地盤調査

コスモホームの西村です。

今日は地盤調査の現場に立ち合わせてもらったので、そのことを書きたいと思います。

 

設計段階で、計画中の敷地の地盤強度を確認しておく必要があります。

それは、基礎の形を布基礎するかベタ基礎するか、それとも地盤改良が必要でそこに費用をかけなくてはいけなくなる事を、実施設計段階で抑えておく必要があるからです。

 

当社が地盤調査をお願いしている会社は山形市に

本社を置き、宮城・山形を調査範囲にしています

 

これが自動で、鉄杭を回転させ鎮めていく機械です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが先端のドリル部分です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械の上部で合計100kgあり、地盤が弱いところは、回転させる前に100kgの付加だけでドリルが沈んでいくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

写っている機械の裏側のモニターです。

 

 

深さ25cmずつドリルの回転数を記録して、

深さ0~25cmで20回転

深さ25~50cmで30回転

深さ50~75cmで35回転

と25cm進むあたり、回転数が増えるにつれて地盤強度がたかい増しているといえそうです。

 

 

 

25cm進むまでに、ドリルが50回転以上するとその深さは地盤強度が充分確保できている事になります。

ただ、深さだけが絶対ではないようで、土の細かさや粘土質だったり土の質などや

層の深さ・地下水位があるかなど、様々な要素で地盤の強度が決まるそうです。

 

今回は、どんな結果が出るのか楽しみです。