この借景を見せたかったのです!

鶴岡市桜新町のテーマ

「借景を見ながら四季を感じる家」

の前回からの続きの借景の話題です。

早速写真を撮ってきたのでお見せしたいと思います。

027

二階リビングの大きな南の窓から見た風景です。

中央右側のチョット高い山が金峰山で、右側には内川の河川敷が見えます。

この借景をリビングから見せたかったのです。

真ん中に見える木は桜で、土手沿いに桜並木が並んでいるため、春には、家に居ながら花見を楽しめるのです。なんて贅沢な環境なんでしょうか。

+012

013

014

二階には、大きめのベランダもあるため、これらの風景を四季折々風を感じながら思う存分感じることが出来ます。

今は緑一杯の深緑の季節です。

空気もおいしいですよ。

 

鶴岡で建て方が始まりました。

鶴岡市桜新町のテーマ

「借景を見ながら四季を感じる家」

の建て方がいよいよ始まりました。

外観001

031

028

このオーナー様は、土地探しから始めました。

結果的にはオーナー様が土地を見つけてきてくれたのですが、私も廻りの景観を見て一目ぼれ。

それは、鶴岡のシンボルの金峰山と内川が両方一緒に見ることができるのです。

(私は、鶴岡出身なので、この景色の有難さが十分理解できます。)

これを借景にプランしない手はないと即座に思いました。

IMG_7924

その景色がこれです。

右端に見えるのが金峰山ですが内川は、この写真では、土手が邪魔して見えません。

この風景を存分に楽しんで頂くには、二階リビングにした方がいいので、パースのようなプランを提案しました。

今度は、実際に二階にいる時の目線で景観写真をお見せしたいと思います。

土地のパワーを感じる場所ですね。

 

 

仕上がってきました。

酒田市亀ヶ崎の現場のテーマ

「広い庭を360℃楽しめる家」

IMG_5210

IMG_5211

ようやく、内装工事が出来上がってきましたので、オーナー様に現場の確認をして頂きました。

ご夫婦お気に入りの和室を、カメラに収めています。

IMG_5213

今回は、外構工事の打ち合わせがメインでした。

造園屋さんで、石の検討をしましたが、今時は、なかなか、石を購入できる業者が少なくなっているそうです。

オーナー様は、庭いじりが好きで、いろいろ花や木などで構想を練っていました。

どんな庭になるのか楽しみですね。

外構工事は、いよいよ来週から始まります。

 

 

 

 

 

足場がなくなりスッキリ

酒田市亀ヶ崎の現場のテーマ

「広い庭を360℃楽しめる家」

IMG_5215

IMG_5204

の足場が今日で解体されました。

ようやくこの時期がきたかという思いです。

足場がなくなると、本当にスッキリします。

家の中にはついに

IMG_6576

薪ストーブも設置されました。

最後の仕上げ工事に向けてもうひと頑張りです。

さすがにこの時期は薪ストーブの試運転はできませんけど…

 

現場確認して頂きました。

酒田市東中ノ口の

外観02

「ふたりの時間を大切にする家」

のオーナー様に5月18日、進捗状況を確認に来て頂きました。

IMG_1194

伊藤が、詳細に説明しているところですが、工事の途中で確認して頂くことはとても重要な事だと、私たちは、考えています。

現場を見ても良く分からないというのが、実際のところでしょう。

しかし、やはり、自分達が住む家です。

住む人に少しでも分かって頂きたいという思いで毎回、ご足労ですが、現場に来て頂いております。

このオーナー様は、現在新庄にお住まいなので、1時間掛けて、酒田まで来て頂きました。

M様ご協力本当にありがとうございました。

 

 

 

現場見学会決定!!!

5月30日(土)、31日(日)に

酒田市東中ノ口の現場

「ふたりの時間を大切にする家」

外観02

の現場見学会を開催致します。

5月15日に上棟の儀が終わり、今の現場の状況は、

032

こんな感じです。

完成してからでは、見ることが出来ない構造部分を見学できます。

本当は、建物を見る時に一番大切なのは、この頃です。

どこの会社も同じだと思っている方も多いのですが、実は結構違うんですよ!

現場で説明致します。

案内の詳細については、下記からどうぞ!

http://cosmohome-inc.jp/event/kengaku/3511.html

当日お待ちしております。

ようやくその姿が…

酒田市亀ヶ崎の

「広い庭を360度楽しめる家」

の外観がようやく出来上がってきました。

IMG_5089

IMG_5086

IMG_5093

まだ足場が掛かっていますが、外壁塗装工事も終わり全体像が見えてきました。

建物全体は、フラットな塗装にし、外観に変化を持たせるためにポーチ周りは石を貼って凹凸感を出しています。

又、薪ストーブの煙突もあり、ソーラーパネルもありと、とても環境に配慮した住宅です。

もちろん、建物の性能は、新木造技術研究協議会が推奨しているQ1.0(キューワン)住宅です。

ちなみに、熱損失抵抗Q値は、1.09です。

足場が外れるのが本当に楽しみです。

 

「地の家」半纏(はんてん)姿どうですか?

地の家の半纏が出来上がってきました。

「地の家」とは、

NPO法人 地の家ネットが進めている

「地域の家を地域で造る」という運動です。

家というものは、その地域に合ったやり方で、その地域の文化や環境を守りながら、一生お付き合いしていく業者が造るべきであるという活動です。

早速試着。

どうですか?

似合います?

IMG_4825

高橋も試着。

皆さんの好評は、高橋!

身長が高い分立派に見えるとのこと。

IMG_4827

確かに言われてみればその通り。

今月15日に、

「ふたりの時間を大切にする家」の上棟の儀があります。

外観02

これを着てお祝いしたいと思います。

身が引き締まりますね。