NEW BOX 2015

コスモホームの高橋です。

つい先日、Panasonicさんの主催している新作機器の展示会「NEW BOX 2015」に行ってきました。

私は初めて参加したわけですが、私からしてみれば「おぉ~!進化している!」のレベルではなく、すべてが新鮮で、気が付けばこんなにカタログをいただいていました。image1

見学が終わってからは、「快適なあかりの空間をつくるための照らし方」がテーマのセミナーが一時間ほどありました。弊社でも一室多灯の照明で提案させていただいているので、壁からどのくらい離すのがベストなのか、どこにあかりを持ってくれば良いのかなど、具体的な内容で、とても勉強になりました。

一時間では全然足りない!!というのが本音ですね。image2

残念ながら会場内は撮影NGということでしたので、入り口だけでも。
来年あたりにもう一度行くと、前年と比較できるのできっとまた違う見方ができるのだと思います。

蜂の巣構造

コスモホームの高橋です。

今日は現場に行きながら建具屋さんの作業場に少し寄ってきました。
亀ヶ崎の現場の建具を丁度製作しているところで、その様子を少し見せていただきました。

写真は建具の面材を張る前の下地の様子です。
木の枠に網の目の材料が入っています。
一瞬、蜂蜜をとる道具のようにも見えますが、違います!

FullSizeRender (2)

中に入っているのは「ハニカムコア」と呼ばれる材料です。
蜂の巣のような構造になっていて、素材自体も軽く、強度も優れている材料です。

FullSizeRender
実際に上から手で押してみましたが、とても丈夫でした。表面しか知らないことも多く、中の構造がどうなっているのか見るのも勉強です。

外壁に変化が!

おはようございます。
コスモホームの高橋です。

先日の社長のブログにもありましたが亀ヶ崎の「広い庭を360度楽しめる家」ではタイル工事がたくさんあります。
内部だけでなく外壁にも石材の外壁を施します。

まずは出隅部分を決めます。
IMG_6208出隅が決まれば続きの部材を収めていくのですが、これが結構大変なんです。
間に入る目地が大きすぎても駄目だし、かといって目地のラインが揃っているのもおかしい。
次の次に入る部材の納まり方も決めながらタイルを張っていきます。

社長も自らバランスをみて決めていきます!
IMG_6210ちなみに、一ケースにこのような感じで大きさが不ぞろいな部材がいくつも入っています。
IMG_6216そして、やはりベテランの左官屋さんは違います。
慣れてくると作業も早く、かっこよく納まっています。
最終的に大事になるのはセンスだそうです。
引き続きお願いします!!

FullSizeRender