ブラインドのメンテナンス

ブラインドのお手入れはどのようにされていますか?

今日は簡単なお手入れ方法をご紹介します。

用意するもの

①ビニールシート ②小さいホウキ ③ゴム手袋 ④軍手 ⑤台所用中性洗剤 ⑥バケツ

⑦雑巾

1.ブラインドの下にビニールシートを敷きます。(洗剤の液だれで床を汚さないように)

2.ハネやコードのホコリを小さいホウキで落とします。

3.ゴム手袋の上に軍手を重ねて、バケツに用意した洗剤溶液に浸します。

ハネを数枚指に挟み、滑らせながら表面の汚れを拭いていきます。

4.全体を雑巾で水拭きして、ブラインドを下ろしたまま自然乾燥させます。

ハネで手を傷付けないように、またハネを折らないようにご注意ください。

 

 

 

トイレの詰まり解消

トイレの詰まりって経験したことがあるかと思います。

先日、私も事務所のトイレを詰まらせてしまい、ラバーカップの御世話になりました。

ラバーカップはトイレやキッチンなどの排水孔が詰まったときに使う道具です。

通水カップとか、パッコン、スッポンなどとも言います。

トイレが詰まると慌ててしまい、つい水を流して、祈るような思いで水面をにらんでしまいます。

皆さんは以下の順番で、冷静に対処して下さい。

①透明のビニールシートに穴を空けてラバーカップの柄に通します。

 (便器の水が跳ね上がるのを防ぎます)

②ラバーカップが浸るぐらいまで水がない場合は、バケツに水を汲んで足します。

 ※タンクの水は決して流さないで下さい。あふれる場合があります。

便器の排水孔にラバーカップを密着させ、静かに押し付けて勢いよく引きます

このとき引く動作が大きすぎないように注意してください。

 排水が引き込まれるまで繰り返します。

 詰まりが取れたようなら、バケツの水を流してスムーズに水が流れるか確認します。

 いきなりタンクの水を流す前に確認しましょう。

 それにしても詰まったトイレが流れた瞬間ってなんもといえないですよね。

by Ito

[blogmura]

シャワーヘッドとフック交換

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

年末年始休みに浴室のシャワーヘッドとフックを交換しました。

まだオムツをしているウチの子供のお尻洗いの際、シャワーを持ちながらお尻を洗うと自分にかかったり、シャワーヘッドを落としたりといつもうまくいかなくて、何かいいものがないかと腰を上げた次第です。

ホームセンターの水周り用品売り場で交換用のシャワーヘッドで止水ボタン付のものと吸盤タイプのシャワーフックを購入しました。

今回、元のシャワーヘッドを回して外し、新しいヘッドを付け替えるとサイズがたまたま合ったので交換に1分もかかりませんでした。

(商品にはヘッドとホースを接続するアダプターという部品が2種類ついていました。どちらかを使うと合うはずです)

フックはお尻洗いにちょうどよい高さに取り付けしました。

普段はため息の出るお尻洗いですが今から楽しみです。

交換前のシャワーフック。

止水ボタン付のシャワーフック

床から50センチぐらいにつけました。

[blogmura]

by Ito

トイレのメンテナンス(便座編)

トイレ掃除はいつも行っていると思いますが、便座の隠れた部分はなかなか手が出せないところですよね。

便座が外せることはご存知せしたか?

事務所のトイレで実践してみました。(便座の機種はパナソニック ビューティートワレ CH803です)

