新庄の樵(きこり)さんがラーメン店特集に掲載!

トヨタカローラさんで、車の修理をお願いしに行った時に、下記の

パンフレットを発見!

何と、右端に弊社で新築して頂いた、新庄の樵(きこり)さんがラーメン店特集に掲載されていました。

店舗の様子は、弊社のHPの施工事例に載っています。

その記事の部分をズームアップします。

写真をクリックすると、もっと拡大して見えます。

このチラシは、カローラ山形さんで出している四季だより秋号です。

カローラ山形新庄店の落合さんが樵さんを推薦してくれています。

私も、この建物を建築するために打合せに行くと、いつもここのおばあちゃんが、みそラーメンを作ってくれました。

ここの家族の皆さんは、本当に話好きで気さくな人達です。

時間がいくらあっても足りないくらいの人たちです。

最近は、いつも日本そばばかり食べていますので、久方ぶりにチラシのみそラーメンを食べてみようと思います。

落合さん推薦のタンメン(塩味)は、一度も食べたことがないので、いつかトライですね。

皆さんも新庄方面に行く機会がありましたら、是非寄ってみてください。

場所と営業時間などは、チラシを参照ください。

by kakizaki

[blogmura]

弊社の企業理念

弊社の企業理念を、会社の壁に貼っています。

企業理念は、

『家づくりの想いにとことん応え、あなたとあなたの周りを笑顔にします』

です。

字は、実は、私の父に書いてもらいました。

(私の父は、書道が趣味です。)

そうです。

私たちは、お客様に最終的に、笑顔になって頂きたいのです。

笑顔って本当にいいものです。

しかし、笑顔になるんだったらどんな方法でもいいという訳ではありません。

私たちは、お客様それぞれの家づくりを通して笑顔になって頂きたいのです。

家づくりは、それぞれのご家族にとって、夢そのものです。

普通、新しい家に入居することは、非常に胸がわくわくするものです。

あれもしたい。

これもしたい。

あんな間取りがいい。

あんな形の家がいい。

と色々要望があるものです。

100%夢が叶うことはないと思いますが、何とか、自分たちが想い描いている家に近づけるようにしたいのは、当然のことです。

しかし、現実は、あれはダメ、これもダメ(特に規格住宅を主に取り扱っている大手ハウスメーカーは難しいようです)

一つ一つの家族には、それぞれ違った家づくりの考え方があるはずです。

それらを何とは実現できるようにでないのものか。

それぞれの家族が想い描いている家を何とか造れないか。

そんな想いから弊社の企業理念を考えました。

《それぞれ違った想いを描いている家族に、

そのライフスタイルに合わせた最もふさわしい家づくり

を提案する企業になる》

そんな理想を掲げてこれからも家づくりをやっていきたいと思っています。

by kakizaki

[blogmura]

東京銀座散策

久しぶりに東京に行ってきました。

今回は、銀座を散策してきました。

私は、大学を卒業してすぐに京橋に本社がある東洋熱工業㈱という会社に勤めました。

銀座はこの本社から目と鼻の先で、入社当時は銀ブラを良くしたものです。

久しぶりなので、本社でも寄ってみるか。

と思いきや。

ガーーーーーン

会社がない!

何故か工事をやっている。

ということは・・・

やはり本社の建て替えをやっていました。

さすが,儲かっている会社は違います。

以前の本社は、一階部分が駐車スペースのピロティになっていて、建設当時は、結構話題になった建物だったそうです。

新しい本社が完成したら、是非見に行きたいですね。

私の同僚がいる内に建物の中も見せてもらいたいです。

楽しみです。

では銀座に戻って早速散策です。

銀座二丁目界隈です。

MIKIMOTO Ginza2

設計  伊東豊雄

竣工  2005年

ミキモトが扱っている真珠のイメージだそうです。

外壁の仕上げ面はツルツルでとても綺麗でした。

しかし、こんな形がビルになるなんて今までは想像も付きませんでした。

デザインは下の写真のTOD`S表参道の形を踏襲しています。

こっちのビルは、表参道の欅の木のイメージです。

MIKIMOTO Ginza2ビルの隣の隣にまたまた面白い建物が・・・

何と、建物全体が歪んでいます。

デビアス 銀座ビル

設計 光井純

竣工日  2008年

この歪みは一体何を表現しているのでしょう。

美しい女性美だそうです。

この曲線で女性と云えば、もちろん・・・?

