カビだと思われいたのが・・・

住宅を解体すると

こんな状況になっている現場がほとんどです。

そして、その黒い部分がグラスウールの断熱材で多く見られるので、断熱材にカビが生えていると思われていました。

しかし、それは、違っていたのです。

日経ホームビルダー2019年8月号によると、

「黒い変色の正体は、大気中の汚染物質や土壌成分を含む浮遊粒子状物質(SPM)が主だった」という調査結果が明らかになりました。

この調査を行ったのは、宮城学院女子大学の本間義規教授です。

カビの培養分析では、対象住宅の断熱材の黒ずんだ部分を39サンプル採取。

22サンピルではカビは培養できなかった。

培養できた17サンプルから検出した黒っぽいカビは、2種類だった。

本間教授は、「これらのカビが断熱材を広範囲に黒く変色させた原因とは考えにくい」とみている。

即ち、多少カビは生えているが、主な原因はカビではなく、大気中の浮遊物質だという結果でした。

実際従来型の住宅は、下記の図にように壁の中を隙間風が流れています。

特に冬の時期は、暖房で室内の空気が暖められるので、その流れは大きくなります。

その隙間風に含まれる浮遊物がグラスウールに付着しているのが黒く見える原因だったという事です。

これは、とても重要な調査で、多くの建築の専門家も見ただけで、勝手にカビと判断していたと思います。

実は、私もその一人でした。

今回の発表は、とても参考になります。

グラスウールの黒ずみは、材質の問題ではなくて、隙間だらけの家の構造から発生した問題だったのです。

隙間だらけの住宅は、グラスウールだろうが、発泡系の断熱材だろうが壁の中は黒ずみが発生するのです。

但し、グラスウールは繊維系なので、黒ずみ方が際立つかもしれませんが・・・

「黒ずんだグラスウールの写真を見せられて、カビが生えやすいから断熱材を変えた方がいいよ」

と勧められたら方は、是非この結果を教えてやって下さい!

ついに完成です!

鶴岡の外装工事の現場がついに完成しました。

(アフター)

(ビフォー)

外装を変えるとかなり印象が違って見えます。

建物も第一印象が大切!

やはり外からの見え方は、大切ですよね!

建物は、単独に存在しているわけではありません。

周りの環境にも大きく影響します。

このように建物が綺麗になると近隣の方たちからの印象もいいですし、その地域の治安にも貢献します。

お互い気持ちよく住み続けられるように、気を使っていきたいものですね。

 

かなり仕上がってきました!

酒田市若竹町のテーマが、

「小上がり畳のダイニングで居酒屋気分を味わう家」

の現場が、かなり出来上がってきました。

外装工事もあと少しで完成。

階段も仕上がってきました。

階段と作り付け机の窓から、東の光が差し込んできます。

この小さな窓からの光が、リビング全体の明るさに貢献しているのです。

今日は、キッチンの組立工事。

荷物が散乱してパースのようには見えませんが、少しづつ完成に向かって進んでいます。

随分形が見えてきました。

営業してます!

新庄の国道13号線沿いにある

手打ちそば 和食   樵(きこり)

さんの外周りの改装工事をしています。

外壁と屋根を塗装するので、工事用ネットをしていますが、しっかり営業しています。

地元で長く愛されている店舗なので、お客様は、事情を理解され営業にはほとんど影響がないそうです。

我々工事に携わる者としては、本当にありがたいです。

改装後には、新たな姿で皆さんにご披露できると思います。

もう少しですので、今しばらくお待ち頂きたいと思います。

小上がり畳のダイニング施工中!

酒田市若竹町のテーマが、

「小上がり畳のダイニングで居酒屋気分を味わう家」

のメインである小上がり畳を施工中です。

家族が一番寛げる時間は、食事をしている時ですよね。

そんな時間を、日本人が大好きな畳のダイニングにしようというアイディアで今回のプランが始まりました。

畳は、いつでも寝ころべてとっても楽です。

私も大好きです。

今回は、30cm上げた小上りにしています。

その上がったスペースを利用して、引き出しを造作しています。

引き出し用のレールも取り付け完了。

この空間で、家族がどんな会話で弾むのか?

想像するだけで嬉しくなります。

もうすぐ完成です。

(アフター)

鶴岡の外装工事の現場はもうすぐ完成です。

(ビフォー)

屋根は、錆で赤茶けていましたが、緑のガルバリウム鋼板に葺き替えました。

実は、この色、我が家の屋根と同じ色です。

まだ足場があるのでスッキリしませんが、壁の色は白くとても清潔感がある建物に変身しました。

完成しましたら綺麗な姿を、お見せしたいと思います。