道具は以下の通りです。

柔らかい布、薄めた中性洗剤、綿棒、歯ブラシ、ゴム手袋

作業は以下の手順で行います。

①便座のコンセントを抜く。

②便座本体を取り外す。

本体脱着ボタン(上の写真の四角いグレーのボタン)を押したまま、本体の両端部を持ち上げて、手前に引くと便座が外れます。

③隠れた便器の部分を拭く

便座を手前にずらして、本体固定板やその周りの汚れを拭取る。

④便座をタンクに立てかける。このとき便器がすべるので落ちないように注意して下さい。

⑤便座の裏の汚れた部分を綿棒等でかき出して、拭取る

注意1 エチケットポイント発光部は水をかけないで下さい。

注意2 アクアコート吹き出し口は故障の原因になるのでさわらないで下さい。

 便フタも外れるので隠れた部分まで拭取りましょう

⑥便座本体を取り付ける

 カチッと音がするまで上から押してしっかり固定されたことを確認して下さい。

⑧脱臭用フィルターの掃除

本体脱着ボタンのとなりにある脱臭用フィルターをつまんで引き出す。

歯ブラシなどでホコリを落として元の位置に戻す。

詳しくは、取り扱い説明書やメーカーのホームページを参照してください。

by Ito

[blogmura]

サッシの掃除しました

サッシのお掃除は普段どのように行っているでしょうか?

特にやっていない方がほとんどじゃないかなぁと思います。

まずは実践ということで、事務所のサッシを掃除してみました。

道具は以下の通りです。

   ①ウェス、輪ゴム、割り箸

   ロウソク、

   雑巾

①の材料でいわゆる〇〇棒を作ります。

掃除前のサッシ。外側のサッシ枠に枯葉やホコリが溜まっています。

サッシ枠の溝に溜まった汚れをかき出します。

細かい部分を歯ブラシでさらにかき出します。

サッシ枠の外側の下部に、このような排水用の小窓があります。

ゴミで塞がらないように、普段からチェックしましょう。

次に、戸車が走るレールにロウソクを塗り、窓を数回開け閉めします。

レール上にこびりついた汚れがロウといっしょに取れます。

仕上げに、メラミンスポンジで拭取ります。

最後に、枠に残ったゴミを掃除機で吸い取ります。

かなりきれいになりました

窓ガラスは雑巾に中性洗剤を少量加えた水を染み込ませて硬くしぼり、拭取ります。

ようやく窓1箇所が終わりました。

事務所の残りの窓は年末の大掃除にとっておくことにします。

by Ito

[blogmura]

応急措置

事務所の正面のサッシから雨漏れしていたので、シリコンで隙間を塞ぎました。

手順は以下のようにしました。

①サッシの汚れを拭取ります

②シリコンを打つ位置を決めたら、マスキングテープを貼ります。

 ※マスキングテープはサッシに密着するようにしっかり貼りつけます。

③シリコンをガンに装着し、ノズルの先をカッターで切り取ります。

  ※ノズルの先を切り取りすぎると必要以上にシリコンが出てくるので、はじめに小さく切り取ってから搾り出してみて調整しま     

  す。

④コーキングヘラでシリコンを均します。ヘラは一方向に一気に動かすようにし、マスキングテープをはがしたときにシリコンが、

 なだらかになるようにします。

⑤マスキングテープをはがします。

 ※シリコンがあちこちにつかないように、テープを何かに巻きつけるようにします。

シリコンが固まる前に、うっかり誰かがさわってしまわないように注意書きもお忘れなく!

(私は忘れていました)

雨漏りは止まりました。

使用した材料、工具

・コーキングガン ・シリコンシーラント ・マスキングテープ 

・カッター ・コーキングヘラ ・雑巾

[作業中に下校途中の小学生に「ごくろうさまです」と声をかけられる伊藤]

by Ito

[blogmura]

 

我が家の健康状態は?

お引渡しから1年目のお宅に点検でお邪魔しました。

私たち住宅会社の方でいろいろな項目をチェックしながら点検をするわけですが、

毎日の生活を送っているお客様に、如何にご自宅の健康状態に関心を向けられるように

お話できるかで、これから5年、10年後の住宅の状態が大きく違ってくるのだろうと思います。

今日のお客様は何点かメモに書き残したことを聞かせていただきました。

実家で飼っている猫を撫でていたときに、なんとなくできものがあるのに気づいて、医者に連れて行くと

病気にかかっていたという事がありました。

住宅も毎日のお掃除に始まり、いろんなところを触ったり、臭いを嗅いだり、押してみたり・・・とアクションをおこしてみると

気づく事が出てくると思います。そのときに疑問に思う事があれば,コスモホームに電話していただくか、メモを取って、点検

の際にお聞かせください。

これから点検にお伺いするお宅でもいろんなお話ができればと思います。

[blogmura]

