完成内覧会ご来場ありがとうございました!!!

4月27日、28日、29日、酒田市浜田で完成内覧会を催しました。

多くの方に来て頂きました。

本当にありがとうございました。

テーマは、

『5000冊の本と暮らす カフェバーダイニングのある家』

でした。

皆さん一様に、5000冊の本が気なるようで、来場と共にこの本棚を探していました。

『へーーーー』

『ほーーーー』

『フーーーン』

反応は様々でしたが、このスペースを羨ましそうに見ていた方が多かったようです。

完成内覧会は、通常二日間ですが、ゴールデンウィークということもあり、今回は三日間催しました。

さすがに、三日目はチョットしんどかったです。(私のような老体には、効きました。)

でも、社員一同、頑張りました。

その甲斐あって、多くのお客様とお話することが出来ました。

本当にありがとうございました。

次回は、酒田市亀ヶ崎で9月下旬ころの予定です。

テーマは、

『光を浴びながら  風の流れを感じる家』

です。

また近くなりましたら、HP上でご案内致します。

ちょっと期間が開いてしまいますが、少々お待ちください。

お楽しみに。

by kakizaki

[blogmura]

いよいよ完成内覧会です!!!

4月27、28、29日の三日間いよいよ酒田市浜田で完成内覧会が行われます。

今回のテーマは、

『5000冊の本と暮らす、カフェバーダイニングのある家』

です。

先日、このテーマの

『あなたのための家づくり物語』

が出来たことを報告しました。

その物語をつくるために、和島が一生懸命写真を撮りまくっています。

(決して撮っているのではありません。)

その写真を村上が厳選し、『あなたのための家づくり物語』を作成しています。

今回この物語で選ばれなかった写真も多くあります。

実は、この他にも結構いい写真があり、是非皆さんに紹介したいと思います。

ここは、リビングですが、弊社こだわりの明かりだまりです。

くっきり出ていますね。

部分的に、壁、天井に床用パイン材を貼っています。

このデザインは新しい試みです。

この濃い塗装は、室内全体を落ち着いた雰囲気にします。

トップライトを下から見上げました。

右側は、本棚です。

狭い空間ですが、高さがあるので、ゆとりを感じます。

ここは、脱衣室。

着替えを置ける棚がずらーーーり。

夫婦の寝室ですが、照明の配置にご注目!

アクセント壁側にベットの頭がきます。

まぶしくならないように、照明が頭に直接あたらないようにしています。

ウォークインクローゼット。

ロフトの角にお揃いの窓が。

ここから、新井田川の土手沿いの桜並木が見えます。

花見は最高です。

弊社お得意のニッチ。

お客様選定のタオル掛け。

こだわってますねーーー。

ここまで来ると、桜がメインか、建物がメインか分からなくなりますが・・・

しかし、私なんかよりは、ずーーーと写真撮りのセンスがありますね。

今週末は、是非完成内覧会に来て下さい。

そして皆さんの目で写真のシーンを確かめて下さい。

お待ちしております。

by kakizaki

[blogmura]

本日、『あなたのための家づくり』アップしました!!!

本日、村上頑張りました。

【5000冊の本と暮らす、カフェバーダイニングのある家】

のあなたのための家づくりアップしました!!!

このコーナーは、

お客様の家づくりの想いを物語にしています。

毎回、新しい家が出来る度に村上が必死になって書いていますが、お陰様で、結構人気のあるコーナーです。

私自身、この物語を読む度に、一つ一つの家がそれぞれ違った想いで出来上がることを、改めて痛感いたします。

十人十色と言いますが、まさしくその通りです。

だから、家づくりって面白いし、やめられないですね。

今回の家も盛りだくさんの内容です。

是非、完成内覧会にも、足を運んで下さい。

論より証拠

見ないと損しますよーーーーー。

4月27、28、29日の三日間です。

会場でお待ちしております。

by kakizaki

[blogmura]

夏場の日よけの『洋風すだれ』試してみます。

漸く、ここ山形も桜の開花宣言が出されました。

春を過ぎると、あっという間に夏が来ます。

夏の暑さ対策でいい物を見つけました。

YKKさんで販売している洋風すだれ

『アウターシェード』

です。

太陽の日差しを遮る方法は、大きく分けて二つあります。

①カーテンやブラインドのように窓の内側に付ける

②オーニングや外付けブラインドのように窓の外に付ける(庇も効果があります)

