Q1.0住宅の特徴の付加断熱施工中

酒田市こあらのテーマが

「並ぶ窓から四季折々の風景を眺める家」

の外壁周りの工事をやっています。

弊社の住宅性能の最大の特徴である付加断熱工事をやっています。

ピンク色のグラスウールを建物全体の外壁に張っています。

もちろん、建物内側にも同じ断熱材を充填しますので、結果的に下の写真のようにダブルになり210mmの厚みになります。

床は、50mmの厚みのグラスウールで付加断熱をしますので、全体で155mmになります。

写真では分かりずらいのですが、上の図のような仕組みになります。

熱負荷計算すると、この付加断熱が、消費エネルギー軽減にとても効果があることが分かります。

新築住宅を建築する場合は、このクラスの断熱性能は必須ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です