新住協研修会参加

8月22日仙台に新木造住宅技術研究協議会の研修会に参加して来ました。

理事長の鎌田紀彦室蘭工業大学名誉教授が今年7月23日に

「本音のエコハウス」

を出版されたのを記念して三回の研修会を開くことになり、その第一回目が昨日開催されました。

今は、もう当然のように言われている

「高断熱高気密」という単語は、この先生が初めて言った言葉です。

その高断熱高気密住宅は、どんどん進化し、今は

Q1.0(キューワン)住宅

という形になりました。

Q1.0住宅とは簡単にいうと、国で決めた暖房エネルギーの半分以下で済む断熱性能を持つ住宅の事をいいます。

その性能は、レベル1~4に分かれていて、最も性能がいい建物は、国基準の10%くらいで済むことも可能です。

ここまでくると殆んど無暖房住宅と言えるレベルですよね。

技術は、ここまで進化しています。

これからの家づくりは、

Q1.0住宅

で建築することをお勧めしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)