仕上げは自分たちで!ナチュラル感あふれる23坪の家

・所在地 :酒田市宮野浦
・竣 工:2010年6月
・敷地面積:-
・延床面積:23.6坪
・熱損失係数Q値 :1.98

敷地は広いのですが、母屋の日当たりや庭の大きさを考えると実際に建てられる建築面積は12坪前後と狭小。でも、何とかして「小さくてもおもしろい家」ができないかとアイディアを出し合いました。明るさと広さを確保するため2階にLDKを計画し、動線も考え、寝室と浴室は1階にして…それだけではおもしろい家にならないのでちょっと段差も作って…と試行錯誤の上に完成したお家です。

~お客さまのこだわり~

ご主人の実家の敷地内に「自分たちの理想の住まいを!」と始まった家づくり。わずか23坪の小さな建物に、たくさんの夢を詰め込むことになりました。塗り壁・塗装など自分たちでできるところは自分たちで仕上げようというご夫婦の想いが伝わってくるナチュラルなお家は、平日の夜も休日も頑張って家づくりをしたご夫婦の努力の結晶です!

フォトギャラリー

段差を利用したダイニング。
リビングの床がそのまま椅子になります。

 

キッチンからの眺め。
アイアン手すりの階段を上がればダイニング、もう2段上がるとリビングがあります。

 

リビングにつくったアイロン台。
 普段は壁に収納されていて使用する時に引き出します。

 

キッチンへの出入り口の曲線はご夫婦でデザインしました。

 

ロフトの大きな窓から見下ろしたLDK。

 

室内の塗り壁は、パテ処理、シーラー、仕上げまですべてご夫婦で行いました。

 

床は自然塗料で仕上げました。

 

家づくりの記念に手形を残しました。

 

塗り壁によくあうアイアンのタオル掛け。

★  “期待を裏切る”家づくり物語はコチラ