太陽光発電システムの火災事故の問題点

2019年5月20日号の新建ハウジングの冊子に

「太陽光発電システムの火災事故」

についての記事が載っていました。

この記事のポイントは、

①太陽光発電システムが普及するのに伴い、機器の故障による火災事故が増えてきている。

住宅太陽光発電システムによる火災の例 出典:消費者庁

火災事故については、消費者庁のホームページに詳細が掲載されていますので参考にして下さい。

https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_012/pdf/report_012_190128_0001.pdf

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_190128_0001.pdf

②消化活動に当たる消防隊員や消防団の感電事故が顕在化してきた。

実は、私も知らなかったのですが、火災の消火活動は、住宅のブレーカーを落とし、住宅内において感電の危険性がなくなった上で実施されるそうです。

しかし、太陽光発電システムが設置されている住宅では、ブレーカーを落としても光が当たる限り太陽光発電システムが屋根上で発電し、屋内の直流配線にまで電圧がかかっている状態のため、破損している直流配線に誤って接触して感電する可能性があるという事です。

すなわち、太陽光発電システムが搭載されている住宅は、簡単に消化活動ができないということになります。

これは、ちょっと問題ですね。

建築基準法では、延焼のおそれのある部分を有する、木造建築物の外壁および軒裏は、防火構造とする規定があります。

延焼とは、出火元から別の建築物へ燃え広がることです。

もし火災になっても隣の建物に火が広がらないようにするための規定です。

消化活動ができなければ、太陽光発電システムが搭載された住宅から、火事が広がっていく可能性があることになります。

これは、ちょっと困った問題ですね。

今後この辺の対応が、どのようになっていくのか注視したいと思います。

家づくりの決め手は?

新木造住宅技術研究協議会編集の「南東北の高断熱住宅」第2号が、今年2月に発行されました。

今回の特集は、「工務店・設計事務所の座談会」で“これから家づくりをする人のためのつくる側から、ホンネのアドバイス”と題して新住協のメンバーが日頃なかなか言えない作り手のホンネを語り合いました。実は、私も参加しています。

この座談会で一番言いたかったことは、家づくりでは、業者選びがとても重要だということです。というより、業者選びでどんな家づくりになるのか決まってしまうといっても過言ではありません。住宅業界を外から見ているとどこも同じように見えるかも知れませんが実は全く違うのです。特に高断熱住宅の技術が未熟で、正しく施工できていない業者が結構多いのが現実です。

その結果、全然暖かくなかったり、壁や屋根に内部結露が起こり問題になっていることなどが、時々業界紙に掲載されます。

※屋根断熱結露の記事(日経ホームビルダー)

我々新住協のメンバーが、現場に行ってずさんな工事例をいくつも見ており、その都度話題になります。そして改善に多額の費用が掛かり悲惨な状況になっているケースもあるのです。

きちんと施工してくれる業者は、どこなのか?チラシやホームページだけではなかなか分からないと思いますが、このような本を読んで、業者選びの参考にして頂きたいものです。

施工事例は、テーマ「リビング階段を中心に家族が程良くつながる家」を掲載しています。

第二回目Q1.0(キューワン)住宅セミナーを開催

4月12日(金)第二回目のQ1.0(キューワン)住宅セミナーを開催致しました。

今回のお客様は、とても勉強熱心な方で、高断熱住宅の研究グループの

新木造住宅技術研究協議会

を色々調べて弊社にきて頂きました。

我々の研究グループが発表した資料を持参するくらい、良い住宅づくりに関心のある方です。

いい家づくりをする基本は、この方のように自分なりに色々調べることが大切です。

とは言っても、すべてが分かるわけではありません。

最終的には、その住宅会社が何を重点に家づくりをしているかということを見極めることだと思います。

そして信頼して家づくりを任せられるか?ということだと思います。

アンケートにも応えて頂きました。

本日は、ありがとうございました。

 

地盤改良工事に着工

3月14日(木)

酒田市若竹町のテーマが、

「小上がり畳のダイニングで居酒屋気分を味わう家」

の地盤改良工事が始まりました。

天候不順が続いて、なかなか着工できなかったのですが、今日からようやく工事が始まりました。

今回は、地盤調査により表層改良工事で、住宅が建つ部分の土の入れ替えをしています。

着工するときは、何度やっても緊張しますね。

さあ、いよいよスタートです。

2月23日(土)新住協市民セミナーを開催

来る2月23日(土)

新木造住宅技術研究協議会主催の市民セミナー

を開催致します。

日時  2月23日(土) ①10:30~   ②14:00~  の2回

場所  山形エコハウス(山形市上桜田3-2-21)

講師  新住協事務局長 会沢健二氏

です。

会沢氏は、新住協の発足時から長年に渡り、高断熱住宅の普及に尽力されて自ら本も出版されています。

高断熱住宅に住んでいる方を、一棟一棟尋ね取材した本当に貴重な体験話が掲載されています。

こんな経験豊富な方が、これからの家づくりで大切なことを、とても分かりや易い言葉で語りかける一般市民向けのセミナーです。

本気で、家づくりを考えている方は、是非参加して頂ければと思います。

 

増築工事進んでいます

2016年4月に完成した、酒田市みずほのテーマが

「ナチュラルに暮らす土間テラスのある家」

の増築工事が進んでいます。

最初から増築する予定ではありませんでしたが、この建物の東側に、結構なスペースが空いています。

今回はここに、約10坪の平屋の住宅を増築します。

今は、基礎工事をやっていますが、今週は、天気もよさそうなので、順調に進みそうです。

まだ展示場巡りを続けますか?

「展示場に行って話を聞いても良いことばかり説明されて・・・

それって、本当に正しいの?

その家、自分たちに合うのかな?

実際に、住んらどうなんだろう?

など等・・・」

家づくりの悩みは増すばかり・・・

だったら、実際に建てた先輩に直接聞いちゃいましょうーーー

そこで、11月3日(土)

「コスモホームオーナー邸訪問ツアー」

を開催致します。

詳しくは、コスモホームの最新情報を見て下さい。

(オーナー邸訪問の様子)

限定三組なので早いもの勝ちですーーーー

8月10日は創立記念日

8月10日は、弊社の創立記念日です。

2000年に創業しましたので、今年で18回目の記念日になります。

2002年12月には、自分の自宅に繋げて事務所を増築しました。

青い玄関ドアが特徴で、その時の事務所内部の様子が下記の写真です。

今の事務所には、2008年9月に完成して引っ越ししましたので、今年で丁度10年になりますね。

いよいよ19年目に突入です。

暑さにも負けず配筋検査

8月8日(水)鶴岡市下川の現場

テーマは、

「室内から雄大な自然を感じる家」

のオーナー様による配筋検査をして頂きました。

基礎部分の配筋は、コンクリートを流し込んでしまうと見えなくなるなります。

もちろん写真でも残しますが、やはりオーナー様が実際に見た方が、よりご納得頂けると思い創業当時からやっています。

明朝は、第三者機関の日本住宅保証検査機構(JIO)による配筋検査です。

セミナー参加ありがとうございます!

7月21日(土)は、

失敗しない土地選びのコツセミナー

賢いお金の借り方・返し方セミナー

の二つのセミナーがあり、一組のお客様がご夫婦で参加して頂きました。

今回もセミナー終了後にアンケートを書いて頂きました。

資金計画で家づくりの全体像を掴む必要があり、資金と土地はほとんど同時進行でやっていかなければなりません。

ただその時いくつかの注意点があります。

その辺の所を、講義の中で伝えて行くようにしています。

家づくりをお考えの方は、是非このセミナーに申し込んで頂けたらと思います。