その効果を測ってみると、下のグラフからも分かるように外付ブラインドのように外で日射をシャットアウトする方が効果が高いことが分かります。

これは、何となく分かりますよね。

一旦、部屋の中に入った日射は、熱を発し,その熱は、室内にこもってしまうのです。

即ち、夏場はいかに日射を部屋に入れないようにするかが肝心なのです。

そこで、開発されたのが、YKKさんのアウターシェードです。

必要な時だけ、このシェードを下して日よけします。

シェードの生地によって日射遮蔽率が違います。

上のカタログによるとグリーン生地が日射を81%カットで一番良いみたいです。

早速、このグリーンの生地タイプを自宅に取り付けてみようかと思います。

その成果の程は、後日報告致します。

外付ブラインドは確かに効果は、高いのですが、価格も高いのが難点です。

省エネという観点から、もっと商品が普及し、価格が抑えらればいいですね。

by kakizaki

[blogmura]

社内報第3号もうすぐ発送

村上亜都子編集長を中心に作成している社内報『コスモホーム通信』第3号をもうすぐ発送致します。

実は、この社内報を作成するために、村上編集長は、毎月東京に社内報作成の講習を受けに行っています。

たかが社内報と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、弊社は真剣に取り組んでいくつもりでいます。

「記事を考えるのも大変で面倒臭い、出来るならばやりたくない。」

多分、私以外の社員の方は全員そのように思っているのだろうと推測しています。

しかし、私は、続けて行こうと決めています。

何故これほど社内報にこだわるのか。

答えは簡単です。

私を含め社員全員の事をもっと知って頂きたいのです。

住宅は多くの方にとって一生一度の大きな買物です。

場合によっては、人生を大きく揺るがすことにもなりかねない程の、大きな事業です。

それを任されるわけですから、信頼が一番大切です。

そのためには、お互いに相手を知ることから始まります。

私は、そのツールとして、社内報は打ってつけだと思うからです。

何事も、やってみなければ分かりません。

とにかく、やることが大切です。

そして、継続することです。

やりますよーーーー。

ね、編集長!!!

by kakizaki

[blogmura]

調光ロールスクリーン登場!

主にカーテンなどを取り扱っているニチベイという会社が、チョット面白い商品を4月1日に発売しました。

その名も

『調光ロールスクリーン』

です。

これが、調光スクリーンです。

今までのスクリーンは、下の写真のように、ロールスクリーンを下げて視界を遮るか、もしくは、上げて解放感を楽しむか、二者択一でした。これは、ロールスクリーンの最大の欠点だと私は思っていました。

ところが、今度の新しいロールスクリーンは、一枚の生地が、ロール状になって前後に配置されています。

そして、その柄が横ボーダーになっているのです。

その前後に配置されたボーダー柄のスクリーンを上下に操作することで繊細な光のコントロールが出来るのです。

これは、良く考えましたねーーーーー。

実に面白い商品です。

実際に操作をするとわかるのですが、ちょっと言葉では上手く説明できません。

しかし、これは、なかなか使えるかも知れません。

このデザインであれば、ロールスクリーンも取付場所によってはお薦めできそうです。

一度、試してみたいですね。

by kakizaki

[blogmura]

家づくりセミナー平日でも、もちろんOKです!

家づくりセミナーを月一回のペースで開催しています。

通常、一般の方の休日に合わせ、土又は日曜日に設定しています。

しかし、土・日曜日がお休みでない方のために、平日でもセミナー開催は可能です。

実は、お客様の都合により、4月11日(木)にしてほしいという依頼がありました。

事前にメールや電話などで連絡して頂ければ、日程調整を致します。

内容は、家づくりをするときの心構えと融資のお話です。

是非、お気軽にお申込み下さい。

しつこい営業は、決して致しません。

というより、弊社には、営業マンがいません。

一般的な住宅会社が行っているような営業は出来ないのです。

こんな事情ですので、気楽にご相談下さい。

by kakizaki

[blogmura]

4月27,28,29日の完成内覧会に向けて準備中!

