酒田市髙山様邸「5000冊の本と暮らすカフェバーダイニングのある家」

 voice5-1ご主人= 奥さま=奥  インタビュアー: 柿崎=

【お客様】髙山竜介様
【住所】山形県酒田市
【引渡し】2013年4月
【土地面積】73坪
【延床面積】39.6坪
【熱損失係数Q値】1.54
【インタビュー】2013年8月3日

 

◆私たちの希望にプラスαのアイデアが返ってくる事がすごい!

 

voice5-2:髙山さんと最初にお会いしたのは当社の完成内覧会でしたね。どんなきっかけで来ていただいたのですか?

:私の上司が自宅をコスモホームさんで新築し、その完成内覧会のチラシをいただいたので見学に行きました。

:実際に建物を見てどんな印象でしたか?

:その当時、私たちはアパート住まいでしたから、いずれは家を建てたいなぁとは思っていましたが、近々建てるという意識はなかったんです。
でも、コスモホームさんの完成内覧会を見ていくうちに、新築っていいなぁという憧れと、自分の家が欲しいなぁという気持ちが芽生えるきっかけになりましたね。

voice5-3:その後も完成内覧会を何度かご覧になって頂きましたが、最終的に当社を選んでいただいたのはなぜですか?

:ひとつは、コスモホームさんの建物がかっこ良くておしゃれで、他のハウスメーカーさんにはない魅力があったからです。
そして、もうひとつは…縁でしょうか。その上司の完成内覧会に行った時、妻と柿崎さんが仕事で顔見知りだったということがわかったり、その後も偶然会う機会があったりで。不思議とご縁を感じました。

:そうでしたね、あの時は驚きましたよ!
仕事上とはいえ、実は私の方がご主人より先に奥さんと出会っていました(笑)
髙山さんが初めて完成内覧会にお越しいただいたのが5年前ですから、住宅についての構想期間も長かったですよね。
デザイン性にも大変こだわっていらっしゃいましたが、新築すると決めた時、具体的にどんな家を望まれていたのですか?

g_voice5-4:私は趣味で集めた約3,500冊のマンガ本を全部並べて置くことが夢でした。アパートにはスペースが無く、ずっと実家の段ボールの中にしまいっぱなしでしたから。これからも増えていくであろうと考え、とにかく大容量の本棚が欲しいなぁと思っていました。

:今回は、家中のスペースを有効に使って5,000冊に対応した本棚が実現しましたね。
本棚以外にも、リビングなどいろいろなところに棚をデザインさせていただきましたが、いかがでしたか?

:ちょっとした棚があるだけでアクセントになり、それだけでだいぶ印象が違いますね。

:小物を飾る楽しみもあって、大変満足しています。

g_voice5-6


:ありがとうございます。他にもいろいろなデザインを提案させていただきましたが、我々の提案の仕方、提案力についてはいかがでしたか?

voice5-8:コスモホームさんの提案力については、最初からすばらしいなと思っていましたし、よくこんな提案ができるなと感心していました。

:例えばどんなところですか?

:一番は階段下の読書コーナーですね!ここに本棚を作るなんて、家の要望を書いた時はまったく想像していませんでした。それと、ガレージの造りも満足しています。

:私たちも5,000冊対応の本棚なんて初めてですから、
どう納めるか悩みましたよ。
それと玄関前のオープンガレージは、
雨や雪にも濡れず、家と車を行き来できるようにと少し広めに設計しました。

g_voice5-9:まだ小さい子どもがいますから、今までは雨の日の車の乗り降りが大変だったのですが、このオープンガレージには大変助かっています。買い物の帰りも便利です。


他に我々の提案で思いがけないところはありますか?


:ロフトを2部屋に仕切っていただいたことですね、あの空間はとても気に入っています。

柿:当社の家づくりで一番大切なのは、お客様と会話でキャッチボールがすることなんです。こちらから1つ提案したら、お客様からこうしたいという希望をいただいて、するとまた新しいアイデアを出して…と、デザインがどんどん発展していきますからね。

:そうなんです!コスモホームさんはこちらが希望したことを伝えた通りにつくるんじゃなくて、そこにプラスアルファの提案をしてくれるので、とても満足していました。

g_voice5-12

:私も提案していただいた中にお気に入りがたくさんあります。
玄関ホールの凹凸のあるタイル仕上げの壁や、リビングの壁と天井の一部に床材を貼ったり、ニッチの背板に床材を選んだのもおもしろいですよね。
あとは、玄関上のキャットウォークをすごく気に入っています。

そうですか、キャットウォークは玄関ホールに光を取り入れるためと、1階と2階の空気の循環をうながすための細工でもあるのです。

voice5-13:上下階で声が通るので、コミュニケーションをとるのに役立っていますね。

:子どももおもしろいみたいで、上から下を覗いたりしていますよ。

 

◆土地選びから相談。プロの目線は違うと実感しました

 

voice5-14家を建てる前に、悩んでいたことはありましたか?

:土地が見つからなくて困っていました。
そんな中、私たちが見つけた物件をコスモホームさんに何カ所か見ていただいて、アドバイスをいただいていました。
最終的に希望していた地域の売地情報をコスモホームさんから教えていただいて、この土地に決めました。

土地の評価は一般の方には難しいと思います。価格もそうですが、建築的な規制もあったり、形状や地盤の良し悪しなど総合的に判断してアドバイスさせていただきましたが、いかがでしたか?

:自分たち素人の考えとは違い、専門家の視点から意見を言って頂いて、やっぱりプロだなぁと思いました、相談して良かったです。

お客様の多くは土地を決めてから、建物の相談と考えていらっしゃいますが、土地についても私たちなりにアドバイスさせていただきますので、土地選びの段階からご相談いただきたいと思います。
他に悩んでいたことはございますか?