建物そのものをこれ程までに歪ませることができるんですね。

今の建築の技術は本当にすごいです。

「Tiffany(ティファニー)」の本店

設計 隈研吾

竣工日 2008年(改修工事)

この一枚一枚のパネルは、ダイヤモンドの輝きを表しているそうです。

本当に建物そのものが輝いて見えます。

下から見上げると、それぞれのパネルの向きが違っていることが分かります。

パネルの下地を覗いて見ましたが、アームのような物でパネルを支えているようです。

改修工事をするときの大きなポイントは、建物のファサード(建物の正面)を変えることです。

この建物は、この方法で見事に建物全体のイメージを変えてくれました。

改修前のファサード

以前の建物はオフィスビルにちょっとした店舗が入っているようです。

全くイメージが変わってしまいました。

このようにデザインされた建物を見ると、『建築は芸術』だとつくづく思います。

アートですね。

by kakizaki

[blogmura]

家づくりの『テーマ』って何?

弊社の住宅には、一棟づつ家づくりのテーマがあります。

来年の春完成する三棟の家にも、もちろんテーマがあります。

(画像をクリックすると大きくなります)

そのテーマは、

『キッチンを中心にした動線が使いやすいシンプルデザインの家』

『自然素材に触れながらナチュラル感を楽しむ家』

『5000冊の本と暮らす、カフェバーダイニングのある家』

です。

これらのテーマは、私たちにとってはなくてはならないものです。

それでは、何故弊社の家づくりに『テーマ』が必要なのんでしょう?

その前に、弊社の理念を紹介します。

『家づくりの想いにとことん応え、あなたとあなたの周りを笑顔にします』

これが弊社が家づくりを通して最終的に行き着きた企業理念です。

そうです。

私たちは、お客様の笑顔が見たいのです。

それも、家づくりを通して笑顔が見たいのです。

家は、その家族にとって『大きな夢』です。

その夢を実現するために、私たちは、その家族のことを十分理解する必要があります。

そのためには、その家族が何のために家をつくるかの理由を見つけなければ、どのような家を造ったらいいのか迷ってしまいます。

その家族の家づくりをする際の目的を共通認識をするために、私たちにはこのようなテーマが絶対に必要なのです。

テーマは、お客様と弊社が同じベクトルを持つための重要な道具なのです。

こんな風に私たちは、家づくりを進めています。

『テーマをつくる程の家なんて望んでいない。』

と仰る方もいるかも知れませんが、決してそんなことはありません。

どんな家族にもテーマはあるものです。

家族と一緒に寛ぐ場所が欲しい。

水廻りを使い易くしてほしい。

明るいリビングがほしい。

吹抜けがほしい。

収納を上手くまとめたい。

等等・・・・

家が大きい小さいや高い安いは関係ありません。

ほんの些細なことでもいいのです。

こんな私たちと一緒の家づくりをしてみませんか?

お待ちしています。

by kakizaki

[blogmura]

我が家の秋恒例換気扇掃除

今日は久しぶりに何もないお休みでした。

そして、天気いい!

こんな時でないとできないのが、24時間換気扇の掃除。

私は、春と秋の年2回するように心掛けていますが・・・?

我が家の24時間換気扇。

これは、お風呂の換気扇。

実は、増築した部分(現在両親が居住中)のトイレの換気扇は前回怠けて一年間掃除していませんでした。

そしたらなんと、ほとんど目詰まり状態。

写真を撮るのを忘れてしまいました。

ひどいなんてものではなかった。

恥ずかしながら・・・

やはり換気扇は最低年2回は掃除しないとダメですね。

反省しました。

掃除をすると、昨日の天気と同じように気分がスッキリ爽快!

by kakizaki

[blogmura]