弊社のHPのイベント情報でも掲載しているように、4月27()、28()、29日()の三日間酒田市浜田で完成内覧会を行います。

その建物の概要が出来上がってきましたので、少しだけ紹介したいと思います。

テーマは、

【5000冊の本と暮らす カフェバーダイニングのある家】

です。

外観は、屋根が片方流れで、外壁は白と焦げ茶のツートンカラーです。

サッシは、今回外壁と正反対の色で選択しています。

外壁 白⇒サッシ 焦げ茶

外壁 焦げ茶⇒サッシ 白

の組み合わせです。

玄関に入っての正面の壁です。

実は、これ、リクシルの千陶彩(せんとうさい)というタイルです。

メーカーの説明文では、

『石を積んだ印象に仕上がるタイルです。

太陽の下で部分的に光る釉薬と、厚み差で生まれる影のコントラストが絶妙です。』

と表現しています。

このコントラストは是非見て頂きたいですね。

このタイル、私、ずーーーと前からやってみたかったんです。

今回のお施主様が、叶えてくれました。

チョーーーー嬉しいです。

この凹凸感が何ともいいですね。ダウンライトからの照明でこの凸凹が強調されます。

しびれるね~。

今回の建物のテーマでもあるカフェバーダイニング。

ダイニングが一段高いのも目線の変化があって面白いです。

照明はお施主様自身が選びました。

リビングの正面のニッチの壁の色はちょっとポップな雰囲気もあります。

スリットのガラスブロックです。玄関への明かり採りにもなっています。

今回のもう一つのテーマでもある、5000冊の本の棚です。

階段廻りにズラーーーリ。

二階の廊下の本棚は天井近くまであります。

圧巻です。

ご夫婦の寝室にも何気なく本棚あるし・・・

本棚は、もちろん、ご主人の書斎にも・・・

本棚のオリジナルデザインにも注目して下さい。弊社和島が一生懸命考えました。

この梯子を昇ると・・・

ロフトにも本棚。

本当は何冊の本を収納できるのか・・・?

答えは、完成内覧会で。(和島が説明してくれるはずです。)

最後は、トイレです。

この照明もお施主様の選択。

んーーーーん。

これは、もう店舗のトイレですね!

by kakizaki

[blogmura]

山形Q1.0特区セミナー参加!

私達が住宅の断熱の勉強をしている新木造住宅技術研究協議会が、今年山形県を住宅の断熱を特別強化地域に指定しました。

名付けて山形Q1.0特区(断熱性能が極めて高い住宅)です。

これは、環境が叫ばれる今日、国で進めようとしている住宅の断熱性能は、余りにも低いため、新住協が独自に定めた断熱性の高い住宅を推進しようという運動です。

国の断熱性能の2~4倍(地域による)を目指しています。

私達は、将来このQ1.0住宅レベルが家づくりのスタンダードになっていくだろうと考えています。

弊社はこの企画に参加し、そのセミナーを受けてきました。

セミナーは、4月5日(金)に山形で行われ、私と社員全員参加してきました。

事務局の会沢さんがあいさつ

新住協の理事長、室蘭工業大学の鎌田紀彦教授が指導

Q1.0住宅のポイントは、三つに集約できます。

①床・壁・天井からの熱損失を減らすためには断熱材を厚くする。

②窓からの熱損失を減らすために、ガラスの枚数を増やし、枠の材料を熱の逃げにくいものにする。

③換気の熱損失を減らすために、熱交換換気扇を採用する。

特に②が重要です。

即ち、サッシです。

弊社で今着工している

『光を浴びなら、風の流れを感じる家』

は、Q1.0住宅です。

(実は、この住宅は弊社Q1.0住宅の4棟目です。)

Q値(熱損失係数)は1.14

予測年間暖房灯油消費量は530ℓ

です。

私達は、デザイン性に優れた住宅を提供していますが、それと同時に環境にも配慮し、経済的な住宅も目指しています。

私は、住宅で特に重要なのは、

①デザイン性

②耐震性

③断熱性(省エネ性)

だと思っています。

建物はどうしても、形に目が奪われがちですが、住んでみて初めてその家の良さがわかるものです。

私は、折角大枚を叩いて建てた大切な住宅ですので、長く使って頂きたいと思っています。

その為には、

①まずは、その住宅を好きになること

②快適であること

③経済的であること

この辺がポイントではないでしょうか。

住宅は私にとって、とても奥の深いものです。

by kakizaki

[blogmura]