東京散策3

2月9日東京に行った際また東京散策をしてきました。

今回は六本木界隈を廻ってみました。

六本木と言えばやはり六本木ヒルズですね。

ここには、『森美術館』があります。

元ライブドアの堀えもんが住んでいる事でも有名ですが、家賃がいくらするのやら・・・

今回の一番のお目当ては、国立新美術館です。

この作品は、建築家黒川紀章の作品です。

このガラスの曲線が大きな特徴です。

この建物の特徴は、なんと言っても、中に入ってのこのアトリウムです。

この解放感は圧巻です。

※アトリウム(atrium)は、ガラスやアクリルパネルなど光を通す材質の屋根で覆われた大規模な空間のこと。

この逆円錐形は、カフェとレストランになっています。

右側が展示場になっています。

国立新美術館は、独自の所蔵品を持たない美術館のため、常設展は存在せず常に企画展になっています。

多くの企画が同時に展示されていました。

実は、この廊下の片隅で、しばらく冬の陽だまりを楽しんできました。

私にとっては、とても贅沢な時間です。

何故かこのドアの取ってに惹かれしまいました。

すぐ近くに東京ミッドタウンがあり、そこには、『サントリー美術館』があります。

このように六本木界隈には、美術館が三つあります。

六本木という狭い地域に三つも美術館があるなんて、文化都市ですね。

そしてどこも人で混雑していました。

東京に来る楽しみは、狭い地域で色々な建物を見ることができるところです。

本当に東京は、建物の宝の山ですね。

by kakizaki

[blogmura]

東京散策3” への2件のコメント

  1. 降りそそぐ自然光の温かさとアトリウムのダイナミックさが写真から伝わってきます。特にエスカレーター付近の写真の床に映る『格子状の影』がとっても美しいと思いました。

    私は照明は“電球による人口光”だけだと思っていましたが、そうではなく“窓ガラスによる自然光”も照明の一種なんだということに気付かされました。

    PS. 出張で宮城県に2週間に行ってきましたよ(^^)ノ。
    オフ日に宿泊先である松島を散歩していると、崖の上の土地に新しい感じのオシャレな家が建っているのが見えました。

    「キレイな家だなー」と思い近づいてみると…一部崖が崩れて危険な状態になっていました。周りをよく見渡すと地盤が弱い土地のようで周辺の道路にはたくさんのヒビが入っていました。…土地選びがいかに重要なことであるかを学びました。

    その後しばらく歩いていたら気付くと周りには田んぼしかなくて、泣きそうになりながら2時間くらいトイレを探して散歩してました(笑)

  2. Kazuki Sato 様
    コメントありがとうございます。
    家を建てるときは、地盤は本当に注意が必要です。
    東日本大震災でも、千葉の浦安方面が液状化現象で問題になっています。
    実は、約30年前浦安地域に住んでいました。
    その当時から海の埋め立て地の街ですので地盤が弱いであろうことは言われていました。
    しかし、まさか今回のような現象になるとは、私も想像出来ませんでした。
    酒田も地盤は決して良くありません。
    そして、庄内地震がそう遠くない将来発生するのではないかと言われています。
    土地を選ぶ際は、今まで以上に地盤の事を念頭に入れておく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です