たまには洗面所の排水配管の掃除を

洗面化粧台を長く使っていると、排水の流れが悪くなります。

配管が、汚物で詰まり初めている状態です。

我が家も、3月13日(日)に家族から流れにくくなったと指摘があり早速掃除に取り掛かりました。

IMG_1373

ついでなので、世のお父さん達に、排水配管の掃除の仕方を書きたいと思います。

排水配管には、必ずトラップというものが付いています。

このトラップというのは、大きな異物をここでひっかるようにしたり、水を貯めて配管からの臭いの立ちあがりを防いだりしています。

形がS型になっていますので、汚物が溜まり易くなっています。

そこでまず、下記の写真のようにネジを回してトラップを外します。

IMG_1374-1

この時、配管に排水が溜まっていますので、下に洗面器などを置いて下さい。

IMG_1360

外したトラップは、もちろん綺麗にするのですが、外せない配管は、歯ブラシを差し込むとご覧の通り汚物が一杯取れます。

IMG_1369

排水配管によく髪の毛などを流す人がいますが、それは、言語道断です。このトラップ当たりでの詰まりの原因になります。

ここまで掃除をすれば、数年は大丈夫です。

世のお父さんは,是非チャレンジしてみて下さい。

掃除の秋

自宅の換気扇の掃除を、シルバーウイークの連休中にやりました。

私は、春と秋の年二回、天気を見ながら掃除するようにしています。

IMG_7537

IMG_7539

私の家の換気扇は、第三種のタイプで、下屋の上のフードから排気しています。

IMG_7540

その排気フードを覗いてみると・・・

案の定、ほこりがいっぱい網目にくっついています。

IMG_7541

トイレの換気扇はもっとひどいことになっていました。

IMG_7543

給気口には、蜘蛛巣がへばりついています。

IMG_7544

給気口のフィルターにもほこりがたまっています。

換気扇廻りは半年とは言えないものですね。

なかなか時間なくて、今のところこれが精一杯ですが、掃除の後は、何となく部屋の空気が綺麗になったような気分で、気持ちがいいです。

皆さんも、こまめに掃除をしましょう。

あっ。

キッチンの換気扇もお忘れなく!!!

そこは、いつもマイワイフの担当なので割愛させて頂きました。

 

 

鍵穴にたまにシュッシュッ

玄関や納戸の鍵穴にたまに油を差してあげると、滑りが良くなりとても使い易くなります。

油は、ホームセンターなどで市販されているもので結構です。

下の商品は、テレビでもコマーシャルしている商品です。

IMG_3732

IMG_3733

できれば、ドアの蝶番やドアクローザーの部分にもシュッシュッした方がいいですね。

家中のドアや引き戸に使えますのでこれ一本が結構重宝します。

決してク〇5ー56の宣伝をするつもりはありませんが、メンテナンスには便利です。

ハクビシンって知っていますか?

ハクビシンって知っていますか?

以前は、酒田市郊外の被害が多かったそうですが、ここ数年前からは市内での報告が増えてきているそうです。

実は、ある建物にハクビシンが天井裏に入居して、その対策に追われました。

001

ハクビシンは外来種だそうです。

IMG_1244

天井の一部がこのように変色してきて、動物の臭いがします。

ずーと、何なのか分からなかったのですが、ある業者から見て頂いたところハクビシンであることが判明。

捕まえて、処分できるのかと思いきや、野生動物は、国のものなので、許可なく勝手なことはできないそうです。

そこで、建物に入ってこないようにするのが一番の対策ということで、ハクビシンの侵入経路にトラップという仕掛けをすることにしました。

IMG_1456

そして、最大の問題、天井の処理。

IMG_1426

天井をはがすと、汚物がドスン。

大盛りの・・・

ハクビシンは、トイレの場所を決め毎回同じところに糞尿をするそうです。

とても、行儀のいい野生動物ですね。

IMG_1444

近くに寝床も発見。

グラスウールを布団にしているので、グラスウールがペッタンコにつぶれています。

ここには、糞尿はありませんので、寝床はとても綺麗です。

何とも、贅沢な生活ですね。

今回の処置で、何とか出ていってくれれば助かるのですが・・・

 

 

24時間換気扇の掃除を!

恒例の24時間換気扇の掃除です。

私は、春と秋の年二回するようにしています。

というのも、今月11日(日)は、町の側溝掃除の日に当たります。

側溝掃除が、年二回。

その時に一緒に掃除をするようにしているのです。

私の家の換気扇です。平成8年から約17年間一日も休まずモーターが回ってくれています。

すごい耐久性です。

感謝して掃除です。

外の、フードのメッシュには、やはり埃が付いていますね。

私の家の換気システムは、第三種です。

排気を機械で、給気は自然に壁穴から取りこまれます。

給気には、フィルターが付いていますので、こちらの掃除もお忘れなく。

それから、お風呂とキッチンの換気扇はまた別になっていますので、こちらも定期的な掃除して下さい。

掃除をすると、身も心もすっきりです。

by kakizaki

[blogmura]

パネルヒーターを触ってみよう!

弊社の建物は、灯油の暖房の場合、二種類の方法をやっています。

①温水パネルヒーター(床下暖房方式)


(イラストでは二階も床下から放熱していますが、弊社は窓下に写真のようなパネルを設置しています)

②温水ルームヒーター

両方とも、ボイラーで不凍液を温め、各部屋にあるパネルやルームヒーターまでその温かい不凍液をポンプで循環する仕組みです。

②の温水ルームヒーターは不凍液がある一定以下になると、作動しなくなりますが、①の温水パネルヒーターは、多少不凍液が少な目でも、作動します。

不凍液が少なくなると、パネル自体が半分くらいまでしか温まらなくなります。(特に二階のパネルがなり易い)

時々、二階のパネルを手で触って頂きたいと思います。

特に寒い日でもパネル全体が温かくない場合は、注意が必要です。

このような状況になりましたら弊社に、連絡下さい。

不凍液を補充致します。

by kakizaki

[blogmura]

冬期間の水道管凍結に気をつけましょう!

