なつかしい物

伊藤です。

自宅を片付けていると、折り畳みの椅子がでてきました。

私が中学生の時に技術の時間に作った椅子です。

30年以上前に作った時のことが思い出されます。

ホゾに隙間ができたのが気になっていました。

それでも壊れていないので、ときどき使いたいと思います。

この三角の木は・・・

伊藤です。

只今、自宅のリフォーム中です。

写真は既存のフローリングの上に下地を設置したとろこです。

よく見ると左と右の厚さがかなり違います。

床が写真の右側のほうが左側より約3センチ下がっています。

リフォーム工事では珍しくないのですが、床が傾いている場合、このように下地の厚さを調整し

て、新しい床が水平になるようにします。

床の傾きがあるということは建具枠も傾いていることが考えられます。

大工さんや建具屋さんの技術で傾いた床を水平にしたり、建具に隙間ができないようにしたり

することができます。

リフォームの現場を見ると新築工事では経験できない、いろいろなことを教わることができす。

 

 

それにしても傾きすぎ

 

経験量の豊富な大工さんに助けられています