できることから!

夜、仕事を終えて帰ろうと外に出ると、蛙の合唱が鳴り響いていました。夏ももうすぐそこまで来ています。

山形方式節電の説明会に行って来ました。

東京電力圏のみならず、日本中で夏の電力使用量を抑えようとして、いろいろな動きが出てきています。

東北でも発電所の地震による被害で、例年規模の電力使用量が賄い切れない事が予測され、山形県でも、各業界や一般県民に節電に協力を呼びかけて行くようです。

その節電運動の準備として、5月25(水)、5月31(火)に節電の社会実験を行います。

闇雲に節電を呼びかけるよりも、今から実験的に節電の効果をシュミレーションしてから本格的に対策を立てようということのようです。

出来ることからとにかく【実行】あるのみですが、特に使用量が増える重点時間帯である[13:00~15:00]、[17:00~19:00]が、がんばりどころです。

一人一人の力は小さいものでもみんなで協力すれば不可能なことも、なんとか乗り切れるはずです。

良いことは気兼ねせずに真似してみましょう。

ちなみに自宅では冷蔵庫の扉の内側にもう一枚ビニールのカーテンを下げて2年程たちますが、効果はあるようです。

byito

[blogmura]