鶴岡市文化会館「荘銀タクト鶴岡」を見学

8月26日(日)鶴岡市文化会館の「荘銀タクト鶴岡」を見学してきました。

この日は、この建物の設計をした世界的建築家

妹島和世氏

のデザインセミナーがあり、この設計の趣旨を聴いてきました。

今回のセミナーには、妹島氏自身が率先して参加したいという意向で実現したそうです。

(クリックすると拡大します)

工事費の事で、賛否両論があった今回の建築。

私は、これからの文化都市鶴岡を考えた時に、きっとプラスの方向に評価されると信じています。

この建物の特徴は何と言っても、今まで見たことがない屋根の形です。

流れるような曲面の屋根を幾重にも重ねています。

こんな発想どこから来るのでしょうね?

その屋根形状決めるために、模型で色々挑戦しています。

こんな努力の結晶が、今回の「荘銀タクト鶴岡」になりました。

私は、素直にとても格好がいいと思います。

建物は屋根形状で決まるんですよね!

室内から見た時の屋根の形状がとても特徴的です。

屋根が重なった形状です。とても不思議な印象を受けます。

大ホールは、ワインヤード型の客席と言ってとても珍しいスタイルです。

客席が一列に並んでいませんね。

そして、客席が急勾配。

上からも良く見えます!

妹島氏が、後半の演奏会の時、私の席の直ぐ近くにいたので、チョコット写真を撮らせて頂きました。

こんな素晴らしい建築が、地元庄内に完成したことは、私は、とても誇らしく思います。

観光名所になる事間違いなし!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)