土地を決める前に建物契約?

先日ある不動屋さんの社長と最近のハウスメーカーの土地の購入の仕方が話題になりました。

昔は、土地を決めてから建物の請負契約を結ぶのが普通でしたが、最近は、逆だそうです。

とにかく、土地が決まる前に土地が決まることを想定して、請負契約を結ばせるそうです。

そんな話を聞いて

エーーーーーーーーーーーーーーー???????!!!!!!!

とても信じられませんでした。

『だからトラブルが結構多いのよ』

『ひどい時なんが、土地の契約日が地鎮祭なんてこともあるんだよ!』

ありえなーーーーーーーい

大手ハウスメーカーは、ほとんどが企画型住宅です。

ですから、いくつかのパターンを想定し、決められた価格で販売できるようです。

しかし、あまりにもアバウトすぎる。

ハウスメーカーもここまで来たか

という感じです。

住宅を購入するお客様は、初めてですので、『住宅購入なんてこんなものか』

と思うのかもしれません。

本当にこれでいいのでしょうか?

まー簡単といえば簡単です。

家づくりなんて煩わしいだけだと思っている人にとっては、とても楽な選択肢なのかも知れません。

しかし、自分たちの一生を左右するかもしれない人生にとっての最大の買い物ですので、もう少し考えた方が宜しいのではないでしょうか。

人によって価値観の差はありますが・・・

私は、よくお客様に言います。

『家づくりは、絶対に業者任せはダメですよ。

内容を良く吟味して下さい。』

『そうは言っても、専門的なことは、分からないし・・・・』

まさしくそのとおりです。

だとするならば、本当に信頼できる業者を探すことです。

それが本当に難しいことです。

しかし、最近は、インターネットなどを工夫すれば、結構情報を集めることができます。

ネットの情報がどれほど信用できるかという問題もありますが、そこは、各人の判断です。

とにかく、家づくりは、依頼する業者によってまったく変わってくると言っても過言ではありません。

契約をするまでは、本当に

慎重に、慎重に、慎重に

しかし、決めたら

大胆に

とにかく、契約を迫ってくる業者は要注意です!

業者を決める一つの方法は、

『実際に建てた人からその業者の評判を聞くことです。』

これは、結構参考になると思います。

ちなみに、弊社の場合は、土地が決まらなければ、プランニングはしません。

というより、出来ません。

その土地の形状や近隣との関係性や法規など、いろいろなことを吟味しながら設計していきます。

土地も決まらないで、建物を決めていくなんて、まったくの素人です!

他人事とはいえ、とても、腹が立ちます!

by kakizaki

[blogmura]

土地を決める前に建物契約?” への2件のコメント

  1. 私は仕事柄ハウスメーカーに関わることが多いのですが、やはり“利益重視”&“事なかれ主義”の傾向が強いと私は感じてしまいます。すべてのハウスメーカーがそうだというわけではないんでしょうが…
    「仕事はスピード重視でよろしく。お客さんは建築の事なんてわかりはしないから」というスタンスには疑問を感じずにはいられません。

    『この家は 家族の日々作られていく大切な思い出&日々描かれていくストーリーの舞台である』ということを建造に関わる人達全員が想像しながら取り組んでいけたらステキだな~(^^)

    PS.日曜日友達と一緒にかまくらを作りました。思った以上に重労働で大変だったけど、完成した秘密基地の中ロウソクの暖かな明かりに包まれて飲むビールは…体の芯まで冷えました笑

  2. Kazuki Sato様
    コメントありがとうございます。
    んーーーーーーん。
    かまくらの中のビールですか。
    美味しそうですね!
    実は、先日、数年前の大雪の時に、一番下の息子とかまくらつくりをしたことが話題になりました。
    しかし、そのかまくらは、側溝の上につくったため、とても臭くて、入れたものではありませんでした。
    『あれはひどかったね!』と今でも言われます。

    家は、その地域、その土地に合わせて建築していくのがいいのではないかと、私は思っています。
    そして、自然の力を利用しながら。
    住宅が、全国一律の既製品のように販売されていることに、違和感を感じます。
    我々のように、地域密着型の企業がもっともっと頑張らないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)