嬉しい引き渡し式!

12月26日(火)鶴岡市砂田町の

テーマが

「家族の大きな夢が実る家」

-家族を照らす高窓のあるリビングー

の引渡し式ありました。

(玄関ドアは緑、丸窓のスクリーンは黄色。グレーの外壁にとても映えます。)

(冬至の前日でも高窓に陽が当たっています。)

(高窓からリビングの奥まで光が差し込んできます。)

(ソファーの後ろが畳コーナー。畳の色は、黄色です。)

家づくりのこだわりは、明るさを最大限に取り入れたリビングと丸窓を使ったちょっと特徴のある外観。

シンプルながらも自分たちの好みにアレンジしたデザインを望まれました。

東西に細長く間口が約9mの敷地。

隣地の建物が迫る中、一階リビングにいかに光を入れるかが最大の課題でした。

そこで提案したのが、中二階程度の位置に面した南側の高窓。

高い位置の窓は、隣家の屋根を越えた光が、家族が集まるリビングの奥まで十分に差し込んでくれます。

ワンポイントの丸窓は、道路に面した一番目立つ東側に配置。

朝のすがすがしい太陽が、丸窓に沿った光をリビングに注いでくれます。

キッチン前の畳コーナーは、お子さんの遊び場やお昼寝用と多目的に使えます。

まず最初に引渡書をお渡し致しました。

そして、引渡しの記念品と記念樹(ベンジャミン)を差し上げました。

最後はみんなで記念写真です。

奥様は、仕事中なので今日は出られません。

「お兄ちゃんは?」

「遊びに行った。」

んーーーん。残念!

土地探しから始まった家づくり・・・

長い間本当にありがとうございました。

そしてこれからも宜しくお願い致します。

最新型介護トイレは凄い

11月22日のブログで、弊社も「リフォーム工事もやります!」と投稿していました。

今回は、介護用トイレです。

その名も

TOTO 「ベットサイド水洗トイレ

です。

実は、このトイレが凄い!

何と言っても、家の中どこでも水洗トイレを造る事が可能になります。

水洗トイレを造る場合の最大の問題は、汚水を流すための排水の勾配をいかに確保するかです。

この勾配がなかなか取れなくて、設置できる範囲が限定されていました。

それが、汚物を粉砕して強制的に圧送するという方法をとることによって一気に解決してしまいました。

動画とリンクしています。

(TOTO ホームページより)

これによって、いままでポータブルトイレで我慢していた方も水洗トイレが使えるようになります。

ウォシュレットも付いていますので、本当に普通のトイレと同じです。

万が一、何か詰まったら粉砕部分のふたを開ければ大丈夫。

壁からの接続部分をこのように加工すれば、綺麗に収まりますね。

簡単に便器を移動し、ベットサイドに置くことが出来るので使用者が、起きて直ぐに用足しできるのもいいですね。

自宅で介護を考えている方には、とても強い味方になりそうです。

さすが、TOTOさんです。

完成内覧会ご来場ありがとうございます!

12月16日(土)、17日(日)に鶴岡市砂田町の

テーマが

「家族の大きな夢が実る家」

-家族を照らす高窓のあるリビングー

の完成内覧会を開催致しました。

当日二日間とも天気が悪く、この高窓から差仕込んでくる太陽の光を見る事が出来なかったのが、ちょっと残念でした。

外気温は、最低が1℃前後と冷え込んでいましたが、多くの方にご来場頂き、

そして「結構暖かい!寒くないわね。」

と好評でした。

実はここは、エアコン暖房でやっています。

それも、メーカーでいう6畳用タイプです。

一階の広さは約30畳ありますが、全然問題ありません。

何故そんな事が可能か?

それは、弊社がお勧めしているQ1.0住宅だからです。

是非一度リンクして内容を見て頂きたいと思います。

そして、いつものように弊社の多くのオーナーさんもご来場頂きました。

中には、皆勤賞をあげたい方もいますね。

本当に、ありがたい事です。

そして新年早々の1月27日()、28日()に完成内覧会を、酒田市寿町で開催致します。

現場は着々と完成に向けて進んでいます。

準備ができ次第ホームページに掲載させて頂きます。

乞うご期待!

