パナソニックの新商品発表会に参加

6月13日仙台の夢メッセみやぎの会場で、毎年恒例のパナソニック新商品発表会NEW BOX 2018に参加して来ました。

私が、このイベントに初めて参加したのは、今から丁度10年前です。

その当時、まだダウンライトや間接照明がまだ一般的でなかったのですが、パナソニックさんがメーカーとしてそれらの照明方法を会場で説明していました。

私は、それを聴いてえらく納得し、弊社もその方法を何とか取り入れたいと思い、それ以来照明はパナソニックさんを中心に選択しています。

10年前は、LED照明はなく、蛍光灯と白熱灯が主流でした。

しかしその後、一気にLED照明が開発、販売され今では、LEDしか会場には展示されていません。

10年ひと昔といいますが、ホント時代の速さを感じますね。

今回時に面白かったのが、洗面化粧台です。

L字型に設計されており、フット置き場もあります。

チョット贅沢な空間ですが、女性にとっては憧れのスペースなのではないでしょうか。

この度のNEW BOX参加の大きな理由は、実は講習会の出席でした。

新建新聞社の三浦祐成社長の

「生活者の住宅ニーズと売れる家・売れる工務店」

と題しの講演です。

家を売るための大きなポイントが、生活の暮らしの「不」をつぶすこと。

不快

不便

不衛生

不経済

など等沢山あります。

それらを住宅の中でどうのように解決し、どのように伝えていくのか。

それぞれの住宅会社の課題です。

最後に経営の神様松下幸之助氏の言葉を引用していました。

特に、私は二番目の

「客の好むものを売るな。客のためになるものを売れ。」

という言葉に感動しました。

この言葉を信じて地道にやって行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)