“この「家」にしてよかった。”の本発行

“この「家」にしてよかった。”

の本が市ヶ谷出版から今年2月19日付けで発行されました。

この本は、室蘭工業大学名誉教授の鎌田紀彦先生が、代表理事をしている新木造住宅技術研究協議会の統括事務局長の会沢健二氏が書かれた本です。

(会沢健二氏)

内容は、新住協が薦めているQ1.0(キューワン)住宅に実際に住んでいる方の“生の声”を届けたいという趣旨で出版されました。

というのも、Q1.0住宅事態の指名度が低く、その良さが伝わらず、社会に広がっていないという現実があるからです。

住宅を評価する一番いい適任者は、やはり実際に住んでいる方たちです。

会沢氏が、全国20組の家庭を訪問し、出来るだけお話を装飾しないで伝えようとしています。

中にはとても感動的な内容もあります。

家づくりは、まさしく一生に一度です。

家づくりの先輩の声を聴いて、これからの参考にして頂けたらと思います。

この本は、アマゾンで買えます。

本体900+税

です。

新住協に問い合わせして頂いても結構です。

家づくりに失敗したくない方は、必読ですよ。

このシリーズ第二弾には、弊社のオーナーさんも登場致します。

出版がとても楽しみです。

外構工事でますます格好良く…

酒田市“プレミアムニュータウン新橋三丁目”の

テーマが、

“街角に建つシャープなデザインの家”

外構工事が出来上がりました。

打ちっぱなしの塀がシャープな家のデザインにとても似合いますね。

今回植栽は、金木犀(キンモクセイ)を選びました。

金木犀は、中国原産の常緑性樹木で秋に小さなオレンジ色の小花をかたまって咲かせます。

金木犀の一番の特長は、花の放つ心地よい芳香です。

葉は、楕円形で先っちょが少しとんがっており、ややぶ厚く革のような質感があります。

庭木や公用樹として広く植えられており、ごく普通に見ることができます。

刈り込んで形を整えやすいので、垣根にも適しています。

花が咲く秋が楽しみになってきました。

建ってきました!!!

酒田市緑ヶ丘のテーマが

「シンプルな動線がつくる居心地の良いリビング空間」

の建て方が始まりました。

23日一日で建物の形が概ね見えて来ました。

外観のイメージは、白のシンプルなデザイン。

そして内観も基本は白で、ナチュラル感を楽しめる自然木が少しあるイメージがいいですね。

ご主人のこだわりは、スケルトンのリビング階段。

これが家の中心のデザインになり居心地に良いリビング空間になってほしいね。

奥様のこだわりは、やはり水廻り。

キッチンには、パントリーを設け清潔感がある料理し易い動線をご希望されました。

又2階の浴室の脱衣室と洗面化粧台は別々にし、物干し室もしっかり確保されました。

こんなお客様のこだわりがありました。

これらのご要望をいかに形にしていくか。

私たちの仕事です。

着々と工事は進み始めました。

 

サンワカンパニーのショールーム視察

先日、社員と仙台市に行く機会があったので、サンワカンパニーさんのショールームを観て来ました。

仙台のショールームは、昨年冬完成したばかりで、とても綺麗な展示場でした。

サンワカンパニーさんは、主に水回りの機器を中心に輸入している会社です。

キッチン、洗面、風呂・・・

シックなイメージのショールームの内装。

とてもスタイリッシュなキッチンです。

こちらのキッチンは、プロが使う厨房機器ですが、とてもデザイン性に優れていました。

弊社でも、サンワカンパニーの商品を提案することもあるので、社員一同店内を興味津々で見て回りました。

家づくりの中でも、水回りは結構気にかかる部分です。

時々こういうところで、最新情報を得ることも大切ですね。

もし仙台に行く機会がありましたら、ちょっと寄って見てはいかがでしょうか?

「キッチンを囲んで家族の会話が広がる家」施工事例更新

酒田市寿町のテーマが

キッチンを囲んで家族の会話が広がる家

の施工事例を更新しました。

この家は、キッチンを中心に家族が集まり、会話を楽しんで頂くコンセプトでスタートしました。

キッチン廻りの雰囲気を味わって頂けるように写真を掲載致します。

いかがでしょう。

何となくの全体のイメージを掴めるでしょうか。

詳細については、施工事例のコメントを参考にして頂ければと思います。

緊張のプレゼンテーション

先日、プランのプレゼンテーションを行いました。

プランをお客様にお見せする瞬間は。お互いに緊張するものです。

期待と不安が入り混じった空気が漂います。

しかし、気に入って頂けると一気に春の雪溶けのように、お互い和やかになります。

この瞬間がたまりませんね。

今回は・・・

お陰様で、喜んで頂きました。

また楽しみが増えましたね。

オーナーズインタビュー更新

2016年4月に完成した三川町成田様邸のテーマが

「高天井リビングのリゾートハウス」

-4世代が暮らす6LDKの家-

オーナーズインタビューを更新しました。

家を建てるきっかけや、どんな住宅に興味を持つかは、オーナー様によって千差万別。

このようなインタビューを通じて初めて知ることも結構あります。

今回も色々な発見がありました。

是非読んで頂きたいと思います。

嬉しい嬉しい引き渡し式!

