“この「家」にしてよかった。”の本発行

“この「家」にしてよかった。”

の本が市ヶ谷出版から今年2月19日付けで発行されました。

この本は、室蘭工業大学名誉教授の鎌田紀彦先生が、代表理事をしている新木造住宅技術研究協議会の統括事務局長の会沢健二氏が書かれた本です。

(会沢健二氏)

内容は、新住協が薦めているQ1.0(キューワン)住宅に実際に住んでいる方の“生の声”を届けたいという趣旨で出版されました。

というのも、Q1.0住宅事態の指名度が低く、その良さが伝わらず、社会に広がっていないという現実があるからです。

住宅を評価する一番いい適任者は、やはり実際に住んでいる方たちです。

会沢氏が、全国20組の家庭を訪問し、出来るだけお話を装飾しないで伝えようとしています。

中にはとても感動的な内容もあります。

家づくりは、まさしく一生に一度です。

家づくりの先輩の声を聴いて、これからの参考にして頂けたらと思います。

この本は、アマゾンで買えます。

本体900+税

です。

新住協に問い合わせして頂いても結構です。

家づくりに失敗したくない方は、必読ですよ。

このシリーズ第二弾には、弊社のオーナーさんも登場致します。

出版がとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)