by ito

「メンテナンスに伺いました!」

本日客様宅にメンテナンスでお邪魔しました。

メンテナンスでは外部から基礎や外壁、換気扇フードの詰まりなどを、

室内からは床下の配管をチェックしたり、乾燥状況などを確認します。

それ以外にお客様からの聞き取りを行い、不具合があれば必要な修理をします。

メンテナンスは私たちスタッフがチェックしたり、業者さんに補修などをしてもらうことで

大切な住宅の維持につながりますが、住まい手の皆様にも、ご自宅に改めて目を向けて頂くことで

普段の手入れの仕方の確認や不具合の早期発見につなげて頂きたいという目的もあります。

メンテナンスのご連絡は、該当する時期にお客様へ往復はがきにて行っています。

本日は換気扇の羽根のクリーニングの方法を改めて説明させていただきました。

by Ito

[blogmura]

一気に均して下さい

実家の浴槽まわりのコーキングが劣化して、隙間がでてきたので打ち直ししました。

新しくコーキングをするのは何度か仕事で経験していたので、打ち直しもきれいに除去すれば問題ないかなと思い、

早速取り掛かりました。

コーキングとはサッシまわりや、キッチンとタイルの隙間などに詰めるシール材です。

これによって部材と部材の隙間から水分が浸入するのを防ぐことができます。

今回準備した道具は、カッター、コーキング剥がし、ニッパー、コーキングヘラ、マスキングテープ、

コーキング材、コーキングガン、新聞紙です。

ホームセンターでコーキングとコーキング剥がしを買ってきて、そのほかはすでに持っていたものを使いました。

現状はこんな感じです。見難いですがコーキングが劣化してヒビが発生しています。

手順① まず、浴槽まわりのコーキングをきれいに除去します。

     カッターでコーキングの周囲に切れ目を入れ、ニッパーで引っ張ります。

     このとき、コーキングがこま切れになると引っ張り出すのが大変なので、なるべく一本のまま取り出すようにします。

     コーキング剥がし(写真右端)は今回カッターで除去できたので使いませんでした。

     ポイントは古いコーキングをなるべくきれいに取り除くことで、新しいコーキングの付着もよくなります。

手順② 次にマスキングテープをコーキングする目地のまわりに等間隔に貼ります。

     マスキングテープは一本の直線を継ぎ足ししないで一気に張るようにします。

    出来れば曲がり角も一本のテープを切らずに貼っていくと、テープを剥がすときに楽です。

手順③ コーキングを打ちます。今回は浴槽まわりなので、シリコン系の防カビタイプを使いました。

     カラーは浴槽の色や既存のコーキングの色に合わせて選んでください。

     コーキング本体をコーキングガンにセットし、目地に入り込むように絞りだします。

     コーキングの量が少ないと隙間や穴が開く事があります。多すぎてもヘラで均す時にマスキングテープからはみだしてしまうので注意してください。

    (私はいつも多すぎて均す時に大変なおもいをしています。)

手順④ コーキングを打ち終わったら、ヘラでコーキングを目地に押し込みながら、表面をなめらかに均していきます。

    ヘラはスプーンの先のように丸くなっているので、マスキングテープにコーキングが残らないように 『一気に』

  くどいようですが『一気に』ヘラで均してください!(笑)

    そして、一度打ち終わったコーキングをヘラで修正するときは、水でヘラを濡らして行ってください。

   (濡らさないとヘラにコーキングが付着して収拾が付かなくなり、泣きたい気分になってきます。)

手順⑤ 最後にマスキングテープを剥がします。

     ポイントは打ち終わったらすぐにテープを剥がすことです。

     コーキングが固まりはじめると剥がしたテープといっしょにくっついてくるので仕上がりが汚くなります。

 

 コーキングの基本は断面が丸く、ゴトゴトしていないことです。水はけにも影響します。

 材料はホームセンターで手に入るものばかりですので、是非挑戦してみて下さい。

byIto

[blogmura]