エコ住宅基礎講座in酒田

伊藤です。

1月21日(土)に酒田市総合文化センターで高断熱住宅についての一般の方向けのセミナーgが開催されました。

先週から庄内の景色も雪一色に変わり、改めて冬の寒さを思い知らされている中で、「夏涼しく、冬暖かい快適な家」、「暖房エネルギーを節約できる家」、「建物の温度差が少なく、体にやさしい家」の作り方を聞けるとあってか、会場は30席がいっぱいになる盛況ぶりでした。

講師の(社)新木造住宅技術研究会(略して新住協) 統括事務局長 理事の会澤さんは私たちコスモホームも所属する新住協で、日々高断熱住宅の普及に取り組んでおられる方です。

出来るだけ日射を取り入れ、少ないエネルギーで温めた建物内を高性能断熱で包み込んで熱が逃げにくくする。換気扇も熱交換タイプを採用することで、寒い外気を温めてから、室内に供給する。

このような住宅を作った場合、実際どのぐらいの燃費(灯油の仕様量)で一冬をすごせるのかを熱計算ソフトで〇〇リットルと数値で表す。

コスモホームでは何年もこのやり方で高断熱住宅を作り、性能を数値で表してきました。

会場は講義が終わってからも質問で行列ができるほどで、参加者の高断熱住宅への関心が伺えました。

一度聞いただけではなかなか理解できないかもしれませんが、「暖かい家に住みたい」のは、誰でも一緒です。DSC_0011

なくならないモノ

伊藤です。

新年、明けましておめでとうございます。

本年もブログ更新がんばりますので、よろしくお願い致します。

長めの年始休みがありましたが、あっという間に1月も後半に入りました。

ところで、私が現場に持ち歩く道具の一つに小さい指矩があります。

ポケットに入るサイズで、現場のちょっとした寸法を計ったり、定規代わりに重宝しています。

自分でもモノをすぐに無くす才能があると認識しているのですが、この指矩は何度もなくなっ

ては、見つかり自分の手元にもどってきます。先日は現場で落として10日余り経ってから少し

サビついてみつかりました。なくなっても、またもどってくるこの指矩。今もズボンのポケットにあ

るかなとさがしてみると入っていない・・・制服の胸ポケットからでてきました。002