「南東北の高断熱住宅」第2号特集記事座談会

4月29日(日)に

「南東北の高断熱住宅」の第1号が発行されました。

年明けに、この第2号が発行される予定です。

その特集記事の座談会が、10月19日にありました。そのお題は、

(ユーザー向けの)「造る側のホンネのアドバイス」

です。

ユーザーさんの色々な失敗談が披露されました。

「新築後に、始めて新木造住宅技術研究協議会を知ってしまった。高断熱住宅を建築すればよかった。」と後悔の声。

「高断熱住宅と言われた住宅だが、家が寒い。」

「断熱診断したら、大きな隙間があちこちにあった。」

その他にも、新木造住宅技術研究協議会で勉強している施工仲間では、到底考えられないような実態が明らかになっていました。

どんな形で、この座談会の特集がまとまるのか…

私たちは、ホンネで会談してきました。

発行は、来年1月31日の予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)