酒田市水道局から冬期間の水道管凍結の注意のチラシが配られていました。

↑クリックすると拡大します。

これはなかなかいいチラシですので紹介します。

ポイントは、二つです。

A)凍結を注意しなければならない時

①氷点下の予報が出た時

②気温が低く、風が強い時

③長時間水道を使用しない時(夜間や外出など)

④水道管が屋外に露出している場合

B)水抜き栓の使い方

【手動式】

(事務所の手動式水抜き栓です)

①蛇口から水を出します。

②水抜き栓のハンドルを右に止まるまでしっかり回します。

③蛇口から水が出なくなれば完了です。

④最後に開けた蛇口を閉めます。

【電動式】

①蛇口から水を出します。

②水抜きパネルの電源が「ON」になっているのを確認します。

③「水抜き」のボタンを押します。(ランプがついているか確認)

④蛇口から水が出なくなれば完了です。

⑤最後に開けた蛇口を閉めます。

操作の動画ありましたので参照してください。

上の画像をクリックすると動画が見れます。

最近は余り、水道管が凍結することも少なくなりました。

とはいっても、二月の寒の頃は、ちょっと注意して下さい。

用心に越したことはありません。

※弊社の床下暖房採用の場合は、水道配管が外部にさらされる部分がないので凍結の心配はありませんので、水抜きをする必要はありません。

by kakizaki

[blogmura]

トイレ掃除からの想い

トイレが綺麗かというのは、何故か私にとって大きな問題です。

例えば、お店などの行くと必ずトイレに入ります。

(本当は、トイレが近いだけです。)

どんな素敵なお店に行ってもトイレが汚いとちょっと・・・・

最近、と言うより、ずーと前から、自宅でも会社でも、私は、トイレを掃除をする機会が結構多いのです。

実は、私の子供は、三人とも男の子です。(一人は現在東京)

それはそれは、トイレは、放って置くと悲惨な状況になります。

便器の周りはもちろん、便座にも、床の周りにも、その飛沫の痕跡が・・・

トイレクイックルなるお掃除用雑巾で拭くとまっ黄色になります。

いかに男子用トイレが汚れるか。良く分かります。

最近は、洋便器に立って小便をすると、このように汚れるので、男でも座って用を足すように教える家庭もあるそうです。

しかし、我が家は、1対4で男子優勢ですので、立つ派です。

時々2人並んでやっています。(組合せは想像にお任せします。)

『トイレちょっと汚いね。』

『じゃー、貴方掃除して!』

『はい!』(どこの家庭も奥方には逆らえませんよね。私だけ?)

てなわけで、エイコラ、ヒイコラ。

毎週日曜日の朝はトイレ掃除から始まります。

ところで、皆さん、ウォシュレットのシャワーヘッドの部分も掃除していますか?

そう、この部分も結構汚物がついているのです。

この部分を出すには、便器に向かって左側のお尻を洗うマーク(下の写真参考)を押すとでてきます。

(パナソニックのビューティ・トワレの場合)

これを押すと水も一緒に出ますので、廻りを拭くのにとても便利です。

止める時は、リモコンの停止を押します。

んーーーーーん。

これて身も心もスッキリ。

気持ちいいーーーーー。

それでは、また来週。

See  you again! (便器に向かって)

by kakizaki

[blogmura]

『履歴情報サービス』始めました。

現場の最新の状況Webを確認できることを前回のブログで報告しました。

これは、主に、現場の状況写真を提供するシステムです。

実際に使ってみると、お客様からの反応は結構いいです。

現場は、工事着工すると、毎日変わっていきます。

日々変わる状況を現場に行かないで分かるのは、とても助かります。

自分の家が出来上がっていく姿を見るのは嬉しいものですよね。

最近は、色々な事情から、遠隔地に住む方がお客様になるケースもあります。

そのような場合も非常に重宝します。

折角、Web上に溜まった情報ですので、それを、そのまま捨ててしまうのは勿体ない。

そこで、その写真と、いっしょに設計図書も付けて、30年保管する事にしました。

これが、履歴情報サービスです。

例えば、点検やリフォームをするとき、このシステムを使うと、工事がとてもやり易くなります。

そして、新たに、点検やリフォームをしたらその情報を更新しておきます。

このように、工事の履歴を残すことによって、家を適切に維持管理できるようになります。

この情報は、お客様のものでですから、30年間自由に使えます。

それ以降については、どうなんでしょう。まだ、決まっていません。

とりあえず、スタートしました。

そして、私も、今後30年間見続けていきます。

私は、いくつになるんだ?

by kakizaki

[blogmura]

我が家の秋恒例換気扇掃除

今日は久しぶりに何もないお休みでした。

そして、天気いい!

こんな時でないとできないのが、24時間換気扇の掃除。

私は、春と秋の年2回するように心掛けていますが・・・?

我が家の24時間換気扇。

これは、お風呂の換気扇。

実は、増築した部分(現在両親が居住中)のトイレの換気扇は前回怠けて一年間掃除していませんでした。

そしたらなんと、ほとんど目詰まり状態。

写真を撮るのを忘れてしまいました。

ひどいなんてものではなかった。

恥ずかしながら・・・

やはり換気扇は最低年2回は掃除しないとダメですね。

反省しました。

掃除をすると、昨日の天気と同じように気分がスッキリ爽快!

by kakizaki

[blogmura]