感動!国立西洋美術館でル・コルビュジエ展

建築界の世界の三大巨匠の一人、ル・コルビュジエ展が上野の国立西洋美術館でありました。

ある会で東京に行く機会がありましたので、チョット足を延ばして10月10日に見に行ってきました。

この国立西洋美術館は、日本で唯一ル・コルビュジエが設計した建物です。

本人が、設計した建物の中でその本人の芸術作品を展示するという、とても珍しいケースだと思います。

その題は、『ル・コルビュジエと20世紀美術』

です。

ル・コルビュジエは、建築家であると同時に芸術家(画家・彫刻家)でもあります。

というより、芸術の延長線上で、建築設計をしていたように思えます。

才能のある人は、こんなもんなんでしょうね。

多くの建築家は、建物は本人が設計しますが、その中に置くものや、壁のデザインなどは、他の人に任せる場合が多いものです。

しかし、コルビュジエは、全て本人がデザインしていきます。

ですから、一つの統一された感があります。

美術館は、なかなか写真が撮れないので、お茶しながら、中庭を映してきました。

心が豊かになります。

つい本も買ってきてしまいました。

西洋美術館は、有名な絵画や彫刻が常設展示場にあります。

しかし、今回は余り時間がなかったので、見ることができませんでした。

今度またゆっくり・・・

by kakizaki

[blogmura]