:悩みというか…実は、今だから明かしますが、叔父が一級建築士なのでアドバイスをもらっていたのです。

え、それは初耳ですね!

:家を建てるなら叔父に頼むんだろうなと、前々からなんとなく思ってはいたんです。しかし、コスモホームさんの完成内覧会に足を運ぶうちに、コスモホームさんで建てたいなぁと思うようになって、その気持ちを叔父に伝えました。
叔父は「自分で選んだ住宅会社なら、そこを信じて建ててもらえ。」と言ってくれました。

そうだったんですか。叔父さんのアドバイスはどんな事でしたか?

voice5-15:土台や基礎など、後から直せないところはお金を掛けなさいと言われました。

そういえば、地盤改良をしたうえにベタ基礎もしましたね。

:他に、土台にはヒノキがいいんじゃないかと言われて。
けど、コスモホームさんから提案された「米ヒバ」もヒノキ同等の耐久力だというので、そのままでお願いしました。それと、叔父はピン工法にもあまり前向きではなかったのですが、耐震性に優れているというので、そちらもそのままお願いしました。

当社の家づくりについて、叔父さんの評価はいかがでしたか?

:まず図面を見て「おしゃれな家だな。」と言っていました!
外観についても「震災以降は余計な飾りをつけたりしなくなったけど、この家は理にかなった設計だ。」と言っていましたし、否定的な意見は1つもありませんでした。

:そうでしたか。家づくりの強力なサポーターがいらっしゃったんですね。

 

◆「この家に帰ってきたい」といつも思う、大満足の家

 

voice5-16:実際に住んでみていかがですか?

:まず、広さに満足しています。今まではアパートでしたから当然なのですが、子どもと伸び伸び遊べる空間ができて嬉しいですね。
それと「この家に帰ってきたい」という意識が常にあります。
アパート時代はありませんでした。

:我々もその言葉をお客様から聞きたいと常々思っているんですよ、ご主人が帰りたくなる家なんて最高ですよね。
髙山さんの場合、設計段階でかなり意見を言っていただいたので、自分でつくりあげた家という感覚があるからでしょうかね?

g_voice5-17:そうですね。実は、コスモホームさんから提案されてもその場で了解しないで、調べに調べて自分で納得してから了解するようにしていました。簡単に頷かなかったですよね?(笑)。

:確かにそうでしたね(笑)
でも、そういう髙山さんの想いが、この建物の随所に現れていると思いますよ。
例えば、ダイニングがリビングより一段上がるところや、3本の飾り柱、クロスした筋交いのようなデザイン、それに照明器具はご自分で見つけてきたりと細かいところまでかなりこだわった想いが表れていますよね。

voice5-18:カフェのような居心地の良いいデザインにしたいと思っていました。
どこかに出掛けるとカフェに寄ることが多くて。いろいろなカフェを参考にしていました。

:髙山さんなりのイメージが出来上がっていましたよね。
奥さんは住んでみていかがですか?

:私はアパートに住んでいた頃と違い、起きた時に清々しさを感じています。
起きて窓を開けると朝から気持ちが良くて、庭で育てているお花に水をやったり、ゆっくりした気分を満喫しています。
カフェというスタイルにしたのも、ゆっくり落ち着ける気分を味わいたかったからなんです。

:やっぱり家というのは、ゆっくり落ち着ける癒やしの空間であるべきですからね。
そういうところから「この家に帰ってきたい」という気持ちになるのだと思います。

:本当にいい家をつくっていただきました。

:そう言っていただいて、大変うれしいです。
お風呂を2階にした家事動線はいかがですか?

g_voice5-21:1階にお客様が来ても、気にせずお風呂を使えますし、洗濯してすぐ2階のベランダに干せるので便利です。

:お風呂についてはだいぶご主人もこだわっていらっしゃいましたね。

:そうですね、パーツひとつひとつを調べて、何度かプランをやり直ししてもらいました。
結構わがままを言ったので、困らせてしまいましたね。

:いえいえ、大丈夫ですよ。
最終的にお施主様に満足していただくのが大切なので、絶対に妥協して欲しくはありませんから。髙山さんに喜んでいただける家づくりが出来たのであれば良かったです。
最後に、これから家づくりを考えている方に、アドバイスがございましたらお願いします。

:私たちは最初のプランの時に、全て実現するのは無理だろうなという程の希望を盛りだくさん伝えましたが、それをほぼ取り入れていただいて満足できる家が出来上がりました。
ですから、自分がどんな家にしたいかっていうテーマを明確にしておけば、望むような家をコスモホームさんが具現化してくれると思います。
住んでから後悔しないように、しっかりテーマを持つということが大事かなと思います。

g_voice5-22:新築した知人から収納をたくさんつけた方がいいよとアドバイスされていました、収納があることでとても使い勝手の良い家になりました。
特に、脱衣室に造っていただいた収納棚は重宝しています。着替えやタオルを一まとめに収納出来るので、部屋に取りに行くこともなく大変便利です。
主婦目線で、家事のし易さを念頭に希望を出したらいいと思います。
それから、我が家では工事が進む中で、ダイニングと玄関ホールを仕切る目隠し用の扉が欲しいとお願いしたのですが、コスモホームさんはすぐに対応してくれました。
だから、何でも諦めないで相談することも大切だと思います。

voice5-23

:「諦めない」というのが大切な事ですね。今日は長い時間どうもありがとうございました。

後日、髙山様よりいただいたメールをご紹介します。
インタビューと合わせて、ぜひお読みください。
jpeg

 

 




↑ クリックすると拡大します。