“期待を裏切る”家づくり物語 07

 コチラのお宅のテーマは、
「細長い敷地に建つ、薪ストーブがある家」 です。

外観2

薪ストーブのある家に住みたい!
というご夫婦の強い想いから始まったお家づくりです。
新築にあたっては、
ご両親のご家族と同居を始められること、
敷地の間口が約7mで細長いこと、
両隣りの住宅との距離が近くて光が入りにくいこと、
なども考慮してほしいというご要望でした。

 

薪ストーブ

何よりも優先された薪ストーブ。
薪ストーブを建物の中心、リビングの中心に置きました。
暖められた空気は、住宅の二階へと流れます。
人の通り道である階段が、そのまま熱の通り道となるように、階段は、スケルトン、手すりはスリットにしました。
ご覧のとおり、階段は北からの光の通り道にもなっています。

IMG_9466-300x200

IMG_9467-200x300

階段を上った先は物干しが出来るので、乾きにくい冬のお洗濯物もカラリと乾きます。

IMG_0392-225x300

IMG_0378-300x225

二階の各お部屋は、扉を開けておけば薪ストーブの熱で十分な温かさとなります。

 

手造りの家

お施主様は完成の二か月前から薪の準備を始めました。
本来薪ストーブに使用する薪は、二年以上の乾燥させるとススの量が減り、燃焼が良くなるのですが、
今回は、間に合わなかったため今年の分は購入しました。

IMG_5779-300x225

薪ストーブを設置する壁のレンガ積みは、お施主様自身が施工されました。

IMG_9535-225x300

IMG_9555-225x300

お子さんもお手伝いです。

IMG_9603-300x225

床の保護剤もお施主様が塗りました。

IMG_2522-300x225

二階トイレの塗り壁は、苦労されながらご夫婦で完成された力作です。
この塗り壁材の原料は、スイス氷河粘土で、火山灰が堆積した岩からできています。
優れた調湿性で結露を抑え、室内の臭いを吸着する特性をもっています。
今回のように、トイレなどにピッタリです。

IMG_2534-225x300

IMG_9472-200x300

細長い敷地

間口が約7mと狭く、お隣との家の距離も近い敷地。
ご両親の部屋は、将来的なことを考慮し、一階に。
とかく細長い敷地の場合、一階の部屋は暗くなりがちです。
そこで、最も道路に近く明るい場所に配置。

IMG_9508-200x300

曇りの日でも、日中は照明はいらないかもしれません。

IMG_0360-225x300

こちらの部屋には、ご両親だけが在宅のときのために、簡単に点火でき、熱量のムダが少ないFF式ストーブを設置しました。
また、玄関に最も近いので、お友達のご訪問にも便利です。
靴箱は、お住まいになるご家族の人数に合わせ、大き目にしました。

IMG_0363-225x300

薪ストーブのあるリビングは、敷地の奥となるため、光をとれる東側をL型にし、採光がとれるように工夫しました。

IMG_9514-200x300

今回の建物も、くつろぎの場所となるリビングの照明は、一室複数灯にし、
食事、家族団らん、寛ぎ、テレビを見るシーン、などさまざまな場面を楽しめるようにしています。

IMG_0353-300x225

IMG_0356-225x300

IMG_0413-225x300

こだわりの照明は階段へと続きます。

IMG_0390-225x300

子供部屋は、高い位置の窓で光を採ります。

IMG_0365-225x300

主寝室も、明るく。

IMG_0369-225x300

主寝室の奥には、大きな収納をご希望だったので、ゆったりとしたウォークインクローゼットを配置。

IMG_0374-225x300

主寝室の隣にも、家族全員が使える大きな納戸も併設しました。

IMG_0380-225x300

薪ストーブの暖かな炎が、家族の笑い声を包む、お住まいです。

IMG_9473-200x300