足元が温かいのは最高

実は、これペチカ(瀧野コルク工業)という足用の保温グッズです。

電気を使っていません。

中には細かいビーズが入っているため抜群の保温力があります。

生地が伸縮するため、ビーズの柔らかな刺激が足裏には心地よく、汚れたら家で洗うこともできます。

我が事務所は、断熱性能が悪く、暖房をしても、足元まで暖気が行き渡りません。

今年は、例年になく寒く、足元が冷えるのと、昨年秋に、右足にヒビが入った部分が少々うずき、困っていました。

そうしたら、新聞でシニア良い品というコーナーで紹介されていたのが、この商品です。(別にシニアでなくても良いような・・・)

すぐに、インターネットで購入。

使ってみると、もーーーーー最高。

手放せません。

人は、足元があったかいと何故かほっとするものです。

家の中も同じように、足元が暖かくならないかなーー

で開発されたのが弊社でも採用している 『床下暖房システム』です。

上の図は、そのシステムのイメージ図です。

床の下に、温水パネルヒーターを設置し、家中を温める仕組みです。

この暖房の利点は、

①ファンを使わないので、空気の流れがゆっくりと自然である。

②床の表面温度が約20℃前後になり、床の上に肌が直接ふれても低温やけどの心配がない

③窓際の冷気(コールドドラフト)を緩和させる

などがあります。

よく床暖房ですかと尋ねられることがありますが、全然違うものです。

床暖房は、床その物を、温水や電気で温めます。

床暖房の大きな欠点は、床の表面温度が高いため、最初のうちは、心地よいのですが、長時間皮膚をつけていると、低温やけど をする可能性があるのです。

窓際の冷気を抑えることも出来ません。

この暖房システムが一番優れているのところは、なんと言っても床の下からゆっくりと温まっていくことです。

正確にいうと、寒くないという表現のほうがあっているかも知れません。

一番寒いこの時期にこの暖房のありがたさが身に沁みる季節です。

是非みなさんにお勧めしたい暖房システムです。

by  kakizaki

[blogmura]