 

 

 

ついに出たマンガ「高断熱住宅新築編」

ついに発行されました。

新木造住宅技術研究協議会発行のマンガの冊子です。

高断熱住宅というと何となくのイメージは湧きますが、理解するのは難しいと思います。

それをマンガにすることによって随分分かり易くなっています。

「このマンガは、平成26年東京秋津に建てられた実際の住宅をモデルにしています。

光熱費や性能計算などは実在するものです。」

という紹介から始まっていきます。

数値的なところは、各地域で違いますのでそこはチョット注意が必要ですが、どうしてこれからの住宅は、高断熱にする必要があるのか分かって頂けると思います。

弊社では、希望される方には無料で提供致します。

特に資料請求された方全員に送らせて頂きます。

12月16日、17日の完成内覧会の会場にも準備しておりますので、気軽にお持ち帰りください。

テーマは、

「家族の大きな夢が実る家-家族を照らす高窓のあるリビング-」

です。

お施主様のこだわりの色選択があちこちに!

とても楽しくなる住宅です。

会場でお待ちしております。!!!

 

2階リビングいいですよ。

2015年3月に竣工した酒田市北新橋のテーマが

~シンプルさを追求したインナーガレージのある家~

の方が住まいの感想をお話ししてくれました。

「2階リビングは快適ですよ。

特に冬は、暖かくで過ごし易いです。

日中外出する際は、エアコン暖房を消していますが、帰宅してもそれ程室内温度は下がりませんね。

帰宅して暖房にスイッチを入れると、直ぐに暖かくなるので不便は感じません。

1階と2階のエアコン暖房を同時に点けるように説明されたのですが、実は、1階は消しています。

暖かい空気は自然に上にあがるので、1階と2階で温度差がでますが、帰宅して直ぐ2階にあがるとほとんど1階に降りてこないので余り気になりませんね。

ただ、夏場は、日射が入らないように工夫しないとチョット暑くなります。

そこは注意が必要ですね。

でも、エアコンをスイッチオンにすれば直ぐに冷えます。

年間の光熱費(照明、給湯、冷暖房)は約20万円です。

月平均約17000円くらいですかね。

お蔭様で、2階リビングで快適に生活しています。」

こんなコメントを頂きました。

2階リビングの優位性を改めてお聞きしましたが、実際に住んでみないと出てこない感想ですね。

特に若い人が住む家は、2階リビングは検討の余地ありだと思います。

ちなみに我が家は、この家の冷暖房面積は約1.2倍くらいあるのですが、光熱費は年間約40万円の2倍かかっています。

完成内覧会12月16、17日鶴岡で開催します!

12月16日()、17日()に鶴岡市砂田町の

テーマが

「家族の大きな夢が実る家」

-家族を照らす高窓のあるリビングー

完成内覧会を開催致します。

現場は足場を解体し、その外観が綺麗に見えるようになりました。

この東道路に面したハザードは、何と言っても丸窓が特徴ですね。

今回の写真では、ちょっと分かりずらいのですが、玄関ドアが緑色になっているのもポイントで、内装も含めポップな雰囲気な住宅になっています。

東西に長い敷地で、南面の隣地の住宅が結構近い位置にあります。

そこで、出来るだけ高い窓から光を取り入れることを考え、リビングの一角の天井高さを3.1m(通常2.4m)にしました。

ここからの光りが結構効き、家全体へと広がっていきます。

キッチン前のフリースペースの畳コーナー。

チョット休憩したり、お子さんのお昼寝には最高です。

リビング階段の上部からも南の光りが、差し込んでくるように工夫しています。

延床面積は31.2坪と決して広くはないのですが、無駄な廊下がないのでそれ程狭くは感じません。

オーナー様は、内装の仕上げのワンポイントの色彩に結構こだわっています。

完成内覧会の見学の際は、是非この辺りも注目して頂きたいところですね。

16日()、17日()お待ちしております!!!

