建て方終了し、その姿が見えてきました。

酒田市相沢のテーマ

「アウトドアの準備がワクワクする家」

の建て方が終了し、建物全体の姿が見えてきました。

今は、付加断熱の準備をしています。

付加断熱とは、建物の外壁全体をグラスウールですっぽり覆うことです。

これが、実は断熱性能向上には欠かせないのです。

言ってみれば、ダウンジャケットで包まれているような状況になります。

これから、寒さの厳しい冬を迎えますが、このように断熱材を施工している現場では、現場内に暖房設備は不要です。

もちろん、現場で静止していると多少寒いのですが、職人さんたちは、通常活発に動いています。

そのため、作業している間は、それ程寒さを感じません。

現場の職人さんたちが、この建物の性能の良さを実感できる瞬間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です