20代で建てたシンプルでコンパクトな家

01

・所在地 :酒田市福山
・竣 工 :2007年12月
・敷地面積:73.4坪
・延床面積:33.1坪
・熱損失係数Q値 :1.92

「若い世代の家」をテーマに、構造的にシンプルな大きな一つの箱の住宅を提案。1階は、畳コーナーのあるリビングとキッチン、浴室、洗面の水廻りがあります。建物のバランスを考慮し、ダイニングコーナーは設けませんでした。
2階の大きな部屋は、2人のお子さんが自由に使える将来へ繋がる空間です。小さい内は1部屋で、自分の部屋で勉強するようになったら間仕切りをします。でも本当は、ご主人の趣味の部屋になるかも…。

~お客さまのこだわり~

小さくてもいいから自分たち家族のための家がほしい。まだ20代のご夫婦なので、予算の事も考え、余計なものは出来るだけ省いて、総二階建てのコンパクトでシンプルなデザインの住宅を希望されました。しかし、共働きなので、日中、物干しをするスペースは、確保したい。そして、子どもたちがまだまだ小さいので、お昼寝ができるような畳の部屋があって、明るいリビングになるように工夫してほしいと要望されました。

フォトギャラリー

04 床から天井まで無駄なく利用した大容量の下駄箱。
棚は可動式ですので、その時々に合わせて活用できます。

 

05畳コーナーのあるリビング。あえてダイニングを設けないで、リビングに座って食事をします。

 

06南に面した明るい光が差し込むリビングになりました。

 

092階ホール。正面の黒い建具は、トイレです。壁が白いので一際目立ちます。

 

10 奥さんがどうしてほしいと言った物干しコーナー。
共働き家族には、必須コーナーです。

 

11床は、お施主様ご夫婦が一緒に協力して塗装して頂きました。
家づくりに参加すると、一層愛着が湧きます。

 

12コスト面を考慮して、子ども室の入口とクローゼットの建具を省略してオープンにしました。