その洗剤、中性ですか?

手作りの社内情報誌「コスモホーム通信」の中でも特に好評なコーナー

「誰でも出来る!お住まいのメンテナンス講座」は、

おそらくコスモホームの中で一番器用な伊藤が、

家のお手入れ方法について書いています。

今月発行予定の011号では、

大掃除の時期ということで、窓のお手入れ方法を紹介することに。

掲載用の写真撮影のため、実際に事務所の窓を掃除してみました。

その様子は、12月11日の伊藤ブログでUPされています。

で、私の本題です!

・・・

道具をばっちり揃えて、2人で掃除を始めました。

伊藤先生「中性洗剤を水で1~2%に薄めてください。」

アシスタント村上「(1パーセント?ワンプッシュでいいか。)はい。入れます・・・あ。」

アシスタント村上「ごめんなさい、これ中性洗剤じゃないです!」

事務所で使っている食器洗い用洗剤を用意していたのですが、

(肌のうるおい流さないタイプです)

(↑クリックすると拡大します)

成分表示の液性の欄に「弱アルカリ性」と書いてあったのです。

私はずっと、食器洗いの洗剤=中性洗剤だと思い込んでいました。

思い違いです。

表示はちゃんと確認するべきだなーと思いました!

中性洗剤と思い込んで掃除に使用して、故障の原因にでもなったらガッカリですよね。

で、急きょ・・・

会社にある中性洗剤ということで、

トイレマジックリンにスポットが当たりました!

こんなことでもない限り、トイレ以外で活躍することは無いであろう洗剤です。

(↑クリックすると拡大します)

下段から2段目の枠内に「液性/中性」と書いてあります!

掃除後、かすかにミントのさわやかな香りがする窓になりました!

[blogmura]

by murakami

お家のお手入れしてますか?2

今回は、前回に引き続いて【お手入れエコセミナー】のお話です。

セミナーではクリナップ作成の【ぴかぴか読本】の冊子をいただきました。

メインテーマは、水回り、特にキッチンのお手入れでした。

毎日使う水回りは、汚れやすい!ですよね。

けど・・・その分お手入れもしやすいんです!

毎日、目が届くので汚れにも気づきやすい → 気づいた時に汚れを取れば・・・きれいなまま!!!

と、言いたいですがそうもいかない忙しい日々。。。

でも、毎日続ければ習慣になります!

と言うことで、一日の終わりに乾拭き習慣おススメです。

このひと手間を行うことが、きれいを保つ一番の方法だそうです。

溜めこんだ汚れを落とすよりは、お手軽ですね☆

「溜めこんだ汚れ」で思い浮かぶのが、レンジフードのフィルターです。

これは、実演がありました。

まずは・・・シンクの排水溝のごみ受けにビニール袋をかぶせて、シンクのフタが完成です!

シンクに水を張り、フィルターを置き、少しずつ洗剤を増やしていきます。

洗剤は、汚れがスッと落ちた時が適量です!

この方法なら、大きな洗い桶が無くてもストレスなく洗えますね!

ストレスも汚れも溜めないことが、一番ですね。

そろそろ春が近づいてきましたね、ぜひ新年度・新生活にプラスして、

新習慣☆乾拭きをお試しください!

by murakami

[blogmura]