企画室:小野寺 裕子

コスモホームで建てた家に住む一人のユーザーとして、お客さま目線で向き合える「相談相手」になりたいです。

【所属・役職】 企画室
【名前】小野寺 裕子 (おのでら ゆうこ)
【誕生日】 11月22日生まれ さそり座
【血液型】AB型
【出身】 庄内町
【入社】 2018年11月
【資格・特技】 色彩検定3級 漢検2級 和太鼓 ピアノ ジェルネイル
【お休みの日は何してる?】
コロナ禍前は、子どもと一緒に遊びに行ったり、趣味の和太鼓のイベントに参加するなど外出することが多かったです。最近はYouTubeのゲーム実況を流しながら、溜まった家事を消化して過ごしています。週末の献立は冷蔵庫の在庫一掃ができる「ポトフ」か「シチュー(時々カレー)」が定番です。

■仕事内容を教えて下さい

お客様からのお問合せの対応やご案内、住宅設備の提案などの打合せを担当しています。

また、弊社発行の情報誌《コスモホーム通信》の編集長として、情報誌やSNSでの情報発信も私の仕事です。最近では《コスモTube》の編集に四苦八苦しています。

主に社内での事務仕事が中心ですが、たまに現場に行くこともあります。

社内の観葉植物の手入れが日課です。
 
 

■この会社(業界)に入った理由はなんですか?

一番は2013年にコスモホームでお家を建てたことです。

家族みんな「コスモホームのお家」を気に入っていて、建ててからしばらくは訪ねていらっしゃるお客様を家に上げては、あれやこれやと家の中を案内していました。

お家を建てた後も感謝祭やBBQに参加して、コスモホームとのお付き合いが続いていました。

企画室の求人内容を見て、ユーザーとしての体験を活かせることや、得意分野であるデザインのスキルを磨くことができると思い応募!

会社の雰囲気はよくわかっていたので、迷いはなかったです。

入社してみて、先輩やお取引業者の方々も親切にしてくださるので、毎日楽しくやっています。
 

 

■「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

今まで何度となくお会いしていたお客様と会えなくなる寂しさと、無事工事が終わってお引渡しができる喜びとが入り混じるお引渡し日。

お引渡しの様子を写真におさめながら、皆が笑顔になる瞬間を見た時に「この仕事をやってて良かった」と感じます。

 

■今の仕事で大変なところ・気をつけているところは

お客様との打ち合わせでは、居心地、利便性、デザインなど生活がしやすい空間づくりの提案を心がけています。

例えば住宅設備の仕様であれば、私自身の日々の生活から「あの機能はつけておけば良かった」「この引き出しはこんな風に使っています」というように失敗談も含めてお話させていただいています。実際の生活を伝えることで、よりイメージしやすくなると思っています。

電話やメールでのお問合せ対応をすることも多いので、お一人お一人の話をよく聞き、お客様の状況に応じたより良い対応ができるよう気をつけています。

 

■今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

お客様にとって、家づくりは一生に一度のとても大きなイベントです。
「コスモホームで建てて良かった!」と言っていただけるような家づくりのサポートができればと思っています。
プライベートでは、大好きな東京ディズニーシーを時間を気にせず満喫するのが夢です。