“期待を裏切る”最高の提案

“裏切る”という言葉は決して良い言葉ではないかもしれません。

しかし、私たちはあえてこの言葉を使います。

「あぁ、どこかで見たような提案だ……」
「この前ハウスメーカーに出してもらったプランと同じだな……」

こういった“思った通りの提案”ではなくお客さまの期待を知り、満足感の臨界点を超えるプランを実現する。

結果、“期待を裏切る”という言葉にいきつきました。

このページでは、そんなコスモホームの“期待を裏切る”最高の提案がどういったものかをお伝えいたします。

まず、お客さまのご希望の家を建てるためには……
いえ、お客さまの“期待を裏切る”ためには、“期待を知る”ことからはじまります。

ですので、「とりあえず簡単でいいからプランを描いてよ」ということは、私たちにはできません。
一度お客さまのご要望・想いを全て受け止めた上で、コスモホームなりの“期待を裏切る”提案をさせていただきます。

新しい核“住まいのテーマ”を見つける ~プランニングシートについて~

コスモホームでは“期待を知る”ため、お客さまのことをより理解するために、ご要望をお聞きするだけではなく、プランニングシートを採用しています。

じっくりとご要望・お話を聞く前に、家づくりの“テーマ”を決めるためです。

そもそものお客さまのご要望、面と向かって話すと中々言い出せないこと、生活についてのお悩み、イメージは出来てはいるけど口ではうまく言い表せないこと……

そういった様々なことを考慮して、また、お話をお聞きするスタッフによってクオリティが左右されるのを防ぐためにも、お客さまにプランニングシートのご記入をしていただいています。

例えば…

「薪ストーブを取り入れたプランを考えてもらいたい……」
「愛車をリビングから眺めながらお酒を楽しみたい……」
「ドラムを思いっきり叩けるような防音室が欲しい……」
「子どもが、いつでも気軽にできるようなボルダリング設備を作って欲しい……」
「お気に入りの家具を生かした住まいづくりをしたい……」

というような、
部屋ごとにやりたいこと、
家族・個人でやりたいこと、
家全体としてやりたいことを、プランニングシートに思いのままに書いてください。

そのプランニングシート拝見しながらヒアリングさせていただくことで、
家づくりにおいてここだけは絶対に“譲れないこと”や
“やりたいこと”という“新しい住まいの核”になるもの、
【住まいのテーマ】を一緒になってお探します。

「ちょうどいい住まい」を実現するための“期待を裏切る”提案

では、次にどんな提案が“期待を裏切る”ということなのかを詳しくお話したいと思います。

“期待を裏切る”とは… お客さまの期待を知り、満足感の臨界点を超えるプランにすること、価格を含めた「ちょうどいい住まい」を実現することです。

家づくりの核、“住まいのテーマ”となるものをイメージするところからコスモホームのプランニングははじまります。

例えば、“住まいのテーマ”が【車好きのご主人のための広い家】だとします。

広く住みたい、だけどガレージも欲しい…当然、敷地は限られています。
普通の提案であれば、“ガレージをあきらめる”もしくは“ガレージはあるけれど建物が小さくなる”という選択肢になるはずです。

しかし、コスモホームではどちらも生かす方法として、“ポーチ型ガレージ”をご提案します。
それなら建物自体を小さくすることなく、愛車を雨風からしのげるガレージも確保することができます。

上記は、あくまで一例ですが、このようにお客さまの「こんなことは無理でしょ?」「多分こういう提案だろうな…」というあきらめや、予測の気持ちを裏切ることが「ちょうどいい住まい」の実現につながるのです。

他にも、家の中心に中庭がある、スタジオ付の家、お子さまのためのプレイルーム、薪ストーブを生かしたリビング、お気に入りの家具を生かした内装、階段スペースを利用した本の収納確保、オリジナルのキッチンやお風呂…

見せ方の工夫・生活スタイルの工夫で、プランも大きく変わります。

お客さまの“期待を裏切る”こと、ひいては新しい家での“新しい生活スタイルの提案”が「ちょうどいい住まい」に繋がるのです。

お客さまインタビューはコチラをクリック

感性に響くプランニング

私たちが建築のプロだからこそ、ご提案できる感性に響くプランニングがあります。

  • …光の入り方ひとつで、部屋全体の明るさが全く違います。
  • …窓の位置が少し違うだけで、外観の美しさに影響します。
  • …キッチンの目線の高さを少し変えるだけで、家族の笑顔が見えるようになります。

そういった、“建築のプロならではのご提案”も考慮しながら、「ちょうどいい住まい」を実現するために“期待を裏切る”提案をさせていただいてます。

こだわりの“さりげない裏切り”

“さりげない裏切り”も心がけています。

例えば、棚などのちょっとしたデザインも工夫をすること、細部にもこだわっています。
トイレ・玄関・階段…細かなところにさりげない「えっ?そんなこともできるの?」ということもご提案させていただきます。

また、提案とは少し違いますが、“さりげない裏切り”という意味では、定期的に発行している情報誌『コスモホーム通信』やイベントも「コスモホームがそんなことやるの?」といった“さりげない裏切り”の要素があるので是非とも家づくりと共に楽しんでいただければ幸いです。

以上のような“期待を裏切る”ご提案を通して、私たちコスモホームではお客さまそれぞれにとっての、価格面をふくめた「ちょうどいい住まい」をご提案いたします。