キューワン)住宅を建てた方のお声」を更新しました!

高断熱住宅を研究する(社)新木造住宅研究協協議会の事務局長理事の会沢健二氏からQ1.0(キューワン)住宅に住んでいる方に雑誌記事掲載のためのインタビューをしたいと依頼されていました。

そこで、酒田市新橋に住む高橋さんご夫婦にお願いし、今年1月29日に訪問しました。

高橋邸は、

~ゆとりの家事空間で会話が弾む家―ガレージのある暮らし~

と言うテーマで家づくりをさせて頂きました。

IMG_0255

和やかな雰囲気で、会沢氏からインタビューを受けています。

IMG_0265

会沢健二氏。

会沢さんは、ご自宅を断熱改修をし、実際にQ1.0(キューワン)住宅に住んでいます。

IMG_0280

最後にお二人で記念写真。

記事内容は、下記にアクセスして下さい。

http://cosmohome-inc.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/1972.html

雑誌発行は少し先になるそうですが、弊社のホームページには事前に掲載させて頂きました。

高橋様ご夫婦ならではのエピソードがいっぱい述べられていますので、是非読んで頂ければと思います。

なるほど、本当は、そんな理由だったんだ・・・

 

 

 

 

 

新住協の理事会沢健二氏取材

1月29日は、新木造住宅技術研究協議会の理事の会沢健二氏が、

ゆとりの家事空間で会話が弾む家―ガレージのある暮らし

の雑誌掲載のため取材に来てくれました。

IMG_0263

奥様が、とにかく寒い家はイヤ!

という事で、家づくりを勉強し始めたそうです。

ちょうどその時、ご主人の友だちが弊社で建てていて、弊社に対する感想を聞いた上で、ご来社頂きました。

そして、思っていた以上の建物性能にびっくりしてます。

夜は、薄い布団でも十分眠れますよ!

と言って頂きました。

IMG_0269

外の寒さが分からないので、外気温も計れる温度計を購入して時々観測しているそうです。

IMG_0265

会沢氏は、インタビュー中、全てノートに速記していました。

後で、全体を読み返しながら、文章を作るそうです。

私には、到底できない芸当ですね。

IMG_0280

最後は、ご夫婦揃って記念写真に応じてくれました。

どんな記事になるのか楽しみです。

刷り上がってきたら紹介致します。