狭いところに潜り込み・・・

伊藤です。

秋も日に日に深まり、日中の気温も20度に達しない日がでてきました。

以前から実家のリフォームを考えていたのですが、小屋裏に潜って梁の大きさなどをチェックし

ようにも、蒸風呂のような狭いところに入る気力がなく、涼しくなるのを待っていました。

というわけでようやく小屋裏の環境が人が入れる状態になり、気の済むまで小屋裏を観察する

ことができました。

なぜこのような蒸風呂空間が出来上がってしまうかというと、天井断熱になっていることと、小

屋裏の換気ができていないためです。

勾配天井や小屋裏収納などができるのは、屋根断熱のおかげです。

しばらくの間は、小屋裏解禁が続きます。

 

20161010-21

 

お引渡し・地鎮祭

伊藤です。

9月28日に午前に飛鳥の新築工事地鎮祭を行い、、午後に光ヶ丘の新築工事お引渡しを行いました。大安だっだのでちょうど同じ日に重なりました。

私の担当させて頂いた新築工事も春から工事していた2棟が終わり、秋から冬工事の新築工事を着工に向けて現在準備しているところです。

そろそろ雪が降る時期までに完了させたい工事の段取りを考える時期になり、今年もあっという間に過ぎ去っていきそうです。img_3214

パースの完成予想図が現実の建物になり

 

p1000996新たに新築工事が始まります