3月26日(月)酒田市坂野辺新田で

テーマが

「開放感のあるLDKで、のびやかに暮らす家」

ー見せる収納で保つ美しさー

の引渡し式がありました。

お客様にとっても、私たち施工者にとっても一番嬉しい瞬間です。

ご主人「弊社への最初のきっかけは、コミュティ新聞で広告を見たから…」

奥様「ホームページを見たから…」

それぞれアプローチの仕方は違ったようですが、どちらも弊社の建物を気にかけて下さいました。

本当に有難いことです。

家づくりは、引き渡して終わりではありません。

ここからが始まり!

色々分からないことがありましたら、遠慮なく仰って頂ければと思います。

最後は、現場担当者の高橋と記念写真です。

全員いい顔してます!!!

ちなみにご主人は、昨晩子供の頃の遠足の前日のような気分になり、なかなか寝付けなかったそうです。

そこまで言って頂けるとは、

トホホ

住宅会社冥利に尽きます!

嬉しい!

ありがとうございました。

ご来場ありがとうございました!

3月17日()、18日()の二日間、酒田市坂野辺新田で

テーマが

「開放感のあるLDKで、のびやかに暮らす家」

ー見せる収納で保つ美しさー

の完成内覧会を開催致しました。

多くの方にご来場頂き本当にありがとうございました。

2階リビングという事もあって、

「とても明るいですね~。そして広い!」

「エアコン一台でこんなに暖かいのですか?」

という感想が多かったです。

建物のデザイン性と性能を実感して頂いた会場でした。

今回も、いつものように多くのオーナー様にも来て頂きました。

「半信半疑でしたが、雪の多かった今年の冬でも、一階の6畳用エアコン一台で十分暖かったです。」

と、住み心地の感想を頂きました。

このような実体験のお話は、今後の施工方法の参考になります。

というのも、計算上と実生活とは必ずしも一致しないので、現実的には、色々な状況が想定されます。

しかしながら、概ね弊社が思っている方向性の環境になっていると思っています。

この家のオーナー様もいらっしゃいました。

「引っ越しが待ち遠しいね。」

ととても楽しそうに言って頂きました。

このようなお客様の顔を見ると本当に嬉しくなります。

ご来場頂いたお客様そしてオーナー様、ありがとうございました。

 

いよいよ明日から完成内覧会!

いよいよ明日からの17日()、18日(日)の二日間、完成内覧会を開催致します。

場所は、酒田市坂野辺新田

テーマは、

「開放感のあるLDKで、のびやかに暮らす家」

ー見せる収納で保つ美しさー

です。

お客様のこだわりは、2階リビングで、ダイニングとキッチンが横に繋がり一体感のある開放的な空間にしてほしいでした。

そしてキッチンは、オープンスタイルにし、背面に見せる収納棚を設置しそこに好きな食器を並べて眺めて見たい。

外観は、凸凹を余り出さないで、すっきりとしたシンプルなデザインで、どこかしら、店舗のようなお洒落な雰囲気に見えたらいいね。

内装は、ぬくもりのあるナチュラルな感覚にしたい。

と、お客様のイメージがある程度出来上がっていました。

そこで弊社は、

この家の特徴は、何と言っても2階は開放感があるLDKになるので、できるだけ余分な壁を設けず、視覚的に広がりをもつ空間にするようにしました。

(階段の向こうに、家族が集うリビング空間が広がります。)

南側に大きな窓を設け、冬の季節の太陽の光が室内の奥まで浸入するように工夫しました。

(南の光りが差し込む様子)

(リビングの一角に和室コーナー)

2階リビングは、夏場はどうしても暑くなり易いので、西陽を避けるため、西側には窓を設けていません。

その変わり光を補うため、キッチン裏の北窓からの間接光がリビングに入るように高窓を設置し室内の明るさを確保してあります。

(キッチンの高窓を通して、北からの淡い光を確保)

(キッチンの近くにあるご主人願っての書斎コーナー)

外観は、敢えて2階部分を少し持ち出すことにより、シンプルさの中にも何気ない変化を持たせてました。

雪も解けてようやく春らしくなり、行動し易い季節になりました。

是非ご家族揃って完成内覧会に来て頂ければと思います。

お待ちしております!!!