酒田市亀ヶ崎の家施工事例更新しました。

酒田市亀ヶ崎のテーマが、

「リビング階段を中心に家族が程良くつながる家」

施工事例を更新しました。

施工事例に載っていなくて、私が気に入った写真を選びました。

建物正面の木の格子がこの家の外観の最大の特徴。

U字型の中庭にもアクセントとして同じ格子を付けました。

 

家の中心がこのリビング階段で、この場所から各部屋に繋がっていきます。

この家のシンボルです。

吹き抜けがあると家の空間に余裕ができ、ゆったりとした時間を過ごせます。

ウォークインクローゼットがあると服の整理整頓がしやすいですよね。

天気が良い日は、ベランダに出て外の空気を吸って気分上昇!

是非施工事例を見て下さい!

 

 

庄内小僧12月号に「Lien…(リアン)」掲載!

庄内小僧12月号にLienさんの広告がさっそく載っていました。

(クリックすると拡大します。)

大きな写真の下のコメントがいいですね。

▲赤川の桜並木を眺める店内は開放感があり、カフェ風スペースは季節で変わる風景を楽しめる

まったくその通りなんです。

その様子が、お二人の間に写っている借景を見て頂くと分かると思います。

しかしオーナーの齋藤さんご夫婦は、とてもカッコイイですね。

絵になります。

私も、長年の願いであった美容室を造ることが出来たのが、とても嬉しく思っています。

施工事例もアップしましたのでそちらも是非見て下さい。

商売繁盛することを願っています!!!

酒田市新橋の家施工事例更新しました!

酒田市“プレミアムニュータウン新橋三丁目”の

テーマが、

“街角に建つシャープなデザインの家”

施工事例を更新しました。

この住宅は、1階がガレージ、2階リビングになっています。

オーナー様の建物イメージは最初からこのようなシンプルな形で箱型を希望されていました。

そのためこのデザインを美しく見える角の土地探しからから始まりました。

幸い酒田市新橋三丁目に新しい造成地が開発されましたので、その一角を購入して頂きました。

部屋の中も出来るだけシンプルに仕上げていますが、床はナチュラルなパイン材を選択し、チョット変化を持たせています。

2階リビングの最大の特徴は、部屋の採光が取れやすいことですね。

特にこの住宅は、東西南北4方向から光が入ってきますので、1日中明るいリビングになっています。

キッチンを中心に回遊型になっているので、家事動線がとてもスムースなのに加え、直ぐ隣にパントリーもあるので収納がとっても楽です。

リビング繋ぎの和室は、お子様がお昼寝をするには、最適。

実は、ここには母娘でヨガをやるために大きな鏡があるのです。

家族が、とても明るいリビングで笑顔で過ごされている様子が浮かんできますね。

是非施工事例を見て下さい!

付加断熱工事してます!

酒田市坂野辺新田のテーマが

「開放感のあるLDKで、のびやかに暮らす家」

ー見せる収納で保つ美しさー

(2階の正面にこれから付加断熱をしていきます。)

で、付加断熱工事をしています。

付加断熱工事とは、断熱性能を高くするために、建物の外周部に断熱材グラスウール105㎜を詰めることです。

まるで羽毛布団に包まれているような感じになります。

当然建物の内側にもグラスウールを詰めますので、上の写真のようにサンドイッチになり全体で210㎜の厚みになります。

断熱材は、厚みに比例して性能が高くなりますので、とても有効です。

お隣に住むオーナーさんのお父さんが、

「こんなに厚い断熱材だったら暖かいだろうな。

我が家は、隙間風でピューピューだ!」

実家が直ぐ近くにある家は、比較対象できるので建物性能の良さがとても分かり易くなります。

住んでからのお楽しみですね。