トイレのメンテナンス(便座編)

トイレ掃除はいつも行っていると思いますが、便座の隠れた部分はなかなか手が出せないところですよね。

便座が外せることはご存知せしたか?

事務所のトイレで実践してみました。(便座の機種はパナソニック ビューティートワレ CH803です)

道具は以下の通りです。

柔らかい布、薄めた中性洗剤、綿棒、歯ブラシ、ゴム手袋

作業は以下の手順で行います。

①便座のコンセントを抜く。

②便座本体を取り外す。

本体脱着ボタン(上の写真の四角いグレーのボタン)を押したまま、本体の両端部を持ち上げて、手前に引くと便座が外れます。

③隠れた便器の部分を拭く

便座を手前にずらして、本体固定板やその周りの汚れを拭取る。

④便座をタンクに立てかける。このとき便器がすべるので落ちないように注意して下さい。

⑤便座の裏の汚れた部分を綿棒等でかき出して、拭取る

注意1 エチケットポイント発光部は水をかけないで下さい。

注意2 アクアコート吹き出し口は故障の原因になるのでさわらないで下さい。

 便フタも外れるので隠れた部分まで拭取りましょう

⑥便座本体を取り付ける

 カチッと音がするまで上から押してしっかり固定されたことを確認して下さい。

⑧脱臭用フィルターの掃除

本体脱着ボタンのとなりにある脱臭用フィルターをつまんで引き出す。

歯ブラシなどでホコリを落として元の位置に戻す。

詳しくは、取り扱い説明書やメーカーのホームページを参照してください。

by Ito

[blogmura]

上出来と不出来

来年のコスモホームは、お客様とふれあうイベントを開催したいということで、社内でいろいろと準備を行っています。

その中で、子供さんが参加して楽しんでいただけるものとして、スライム作りはどうかということになりました。

担当者の私は、早速インターネットで作り方を調べ、材料を購入しました。

作りながら気が付いたのは、「よく考えると、スライムってさわったことがない・・・」ということ。完成形がよく分からないまま作ることに・・・

肝心の伸び具合や、手にくっつくのか?同じものを何度もつくれるのか?とかわからないことがいろいろ出てきて、

まずは、試作品を社内で見てもらうことにしました。

とりあえず、説明どおりに作った第1号(緑色)は伸び方もよく、なかなかの作品に。

「ちょっと柔らかいバージョンも」と作った第2号(黄色)は、洗濯のりを混ぜた容器でホウ砂水溶液を作ってしまい、ダマができてぜんぜんなめらかに伸びない

作品になりました。

 

第1号 (伸び具合が、スライムらしく、上出来!)

第2号 (手についたスライムが失敗を物語っています)

イベントまで恥ずかしくないスライムをお見せできるように研究します!

by Ito

[blogmura]

サッシの掃除しました

サッシのお掃除は普段どのように行っているでしょうか?

特にやっていない方がほとんどじゃないかなぁと思います。

まずは実践ということで、事務所のサッシを掃除してみました。

道具は以下の通りです。

   ①ウェス、輪ゴム、割り箸

   ロウソク、

   雑巾

①の材料でいわゆる〇〇棒を作ります。

掃除前のサッシ。外側のサッシ枠に枯葉やホコリが溜まっています。

サッシ枠の溝に溜まった汚れをかき出します。

細かい部分を歯ブラシでさらにかき出します。

サッシ枠の外側の下部に、このような排水用の小窓があります。

ゴミで塞がらないように、普段からチェックしましょう。

次に、戸車が走るレールにロウソクを塗り、窓を数回開け閉めします。

レール上にこびりついた汚れがロウといっしょに取れます。

仕上げに、メラミンスポンジで拭取ります。

最後に、枠に残ったゴミを掃除機で吸い取ります。

かなりきれいになりました

窓ガラスは雑巾に中性洗剤を少量加えた水を染み込ませて硬くしぼり、拭取ります。

ようやく窓1箇所が終わりました。

事務所の残りの窓は年末の大掃除にとっておくことにします。

by Ito

[blogmura]

漆喰に触れる

12月8日、仙台のメディアテークに行きました。

DESIGN WEEK IN SENNDAIという東北のデザイン団体による、イベントで、今年で10回目になるそうです。

その中のワークショップの企画で、「ナカGと漆喰(しっくい)で遊ぼう!!」というコーナーで漆喰塗り体験をしてきました。

ナカGこと、中島ノブヤ氏は㈱イケダコーポレーションの仙台営業所所長で、天然スイス漆喰や自然塗料の営業をしている方です。

今回、一般の方に天然漆喰に触れてもらうということで、素焼きの鉢に漆喰をスプーンで塗り、石や、ビーズを貼りつけてオリジ

ナルの鉢を作って、持ち帰ることができるという企画でした。

素焼きの鉢を水で濡らして、漆喰をスプーンで塗ります。

石やビーズを埋めこんで出来上がり。

一週間くらいで固まります。

壁塗りの要領でコテで石膏ボードに漆喰を塗る体験もしました。

参加した皆さん、コテを握ると夢中で思い思いに漆喰を塗ったり、模様をつけたりしていました。

漆喰は始めから水で練ってあるので、開けてすぐに塗る事ができます。

DIYで自宅を塗り壁仕上げにしたい方は、楽しいのでぜひ挑戦していただきたいです。

by Ito 

[blogmura]