リビング階段を中心に家族が程良くつながる家

・所在地 :酒田市亀ヶ崎
・竣 工 :2017年10月
・敷地面積:101.7坪
・延床面積:52.2坪
・熱損失係数Q値:1.37
・外皮平均熱貫流率UA値:0.41

~お客さまのこだわり~

外観に木格子のデザインを施した、外壁の白色とのコントラストが美しいこちらのお家。
内観は赤みのある床材や、濃い茶色の建具を採用し、落ち着きのある空間に仕上げました。リビングに吹き抜けを設けたことにより、実際の広さ以上にゆとりを感じられます。

将来ご両親との同居を見据え、家づくりをスタートしたご夫婦。1階に家族が過ごすスペースと水回り、ご両親の寝室、2階にご夫婦の寝室とお子様のお部屋を、リビング階段を介して4つにエリアが程良くつながる配置に。ご家族が増えても「それぞれが心地よく過ごせる家」になるようご提案させていただきました。
洗濯・干す・収納を一度にできる物干し室と脱衣室のつながりや、洗面所を独立させた水回りの配置がポイントです。

フォトギャラリー

リビングの吹き抜けから太陽の光をいっぱいに取り込める開放的なLDK。

 
リビングの壁に調湿機能を持つ壁紙(エコカラット)を採用。グレーの色合いと質感で上品な印象に。

 
1階のLDKと2階のホールをゆるやかにつなぐ吹き抜け。どこにいても家族の気配を感じることができます。

 
お子様の様子を見守りながら家事ができるキッチンの配置。

 
食器や家電を収納できる造りつけの棚。生活感が出やすい家電類も、扉を閉めればスッキリと隠せます。

 
お家の中心にあるリビング階段。すっきりしたデザインのスケルトン階段と手すりで、空間をより広く感じられます。

 
落ち着いた色合いの洗面台を造作。洗面ボウルが2つあるので、忙しい朝の時間も家族並んで身支度ができます。

 
脱衣室と物干し室の間に設けた造作の収納棚。双方向から洋服やタオルの出し入れができる機能的な造りにしました。

 
こちらは物干し室。
洗濯・物干し・収納を同じスペースでできます。

 
主寝室の壁の一部をグレーにし、アクセントをつけました。壁を照らす照明の優しい光の効果で、心地よくリラックスできる空間に。

 
ご主人の書斎には本や書類をたっぷり収納できる棚を造りました。